シネセゾン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

株式会社シネセゾン(Cine Saison CO.,LTD)は、かつて日本で活動していたセゾングループの映画配給会社。

概要[編集]

セゾングループの基幹企業であった西武百貨店西友などにより1984年2月に設立された。創成期は「火まつり」などの映画製作も行っていたが、グループ企業が運営するシネセゾン渋谷などのミニシアターへのアート系の配給及び、グループ内の劇場の番組編成協力が主業務であった。なお、映画製作事業は、同時期にスタートした西友 映画事業部がその後は役割を担った。最初の配給作品は、1984年2月にシネ・ヴィヴァン・六本木へのニキータ・ミハルコフ監督の「ヴァーリア!愛の素顔」。

特筆的な配給作品は、「さよなら子供たち」、「バベットの晩餐会」、「ダメージ」、「ギルバート・グレイプ」、「未来は今」などが挙げられ、ヨーロッパ・クラシック及び、ニューヨーク・インデューズ作品を軸に150タイトルを越える作品を配給した。また、映画監督の特集上映をファッション的にパッケージングする企画を展開し「パラジャーノフ祭」(1991年)、「カサヴェテス・コレクション」(1996年)などを開催した。1998年6月に活動を終えているが、最後の配給作品はパスカル・フェラン監督の「a.b.c.の可能性」であった。

本社[編集]

設立の1984年よりセゾングループの本部機能が所在していた東京都豊島区東池袋サンシャイン60に、1990年頃に東京都中央区京橋1-16-1のアサコ京橋ビルに移転し、同ビル地下階に試写室が設けられる。1990年代中期に東京都千代田区麹町3-7-1の半蔵門村山ビル1Fに移転し、活動を終えるまで所在した。

主な配給作品[編集]

1980年代[編集]

1990年代[編集]

協力を行った主な映画祭[編集]

備考[編集]

  • 京橋テアトル試写室は、1980年代末にシネセゾン試写室として開設された施設。1990年代末より、メディアボックス試写室として運営されていたが、2007年より東京テアトルの施設として運営される。

参考文献[編集]

  • 「Cine Saison 1984-1998」(1998年/刊:シネセゾン)

関連項目[編集]