バタアシ金魚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

バタアシ金魚』(バタアシきんぎょ)は講談社週刊ヤングマガジン」で連載されていた、望月峯太郎漫画作品。1990年に、松岡錠司監督の青春コメディ映画として映画化された。

ストーリー[編集]

高校生のカオル(筒井道隆)は水泳部のソノコ(高岡早紀)に一目惚れし、カナヅチであるにもかかわらず水泳部に入部して猛烈にアタックし始める。ソノコにいいところを見せようとスイミングスクールに入ったカオルは、コーチのババア(白川和子)の家に泊まり込んで必死の特訓を行うがソノコは相手にしない。

ライバル校である牛川工業高校水泳部の主将ウシ(浅野忠信)もソノコに一目惚れしてカオルと張り合う。

一方ソノコはカオルの強引なアプローチの連続に耐えられず、次第に心のバランスを崩して食欲が止まらなくなってしまう。

ソノコからはつれなくされ、新人戦にも惨敗して意気消沈したカオルは、学校を休んでいるソノコの様子を見に行くが、そこにいたのは別人のように太ってしまったソノコだった。自分がソノコをそこまで追い込んでいたことに気づいたカオルは身を引くことにする。しかしある日の夕方、ひとりぼんやり座っていたソノコは、カオルへの愛に気づいて心の整理がついたかのように唐突にもとの姿にもどる。

街で偶然出会ったカオルとソノコは、誰もいない高校のプールでそれぞれの気持ちをぶつけあい、大喧嘩をしたのち、不意に抱き合うのだった。

映画[編集]

バタアシ金魚
監督 松岡錠司
脚本 松岡錠司
原作 望月峯太郎
製作 長谷川誠
出演者 筒井道隆
高岡早紀
音楽 茂野雅道
撮影 笠松則通
編集 岸眞理
製作会社 日本ビクター
配給 シネセゾン
公開 日本の旗 1990年6月2日
上映時間 95分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

1990年制作。松岡錠司監督第1回監督作品。高岡早紀筒井道隆伊武雅刀東幹久土屋久美子など出演。声変わりする前の浅野忠信も脇役で出ている。映画の中で主人公達が通う高校は、千葉県立市原緑高校を使用しており、他にも千葉都市モノレール車内を撮影するなど、千葉県各地で撮影された場面が多く見受けられる。ヒロイン役の高岡がセーラー服姿でプールに飛び込むシーンが有名である。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

受賞[編集]

外部リンク[編集]