西武自動車販売

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

西武自動車販売(せいぶじどうしゃはんばい)は1962年昭和37年)10月から1995年平成7年)まで活動した西武百貨店セゾングループに属する自動車輸入販売会社である。1965年(昭和40年)11月に日本自動車輸入組合(JAIA)に加入、1995年(平成7年)7月までメンバーであった。

解説[編集]

西武自動車販売は株式会社西武百貨店販売事業部自動車課を独立させる形で設立。創業当初には神奈川県横浜市中区山下町117番地(当時)に本社を置き、アメリカシボレーオーストラリアホールデンを輸入していたが、1971年(昭和46年)にフィアットフェラーリシトロエンサーブなどを扱っていた同じ西武百貨店系列の西欧自動車吸収合併、フェラーリや西ドイツNSU製フィアットである「ネッカー」車などのマニアック欧州車の販売を主力とするに至った。本社はこの間、横浜市保土ヶ谷区東京都港区高輪世田谷区桜新町へと移転を重ねた。同社の業態転換には、グループ総帥で作家詩人でもある堤清二の意向も反映したと思われる。

その後、自動車排出ガス規制に対応困難となったフィアット販売から1972年(昭和47年)に撤退、フェラーリの代理権はロイヤル・モータースに譲渡、1977年(昭和52年)からはやはり新東洋企業撤退後のプジョーの取り扱いを開始した。1970年代から1980年代前半の主力車種はシトロエン・GSで、日産自動車の協力を得て排出ガス対策を行うなど苦労しつつ、1972年から1986年まで14年にわたって同車を継続的に数千台輸入(1976-77年は中断)し、シトロエンを日本市場に根付かせた功績は大きい。その後もシトロエン・BXサーブ・900などがヒットし、輸入車販売業界の中で確固たる地位を得た。

しかし、マツダによるユーノス系列でのシトロエン販売、スズキによるプジョー販売など、国産メーカーの輸入車販売への進出、BMWジャパンの成功に刺激された海外メーカーの日本法人設立による輸入業務直営化、更にバブル崩壊によるセゾングループ解体の影響を受け、1995年(平成7年)にはクライスラーの日本法人・クライスラージャパンセールスに吸収合併され、クライスラー100 %出資による「クライスラージャパンセールス」となった。なお、新西武自動車販売が設立され、シトロエンの輸入販売のみが2002年(平成14年)まで継続された。

サーブ車販売[編集]

輸入販売元であったが、1992年(平成4年)10月にその輸入販売権を本国サーブ・オートモービル社が新たに設立する日本法人に委譲、サーブの輸入販売を取りやめた[1]。背景にはサーブ販売の採算の極端な悪化があり、販売の低迷によって納車前点検整備(PDI)などの負担が過大になっていたという[1]

広告[編集]

知性あるモーターライフ」をキャッチコピーとし、CAR GRAPHICなどに雑誌広告を載せていたほか、1980年代にはTVKテレビなどでテレビコマーシャル(主にシトロエン)を放送していた。

脚注[編集]

  1. ^ a b 西武自動車販売、サーブ販売撤退 『日本経済新聞』 平成4年10月2日朝刊