角川・エス・エス・コミュニケーションズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
KADOKAWA > 角川・エス・エス・コミュニケーションズ
株式会社角川・エス・エス・コミュニケーションズ
KADOKAWA SSCommunications Inc.
種類 株式会社
市場情報 未上場
略称 角川SSC
本社所在地 日本の旗 日本
105-8405
東京都港区虎ノ門2-2-5
共同通信会館4F
設立 1948年9月24日[1]
代表者 代表取締役社長 太田 修
資本金 4億9,738万円
従業員数 80名
主要株主 株式会社角川マーケティング
主要子会社 株式会社K.Sense
特記事項:角川マーケティングとの合併前の概要
テンプレートを表示

株式会社角川・エス・エス・コミュニケーションズ(かどかわ・エス・エス・コミュニケーションズ)は、東京都千代田区に存在した、出版事業を行う角川グループの企業である。株式会社角川SSコミュニケーションズとも表記される。

概要[編集]

1983年11月12日、セゾングループタイム・インコーポレイテッド合弁会社株式会社西武タイムとして改組し、タイムライフブックスの日本語版書籍の発行を行っていた。その後、西武百貨店からチケット・セゾンの事業譲受をし、プレイガイド(チケット発行)事業も手掛けた。しかし、経営悪化したセゾングループの解体により、2001年(平成13年)8月21日に角川書店に企業譲渡され[2]、角川グループの出版事業を行う事業会社の1社となった。2011年1月に行われたグループ再編のため、角川マーケティングに統合され消滅した。出版者記号は「8275」。

沿革[編集]

  • 1983年(昭和58年)11月 - 株式会社西武タイムとして改組
  • 1985年(昭和60年)5月 - 『マネージャパン』創刊
  • 1987年(昭和62年)11月 - 『レタスクラブ』創刊
  • 1990年(平成2年)3月 - 社名を株式会社SSコミュニケーションズに変更。西武百貨店からチケット・セゾン事業を譲受
  • 1991年(平成3年)2月 - タイム・インコーポレイテッドの所有株式を全株譲受
  • 1991年(平成3年)3月 - キネマ旬報社の経営権を取得
  • 1999年(平成11年)11月 - チケット・セゾン事業をエンタテインメントプラスに譲渡
  • 2001年(平成13年)8月21日 - 西友が所有する株式の80%を角川書店(現角川グループホールディングス)に譲渡[2]
  • 2003年(平成15年)1月 - キネマ旬報社の保有株式の81%をギャガ・クロスメディア・マーケティングに譲渡
  • 2003年(平成15年)1月 - 自己破産した婦人生活社から『セサミ(sesame)』の営業権を取得
  • 2003年(平成15年)7月 - ファンケルから『毎日が発見』の営業権を譲受
  • 2005年(平成17年)4月 - 社名を株式会社角川・エス・エス・コミュニケーションズに変更
  • 2007年(平成19年)1月 - 親会社が角川グループホールディングスから角川マガジングループ(現角川マーケティング)に変更。角川マガジンズ発行の書籍、雑誌の発売元となる。
  • 2007年(平成19年)10月 - 角川SSC新書創刊。
  • 2008年(平成20年)3月 - 角川グループの富士見書房の刊行誌『俳句研究』を復刊(季刊、直販のみの条件付)
  • 2008年(平成20年)6月 - 『sesame』の営業権を朝日新聞出版に譲渡。
  • 2009年(平成20年)7月 - 通販事業部を分割し、株式会社千趣会との合弁会社、株式会社K.Senseを設立。
  • 2010年(平成21年) - 発行書誌の発売元及び営業・注文受託先を角川グループパブリッシングに変更。
  • 2011年(平成22年)1月 - 角川マーケティングに吸収合併[3]

主な発行誌[編集]

脚注[編集]

  1. ^ グループ組織再編(子会社の合併)に関するお知らせ (PDF, (角川グループホールディングス東証開示資料,2010年11月25日))
  2. ^ a b “西友、出版事業子会社エス・エス・コミュニケーションズの株式を売却”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社): p. [要ページ番号]. (2001年8月29日) 
  3. ^ グループ企業再編による映像・雑誌・デジタル事業の強化について (PDF) (2011年8月29日時点のアーカイブ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]