鵜浦博夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鵜浦 博夫(うのうら ひろお、1949年(昭和24年)1月13日 - 、70歳)は、日本の実業家。日本電信電話株式会社(NTT)代表取締役社長。石川県七尾市出身。

石川県立七尾高等学校[1]東京大学法学部卒業[2]1973年(昭和48年)月、日本電信電話公社に入社。

2012年(平成24年)6月より日本電信電話株式会社(NTT)代表取締役社長を務め、2018年6月に社長を退任、相談役となった[3]

2018年7月には、産官学により創設されるキャッシュレス推進協議会会長に就任した[4]

脚注[編集]

  1. ^ “「ふるさとに支えられた」NTT鵜浦社長が七尾で就任祝賀会”. 北國新聞. (2012年8月14日). http://www.hokkoku.co.jp/subpage/K20120814304.htm 2014年8月18日閲覧。 
  2. ^ CEOインタビュー:日本電信電話株式会社‐代表取締役社長 鵜浦 博夫氏”. PwC Japan. 2014年8月18日閲覧。
  3. ^ NTT社長に澤田副社長、鵜浦社長は相談役に”. ロイター (2018年5月11日). 2019年10月11日閲覧。
  4. ^ 「キャッシュレス推進協議会」を設立”. キャッシュレス推進協議会 (2018年7月2日). 2019年10月11日閲覧。
先代:
三浦惺
NTT社長
第7代: 2012年 - 2018年
次代:
澤田純
先代:
田中孝司
電気通信事業者協会会長
2013年 - 2014年
次代:
孫正義
先代:
田中孝司
電気通信事業者協会会長
2016年 - 2017年
次代:
宮内謙