PTS (旅行会社)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社PTS
PTS Corp.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 PTS
本社所在地 日本の旗
171-0033
東京都豊島区高田3丁目13番2号
高田馬場TSビル1F
設立 1959年12月9日
業種 サービス業
法人番号 3013301014193
事業内容 旅行業
代表者 代表取締役社長 石田 心
資本金 3億4,103万円
従業員数 345名(2015年3月現在)
主要株主 JTB
クレディセゾン
外部リンク PTS公式サイト
特記事項:観光庁長官登録旅行業 第39号
テンプレートを表示

株式会社PTSは、東京都豊島区に本社を置くJTBグループの旅行会社セゾングループの旅行会社として発足、発展してきたが、2003年にJTBグループとなった。クルーズやウエディング関連の旅行に力を入れている。

概要[編集]

1959年太平洋観光株式会社として設立され、2003年の資本再編によりJTBグループの一員となった。そして、旅行業と保険代理業の会社分割に伴い、2007年1月1日に社名を株式会社パシフィックツアーシステムズより株式会社PTSに変更し、事業持株会社となった。

JTBグループでありながらも、同グループ以外で企画した他社の旅行商品も多く、中立的な立場で販売をしている。また、JTBグループ傘下移行後もクレディセゾンからの出資は継続されている。以前は子会社のPTSトラベルナビを通じて西友丸井西武百貨店そごうなどを中心とした大型商業施設内における営業所での店舗営業を中心としていたが、2013年10月1日、PTSトラベルナビを経営資源の統合と効率化及びさらなる事業価値の向上を目的に合併した[1]

JR指定旅行会社となっているが、本社営業所のみの取扱いであり、一般の店舗ではJR券を取り扱っていない。

PTSトラベルナビ吸収後の店舗は、一部を除き、「JTB PTS○○」の店舗名に変更された。

沿革[編集]

  • 1959年(昭和34年)12月 - 太平洋観光株式会社として設立。
  • 1973年(昭和48年)5月 - 株式会社ヴィーヴル発足。
  • 1977年(昭和52年)9月 - 株式会社西武百貨店旅行事業部発足。
  • 1978年(昭和53年)4月 - 株式会社西友旅行事業部発足。
  • 1990年(平成2年)9月 - 株式会社ヴィーヴル、西武百貨店の旅行事業部と統合。
  • 1992年(平成4年)1月 - セゾングループの旅行事業再編に伴い、株式会社パシフィックツアーシステムズに社名変更。
  • 2000年(平成12年)以降 - そごう、長崎屋などに店舗を拡大。
  • 2003年(平成15年)8月 - JTBグループに参加。
  • 2004年(平成16年)6月 - マルイ旅行センターより事業譲受。
  • 2006年(平成18年)11月 - 子会社として、株式会社PTSトラベルナビを設立。
  • 2007年(平成19年)1月 - 株式会社PTSに社名変更。店舗事業・保険事業を分割し、株式会社PTSトラベルナビに継承。
  • 2007年(平成19年)4月 - 《セゾン》カードUCカード会員向け旅行サービス、「tabi」デスクを開設。
  • 2007年(平成19年)6月7日 - プライバシーマークを取得。
  • 2008年(平成20年)7月1日 - 「PTSトラベルナビ」外貨両替サービスを開始。
  • 2009年(平成21年)4月 - パネルクイズ アタック25朝日放送制作)優勝賞品「地中海クルーズ10日間の旅」提供開始。(2014年3月まで)
  • 2013年(平成25年)10月 - PTSトラベルナビを合併。

脚注[編集]

  1. ^ “会社合併のご案内” (プレスリリース), 株式会社PTS, (2013年9月27日), http://www.pts.co.jp/news/news2013/n130927.asp 2015年10月5日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]