喝采の陰で

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
喝采の陰で
Author! Author!
監督 アーサー・ヒラー
脚本 イスラエル・ホロヴィッツ
製作 アーウィン・ウィンクラー
出演者 アル・パチーノ
ダイアン・キャノン
音楽 デイヴ・グルーシン
撮影 ヴィクター・J・ケンパー
編集 ウィリアム・H・レイノルズ
配給 アメリカ合衆国の旗 20世紀フォックス
日本の旗 シネセゾン
公開 アメリカ合衆国の旗 1982年6月18日[1]
日本の旗 1986年6月7日[2]
上映時間 110分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

喝采の陰で』(かっさいのかげで、原題:Author! Author!)は、1982年に米国ほかで公開されたアーサー・ヒラー監督作のアメリカ映画。家族愛をテーマに、滑稽かつドラマチックに描かれたファミリー・ドラマ。シリアスコメディー。主演アル・パチーノが初めてコメディ・タッチの親子愛ドラマに挑戦している。

日本では1986年に、キネカ大森シネセゾン所沢でロードショー公開されている。

ストーリー[編集]

ブロードウェイの人気劇作家のアイバン(アル・パチーノ)は、新作の上演を控えて、台本の書き直しを要求され四苦八苦していた。

アイバンと妻のグローリアは二人とも再婚で、アイバンには先妻との間にイーゴルという息子がいる。一方、妻グローリアは過去に三度離婚しており、3人の元夫との間に4人の子供がいる。アイバンの息子であるイーゴルと、グローリアの4人の連れ子は、新しい父親のアイバンを心から愛している。そんな時に妻グローリア(チューズデイ・ウェルド)が子供たちを残して家出してしまい、アイバンと子供たちのてんやわんやの日々が始まる。

新作劇の主演女優に映画女優のアリス・デトロイト(ダイアン・キャノン)が採用されると、アリスとアイバンは恋仲になるが、アリスと妻グローリアとの間でアイバンの心は揺れ動く。

グローリアの4人の連れ子のうち最年少のヘラルドを除くスパイク、デビー、ボニーの3人はいったん、グローリアの二人の元夫にそれぞれ引き取られる。しかし3人とも、すぐに逃げ帰ってきてしまい、アイバンは5人の子供たち、全員の父親であり続ける決意を固めるのだった。

いよいよ、アイバンの新作舞台劇『涙で英語を』の初日がやって来た。彼は子供たちを連れて劇場に足を運ぶ。男手一つで子供たちを養っていくためには、是非ともこの舞台劇を成功させたい。アイバンは祈るような気持ちで初日の公演が終わるのを待つ。夜になり売店にタイムズの夕刊紙が届けられると、子供たちは我先に舞台公演の批評欄を見る。賞賛の記事を見て、子供たちはアイバンに飛びついて喜ぶ。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹き替え

スタッフ[編集]

ノミネート[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Release dates for Author! Author!”. IMDb. 2012年4月1日閲覧。
  2. ^ 喝采の陰で”. KINENOTE. 2012年4月1日閲覧。
  3. ^ DVD『喝采の陰で』エンド・クレジット参照。
  4. ^ 1983年ゴールデングローブ賞 IMDb 2017年8月2日閲覧。

参考資料[編集]

  • DVD『喝采の陰で』20世紀フォックス ホームエンターテインメント ジャパン。

外部リンク[編集]