スティーブ・マーティンのロンリー・ガイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スティーブ・マーティンのロンリー・ガイ
The Lonely Guy
監督 アーサー・ヒラー
脚本 ニール・サイモン
エド・ワインバーガー
スタン・ダニエルズ
原作 ブルース・ジェイ・フリードマン
製作 アーサー・ヒラー
製作総指揮 ウィリアム・E・マクユーエン
ドロシー・ワイルド
出演者 スティーヴ・マーティン
チャールズ・グローディン
ジュディス・アイヴィ
音楽 ジェリー・ゴールドスミス
撮影 ヴィクター・J・ケンパー
編集 ウィリアム・H・レイノルズ
配給 ユニバーサル映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1984年1月27日
上映時間 90分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $5,718,573[1]
テンプレートを表示

スティーブ・マーティンのロンリー・ガイ』(The Lonely Guy)は、1983年に製作されたアーサー・ヒラー監督、スティーヴ・マーティン主演のコメディ映画である。

概要[編集]

米人気テレビ番組『サタデー・ナイト・ライブ』で人気を博していたスティーヴ・マーティンが主演の異色コメディ映画の本作。恋人にもふられ、誰からも愛されず、誰からも必要とされないという“孤独”に生きることを余儀なくされた寂しい男の悲喜劇である。『孤独』がテーマなだけに、現代社会に生きる日本人から見ても共感できる部分が多い。監督を務めるのは、カナダ出身の映画監督アーサー・ヒラーブルース・ジェイ・フリードマンによる原作を、ニール・サイモンらが脚本に仕上げた。

あらすじ[編集]

大都会ニューヨーク。とある広告会社に勤める作家志望のラリー(スティーヴ・マーティン)はある日、恋人のダニエルから思わぬ裏切りに合い家を追い出されてしまう。渋々と公園のベンチに座っていると、哀愁漂う中年男のウォーレン(チャールズ・グローディン)と出会う。ウォーレンは“ロンリー・ガイ”という孤独な人種たちの存在をラリーに告げる。後にラリーはウォーレンと仲良くなるのだが、ウォーレンは筋金入りのロンリー・ガイだった。ある時はパーティーという名目で等身大の有名人ポスターを部屋中に立てかけて一人でまとまっていたり、ある時は部屋にある観葉植物に話しかけたり。そんなウォーレンにラリーは徐々に影響されていく。だが、そんなラリーだったがある日、アイリス(ジュディス・アイヴィ)という女性に出会う。満を持してアイリスに自分の気持ちを伝えるも、あえなくノックアウト。ますます悲惨になる自分の人生を嘆いたラリーは、自分の体験をもとにロンリー・ガイ向けの本を執筆。その本はたちまち共感者を獲得し、ラリーもベストセラー作家へと変身するのだが…。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ The Lonely Guy (1984)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年2月15日閲覧。

外部リンク[編集]