ニール・サイモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニール・サイモン
Neil Simon
Neil Simon NYWTS.jpg
1966年
生誕 メルビン・ニール・サイモン(Marvin Neil Simon)
(1927-07-04) 1927年7月4日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク ブロンクス
死没 (2018-08-26) 2018年8月26日(91歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク マンハッタン
職業 脚本、作家
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身校 ニューヨーク大学[1]
デンバー大学[1]
配偶者 ジョアン・ベイム (Joan Baim, 1953–1973; 死去; 子供2人)
マーシャ・メイソン (1973–1983; 離婚)
ダイアン・ランダー (Diane Lander, 1987–1988; 離婚), (1990–1998; 再離婚; 子供1人)
エイレン・ジョイス英語版 (1999–2018)
子ども 3人
情報
時代 1948–2010
ジャンル コメディ自伝
主な作品 思い出のブライトン・ビーチ英語版
ビロクシー・ブルース英語版
おかしな二人
ヨンカーズ物語
受賞 ピューリッツァー賞 戯曲部門 (1991)

ニール・サイモンNeil Simon1927年7月4日 - 2018年8月26日[2])は、アメリカ合衆国劇作家脚本家である。

来歴[編集]

ニューヨーク市ブロンクスに生まれる。父親も母親も共にユダヤ系である[3]ニューヨーク大学デンバー大学で学ぶ。

1961年の『カム・ブロー・ユア・ホーン』でのデビューを皮切りに、『おかしな二人』(1965年)、『サンシャイン・ボーイズ』(1972年)、『ビロキシー・ブルース』(1985年)などのヒット作を生み、ブロードウェイを代表する喜劇作家になる。映画やテレビの脚本も数多く手がけ、トニー賞ゴールデングローブ賞ピューリッツァー賞など多くの賞を受賞している[4]

1983年には、彼の名前を冠したニール・サイモン劇場がブロードウェイに開場している[4]

作品は人間の心の機微を描いた、暖かな余韻の残るものが多い。

私生活では女優のマーシャ・メイソンと結婚していた時期がある。

2018年8月26日、肺炎の合併症などによりニューヨークの病院にて死去した[2][4]。91歳没。

作品[編集]

戯曲[編集]

※日本語題は『ニール・サイモン戯曲集』1 - 6巻(早川書房)に拠る。

映画[編集]

受賞歴[編集]

ほか多数。

日本語訳著書[編集]

※すべて早川書房より刊行。

脚注[編集]

  1. ^ a b "On this day: Neil Simon is born" The Jewish Chronicle Online, accessed October 25, 2011.
  2. ^ a b Isherwood, Charles (2018年8月26日). “Neil Simon, a Master of Comedy on Broadway and Beyond, Is Dead at 91”. The New York Times. 2018年8月27日閲覧。
  3. ^ Neil Simon Unbound - Tablet Magazine – Jewish News and Politics, Jewish Arts and Culture, Jewish Life and Religion”. Tabletmag.com. 2017年5月15日閲覧。
  4. ^ a b c “N・サイモン氏死去 91歳「おかしな二人」劇作家”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2018年8月27日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/08/27/kiji/20180827s00041000112000c.html 2018年8月27日閲覧。 

外部リンク[編集]