星くず兄弟の伝説 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
星くず兄弟の伝説
Stardust Brothers
監督 手塚眞
脚本 手塚眞
原案 近田春夫
製作 「星くず伝説」プロジェクト
製作総指揮 近田春夫
出演者 久保田しんご
高木一裕
戸川京子
ISSAY
尾崎紀世彦
音楽 近田春夫
撮影 大沢栄一
編集 岸真理
手塚眞
配給 シネセゾン
公開 日本の旗 1985年6月15日
上映時間 98分
製作国 日本日本の旗
言語 日本語
前作 午後の凍結 (1984年)
次作 DATA (1985年)
テンプレートを表示

星くず兄弟の伝説』(ほしくずきょうだいのでんせつ)は、1985年(昭和60年)6月15日公開の日本映画である。

概要[編集]

近田春夫&ハルヲフォン」解散後、ソロとなったミュージシャン・近田春夫が、1980年(昭和55年)10月25日に発表したスタジオ・アルバム星くず兄弟の伝説』を原案に、手塚眞が監督した映画である[1]。手塚は本作が商業映画の監督デビュー作である[2]

もともと近田が同アルバムを企画した際に、近田が偏愛する映画『ファントム・オブ・パラダイス』(監督ブライアン・デ・パルマ1974年)を下敷きにした「架空のロック・ミュージカル映画のサントラ盤」として考えていた[1]。したがって当時『星くず兄弟の伝説』なる映画は、近田の脳内にしか存在しなかったのであるが、アルバム発表の5年後に映画化が実現した。

主人公の「スターダスト・ブラザーズ」のシンゴ役とカン役に、「8 1/2」の久保田しんご(現久保田慎吾)と元東京ブラボーの高木一裕(現高木完)、マリモ役に戸川京子、虹カヲル役にDER ZIBETのISSAY、そしてアトミック南役には尾崎紀世彦が起用された。

脇役にも多彩な顔ぶれがそろえられ、上記以外にもミュージシャン(サンプラザ中野高野寛海琳正道泉水敏郎江蔵浩一大木雄司、近田春夫、高木英一ら)、漫画家イラストレーター渡辺和博永島慎二モンキー・パンチ高橋葉介太田螢一)、小説家構成作家等の著述家石上三登志景山民夫高田文夫中島らも新井素子)、コピーライター川崎徹加藤文近)、映画監督黒沢清)、特撮的な俳優(大村千吉佐々木剛)らが出演している。ダンサーには、池田新一(現ラッキィ池田)と南潤子(現南流石)がいた。

プロデューサーに名を連ねた春田克典は、映画『俗物図鑑』(監督内藤誠1982年)の製作を経て、アニメーション映画少年ケニヤ』(監督大林宣彦1984年)で大林の助監督をつとめたた人物で、現在アニメ製作会社・株式会社ハルフィルムメーカー代表取締役社長であり、高木英一は、元近田春夫&ハルヲフォンのベーシストで近田の盟友であり、一瀬隆重は手塚同様自主制作8ミリ映画の監督から、本作のプロデュースをもって、商業映画のプロデューサーに転向した。

公開時には、本作の主演陣によるサウンドトラック・アルバム『「星くず兄弟の伝説」オリジナル・サウンド・トラック』が公開10日前の同年6月5日に、「スターダスト・ブラザーズ」名義のシングル『星くず兄弟の伝説』とともにリリースされた。

2002年(平成12年)9月27日、DVDが発売された。

2016年には、続編映画『星くず兄弟の新たなる伝説』が公開された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

ビデオグラム[編集]

関連書籍[編集]

関連項目[編集]

[編集]

  1. ^ a b 石川誠壱のウェブサイト「近田春夫と私」の記述を参照。
  2. ^ 石井博士ほか 『日本特撮・幻想映画全集』 勁文社、1997年、298頁。ISBN 4766927060

外部リンク[編集]