近田春夫&ハルヲフォン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
近田春夫&ハルヲフォン
出身地 日本の旗 日本東京都
学歴 慶應義塾(近田)
立教高等学校(恒田・高木)
ジャンル ニュー・ウェイヴパンク・ロック
活動期間 1972年 - 1979年
2006年 (再結成)
レーベル キングレコード
共同作業者 森園勝敏
メンバー 近田春夫 ヴォーカルキーボード
キャロン・ホーガン(ヴォーカル)
小林克巳 ギター
高木英一 ベース
恒田義見 パーカッション
長谷川康之 ドラムス
旧メンバー 松本恒男(ギター)
佐伯正志(ベース)
金沢純(ドラム)
筒美京平
郷ひろみ

近田春夫&ハルヲフォン(ちかだはるお と-、1972年 / 1974年 正式結成 - 1979年 活動停止 / 2006年 再結成)は、日本のニュー・ウェイヴロックバンドである。近田春夫の作家性・批評性に負うところが大きい。

略歴・概要[編集]

活動期[編集]

1972年昭和47年)、近田春夫と恒田義見が中心となって結成された。当初のギターは松本恒男、ベースは佐伯正志であった[1]。その後ベースに恒田の立教高等学校時代の後輩高木英一が加入、「デューク柏淵とビブラトーンズ」名義でも営業活動をした[1]。ギターに小林克巳が加入し、1974年(昭和49年)、正式結成。当時はハルヲフォン名義。

内田裕也系のロックンロールファンクディスコサウンドを追求しており、翌1975年(昭和50年)、キャロン・ホーガンをヴォーカルにシングル『FUNKYダッコNo.1』でキングレコードからデビューする[2]。当時のメンバーは、近田、恒田、高木、小林、キャロン、長谷川の6人であった[1]。この楽曲は、玩具業界戦後最大のヒットと言われた「ダッコちゃん」を、タカラ(現・タカラトミー)が復刻した際のタイアップ曲である。

また同年、近田は、クールスのデビューアルバムをプロデュースした[3]

1976年(昭和51年)、ファーストアルバム『COME ON LET'S GO』を発表する。同作には近田がクールスに提供した楽曲『シンデレラ』(1975年)をセルフカヴァーしたヴァージョンが収録されている。当時に準備していたGS(グループ・サウンズ)の企画ものカヴァー・アルバムは、同年11月にレコーディングされたが未発表となった。

1977年(昭和52年)、セカンドアルバム『ハルヲフォン・レコード』を発表する。同年、TBSテレビぎんざNOW!』にレギュラー出演する。

1978年(昭和53年)、サードアルバム『電撃的東京』を発表する。本作は全篇、歌謡曲のカヴァーで満たされたコンセプト・アルバムである。

前年1977年10月から、ニッポン放送深夜ラジオ番組オールナイトニッポン』の「火曜2部」(1978年10月 - 1979年3月)のパーソナリティに就任し[4]、翌1978年、雑誌『POPEYE』(平凡出版、現マガジンハウス)で『THE 歌謡曲』の連載を開始[5]、TBSテレビ『ムー一族』(1978年5月17日 - 1979年2月7日)に「ヘホ」役でレギュラー出演するなど、近田のソロ活動領域が増えるとともに、1979年(昭和54年)、活動を停止した。

恋のグンギン・ナイト』という楽曲が1979年に発売されるとアナウンスされたが、実現しなかった[6]

再評価期[編集]

1989年(平成元年)3月21日、『電撃的東京』がCD再発売され、同年10月21日には、『COME ON LET'S GO』および『ハルヲフォン・レコード』がCD再発売された。『電撃的東京』は、その後、1992年(平成4年)11月21日1995年(平成7年)11月22日2004年(平成16年)4月7日と計4回CD再発売され、2004年には同時に『COME ON LET'S GO』および『ハルヲフォン・レコード』も2度目のCD化がなされた。

1994年(平成6年)6月22日、未発表であったGSのカヴァー音源を含めたCDアルバム『ハルヲフォン・メモリアル』が発売される。

2006年(平成18年)6月15日には、発掘されたライヴ音源を集めたCDアルバム『近田春夫&ハルヲフォンLIVE! 1975 - 77』がインディーズのCARAWAY RECORDSから発売される。またそれに先立つ同年4月29日 - 30日には、近田春夫&ハルヲフォン・リローデッド名義で再結成、ライヴ活動を行った。

2008年(平成20年)9月26日には、1976年11月にレコーディングをされながら、企画が流れた神無月オレンジ・ペコらとのオムニバス企画盤が、『リメンバー・グループ・サウンズ』としてCD発売された[7]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  1. FUNKYダッコNo.1 1975年5月10日発売 (キングレコード) - デビューシングル、「ハルヲフォン」名義
  2. シンデレラ 1976年6月5日発売
  3. 恋のT.P.O. 1976年12月5日発売
  4. ロキシーの夜 1977年8月21日発売 - A面近田春夫名義、B面近田春夫&ハルヲフォン名義 - ラストシングル
  5. きりきりまい 1978年7月21日発売 - 事実上のラストシングル
  6. 恋のグンギン・ナイト 1979年発売予告 - 実現しなかったシングル

アルバム[編集]

  1. COME ON LET'S GO 1976年6月21日発売 (キングレコード) - 1989年10月21日2004年4月7日、CD再発売 (キングレコード)
  2. ハルヲフォン・レコード 1977年9月21日発売 (キングレコード) - 1989年10月21日、2004年4月7日、CD再発売 (キングレコード)
  3. 電撃的東京 1978年6月21日発売 (キングレコード) - 1989年3月21日1992年11月21日1995年11月22日、2004年4月7日、CD再発売 (キングレコード)
  4. ハルヲフォン・メモリアル - 未発表音源、1994年6月22日、CD発売 (キングレコード)
  5. 近田春夫&ハルヲフォンLIVE! 1975 - 77 - 未発表ライヴ音源、2006年6月15日、CD発売 (CARAWAY RECORDS
  6. リメンバー・グループ・サウンズ - 1976年11月録音の未発表音源、一部『ハルヲフォン・メモリアル』に所収、2008年9月26日、CD発売 (キングレコード)

その他[編集]

  1. プラスチック・ムーン1976年ライブ音源、ロック画報24号付録)

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ a b c 恒田義見の公式ブログ「ROCK'N ROLL MY WAY」内の「ハルヲフォン誕生」(2008年12月14日付)の記述を参照。
  2. ^ CDコンピレーション・アルバム『ニューロックの夜明け 番外編9 キング・ニューロック・シングル集 ファンキー・ダッコNo.1』のライナーの記述を参照。
  3. ^ クールス」の項の記述を参照。
  4. ^ オールナイトニッポンのパーソナリティ一覧」の項の記述を参照。
  5. ^ 近田春夫」の項の記述を参照。
  6. ^ この時期近田は、近田春夫&BEEFを結成しているが、それを発展解消させ、翌年にデビューを控えたジューシィ・フルーツのプロデュースに取り掛かっている。
  7. ^ #外部リンク内のリンク先「キング・アーカイブ・シリーズ18・リメンバー・グループ・サウンズ」の項の記述を参照。

外部リンク[編集]