マカロニ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マカロニ
Maccheroni
監督 エットーレ・スコラ
脚本 エットーレ・スコラ
ルッジェーロ・マッカリ
フリオ・スカルペッリ
出演者 ジャック・レモン
マルチェロ・マストロヤンニ
ダリア・ニコロディ
音楽 アルマンド・トロヴァヨーリ
撮影 クラウディオ・ラゴーナ
製作会社 L&A・デ・ラウレンティス=マスフィルム
配給 日本の旗 シネセゾン
公開 イタリアの旗 1985年10月24日
日本の旗 1988年9月10日
上映時間 106分
製作国 イタリアの旗 イタリア
言語 イタリア語
英語
テンプレートを表示

マカロニ』 (Maccheroni )は、1985年イタリア映画

概要[編集]

アメリカ人とナポリっ子のイタリア人、2人の初老男性が織り成す人情ドラマ。制作年は1985年。日本公開年は1988年。監督はエットーレ・スコラで、脚本も一部担当している。序盤から中盤にかけてはノスタルジックな雰囲気で推移するが、終盤はスリリングな展開となる。日本ではDVD化されていない。

なお、本作のタイトル「マカロニ」は、ラストシーンで使用された食材に由来しており、映画関連ではほかに西部劇のうちイタリア製のものを区別する接頭語の意味ももつ。

ストーリー[編集]

アメリカの航空機製造会社(作中ではダグラス社)の副社長ロバート・トラベン(演:ジャック・レモン)は、イタリアの旅客航空会社(作中ではアリタリア航空)への出張で、ナポリにやって来た。その滞在先のホテルに、以前この地を兵役で訪れた際に恋に落ちたという娘の兄、アントニオ・ヤゼロ(演:マルチェロ・マストロヤンニ)がロバートを訪ねて来る。丁度気が滅入っていたため、そのときはアントニオを追い返してしまう。

その後で思い直して彼の街を訪ねてゆくロバートは、アントニオの周囲の人々から意外な眼差しを向けられる。それはアントニオが妹を慰めるため、ロバートの振りをして架空の冒険談を書き続けた手紙のせいだったが、その冒険談が周囲の人々の間にも広がるうちに、いつしかロバートを英雄視するようになっていったのである。真相を知ったロバートは驚くが、そこにアントニオの持つ温かい心を見出していく。さらにアントニオの息子・ジュリオがミュージシャンへの夢を語ったこともあって家族ぐるみでも親しくなり、また実際にも冒険談のように生きたいとも思った。

しかしロバートがアメリカに帰る頃、ジュリオがミュージシャン契約で騙されたことから、それがマフィア絡みのトラブルに発展する。ロバートは搭乗予定機にわざと乗り遅れて踵を返し、アントニオ親子を窮地から救い出すべく奔走するが、事件解決直後にアントニオは仮死状態となってしまう。ヤゼロ家やその親族の人々と共に、ロバートもアントニオの蘇生を信じて手を尽くす……。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]