こわれゆく女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
こわれゆく女
A Woman Under the Influence
A Woman Under the Influence (1974 poster - retouched).jpg
ポスター(1974)
監督 ジョン・カサヴェテス
脚本 ジョン・カサヴェテス
製作 サム・ショウ
出演者 ジーナ・ローランズ
ピーター・フォーク
音楽 ボー・ハーウッド英語版
撮影 マイク・フェリス[1]
デヴィッド・ノウェル[1]
編集 デヴィッド・アームストロング
シーラ・ヴァイスルティア
製作会社 フェイシズ・インターナショナル・フィルム
配給 アメリカ合衆国の旗 フェイシズ・インターナショナル・フィルム
日本の旗 シネセゾン
公開 アメリカ合衆国の旗 1974年11月18日
日本の旗 1993年2月27日
上映時間 155分
146分(短縮版)
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
イタリア語
テンプレートを表示

こわれゆく女』(こわれゆくおんな、A Woman Under the Influence)は、1974年アメリカ合衆国ドラマ映画。監督はジョン・カサヴェテス、出演はジーナ・ローランズピーター・フォークなど。心のバランスを崩した妻と彼女を見守る夫の夫婦愛を描いている[2]。主演のローランズが、第32回ゴールデングローブ賞英語版主演女優賞 (ドラマ部門)などを受賞している。1990年にはアメリカ国立フィルム登録簿に登録されている[3]

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

作品の評価[編集]

映画批評家によるレビュー[編集]

Rotten Tomatoesによれば、批評家の一致した見解は「ジーナ・ローランズとピーター・フォークの熱演に衝撃を受ける『こわれゆく女』には、インディペンデント映画製作者のパイオニアであるジョン・カサヴェテスが芸術の頂点に立っている姿を見ることができる。」であり、31件の評論のうち高評価は90%にあたる28件で、平均して10点満点中8.10点を得ている[4]

受賞歴[編集]

映画祭・賞 部門 候補 結果
第47回アカデミー賞 監督賞 ジョン・カサヴェテス ノミネート
主演女優賞 ジーナ・ローランズ
第32回ゴールデングローブ賞英語版 作品賞 (ドラマ部門) ノミネート
監督賞 ジョン・カサヴェテス
脚本賞 ジョン・カサヴェテス
主演女優賞 (ドラマ部門) ジーナ・ローランズ 受賞
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 (1974年)英語版 トップ10作品英語版 6位
主演女優賞 ジーナ・ローランズ 受賞
全米脚本家組合賞 最優秀オリジナル脚本賞 ジョン・カサヴェテス ノミネート

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 映画 こわれゆく女 (1974)について”. allcinema. 2012年6月26日閲覧。ただし、IMDbでは「Mitch Breit」と「Al Ruban」となっている。A Woman Under the Influence (1974) - Full Cast & Crew” (英語). IMDb. 2012年6月26日閲覧。
  2. ^ こわれゆく女”. WOWOW. 2020年9月28日閲覧。
  3. ^ 1990年アメリカ国立フィルム登録簿 受賞結果”. allcinema. 2020年9月28日閲覧。
  4. ^ A Woman Under the Influence (1975)” (英語). Rotten Tomatoes. 2020年9月28日閲覧。

外部リンク[編集]