ミシェル・ガラブリュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミシェル・ガラブリュ(1999年、テレビ局i-Teleの開局式にて)

ミシェル・ガラブリュ Michel Galabru1922年10月27日 - 2016年1月4日[1])は、フランス俳優喜劇俳優ジャン・ガラブリュ女優エマニュエル・ガラブリュの父親にあたる。

1977年、第2回セザール賞に於いて、ベルトラン・タヴェルニエ監督の『fr:Le Juge et l'Assassin(裁判官と殺人者)』で主演男優賞を受賞した。

経歴[編集]

少年時代[編集]

国立土木学校の教授であったポール・ガラブリュ(1892年 - 1988年)[2]の息子として生まれ、父親が港の建設に関わったモロッコサフィで7歳まで過ごし、その後少年時代の大半をエロー県ル・ブスケ・ドルブで過ごす[3]。彼には2人の兄弟がいた。一人は弟で、医者で作家のマルク・ガラブリュ(1929年 - 2014年)であり、もう一人は兄で詩を書き18歳で結核で死んだ[4]

少年時代からモンペリエHSCの大ファンである彼はプロサッカー選手になることを夢見るが[5]、やがて俳優になることを志すようになる。彼は7つの異なる学校に通ったが、そのうち12回サシャ・ギトリの教えを受けた。のちにガラブリュは2001年、ギトリとの出会いを著書にまとめている。

モンペリエのサン=フランソワ・ピエール・ルージュ中学、パリ16区のイエズス会の私立サン=ルイ・ド・ゴンザグ高校に通った後、1年間父の仕事を手伝った。ナチス・ドイツによるフランス占領に伴う強制労働によって、オーストリアクラーゲンフルト、次いでユーゴスラビアに送られ、そこでチトーパルチザンに解放される[6]

デビュー[編集]

フランス国立高等演劇学校に入学したガラブリュは、ドニ・ディネスのクラスでの3年間の教育ののち一等賞を獲得し、1950年9月1日よりコメディ・フランセーズの舞台を踏む。『ジョルジュ・ダンダン』でデビューした彼は、モリエールの他シェイクスピアピエール・ド・マリヴォージョルジュ・フェイドージョルジュ・クルトリーヌジュール・ロマンなどの古典から現代までの戯曲を演じ、1957年まで在籍した。

また映画では、1951年にジャン・ドヴェヴル監督の『Ma femme, ma vache et moi (妻、雌牛と僕)』でデビューする。

映画俳優のキャリア[編集]

1960年 - 1990年[編集]

フランスのコメディ映画の代表的な俳優として、ガラブリュは250もの映画やテレビドラマに出演した。幾つかの映画は成功したが、本人の告白によれば、その他の多くの映画は「食い扶持のための」ものだったという。『大混戦』でのインタビューでは、監督のジャン・ジローに対し、「私から(主演の)ルイ・ド・フュネスを取ったら、ただの大根役者でしかない」とまで言っている。とはいえその言葉は彼の謙虚さからくるものであり、その輝かしい業績はベルトラン・タヴェルニエ監督の『fr:Le Juge et l'Assassin(裁判官と殺人者)』によって第2回セザール賞での主演男優賞を獲得したことで知られる。

1961年にイヴ・ロベール監督の『fr:La Guerre des boutons (film, 1962)』でブルヴァール劇場(パリ旧城壁の周辺部に点在する多くの小劇場)の雰囲気を演じた彼は、1964年の『大混戦』より始まる『ルイ・ド・フュネスのサントロペシリーズ』で準主役の上司役を務め、多くの大衆に知られるようになった。演劇では『La Femme du boulanger(パン屋の妻)』や『町人貴族』を演じた。また1972年にはピエール・チェルニア監督の映画『fr:Le Viager(終身年金)』でガリポー医師役を務めた。1983年にルイ・ド・フュネスが死去すると、彼が演じる予定であったジャン=マリー・ポワレ監督の『fr:Papy fait de la résistance(パピーは蜂起する)』で主役パピーを代役で務めきった。

1980年からは『Mr.レディMr.マダム』シリーズでの保守政党員の父親シモン・シャリエ役で知られる。他にも『ザ・カンニング IQ=0』の警部役、『fr:Le bahut va craquer(学級崩壊)』の校長役、『fr:Uranus (film)』、『アステリックス対カエサル』の村長役、『fr:Le Petit Nicolas (film)(ニコラ坊や)』の文部大臣役、そして『fr:Bienvenue chez les Ch'tis[7]の大叔父役で知られる。

1999年にはテレビ局i-Téléの開局式に出席した。同年、『アステリックス』シリーズの最初の映画に出演した。これはクロード・ジディ監督の最後の作品の一つとなった他、『パピー』で共演したクリスチャン・クラヴィエとの久しぶりの再会でもあった。

2000年以降[編集]

80歳を迎えた2003年にはフレデリック・オービュルタン監督の映画『fr:San-Antonio (film, 2004)』でジェラール・ドパルデュージェラール・ランヴァンと共演し、また役作りのために禿げ頭に剃った[8]。またアニメ『La prophétie des grenouilles』、『Le manège enchanté』の声優を務めた。

2009年には『Neuilly sa mère !』、『fr:Le Petit Nicolas (film)(ニコラ坊や)』で脇役を務めた。2010年にはリュション映画祭でテレビドラマ『À deux c'est plus facile(二人ならもっと簡単)』のために出席した。さらに同年、カテル・キレベレ監督の『fr:Un poison violent(猛毒)』でカンヌ映画祭に出席した。2011年には長年のキャリアを讃えられてブリガデル賞を受賞し、またパリ市より赤色大メダルを贈られた[9]

2012年にも多くの映画に出演し、2013年にはfr:Ordre national du Mérite (France)勲章を受章している[10]

演劇のキャリア[編集]

1984年、パリ18区にある潰れかけたモーベル演劇学校を買収し、自らの劇場として改修した。これは最初モーベル・ガラブリュ劇場、次いでモンマルトル・ガラブリュ劇場、そして2004年からはミシェル・ガラブリュ劇場と改名している[11]

彼はまた翌1985年に「十時劇場 Théâtre de Dix heures」も買収し、若者のためのデビューの機会を作っていたが、その計画は4年しか続かなかった。劇場自体は現在も存続している。

同じく1980年代中盤、ヴォクリューズ県マロセーヌで夏期演劇祭を開き、5万人の観客が訪れ、8年間存続した。またミシェル・ガラブリュ劇場をはじめ、様々な劇場で後進の指導に当たっている。

2008年、モリエール演劇賞を受章した。

演劇デビューから60年を数える2014年にも数多くの舞台に出演し、特に1980年代から好むマルセル・パニョルの戯曲を多く演じている。

[編集]

2014年10月の弟マルクの死、また2015年8月の妻クロードの死により、晩年のガラブリュは深い心痛を負っていた。2015年10月27日には93歳の誕生日に一人舞台を演じて健在ぶりを見せたが、2016年1月4日に、家族の言葉によれば「眠りのうちに」死去した。[1]葬儀は1月12日にパリのサン・ロック教会で行われ、モンマルトル墓地の32番区に埋葬された。

主な出演映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b « Michel Galabru est mort », sur Le Figaro (consulté le 4 janvier 2016)
  2. ^ Biographie sur Planète TP
  3. ^ Galabru, les pieds dans l'eau, Consulté le 20 octobre 2012.
  4. ^ « Michel Galabru, 75 ans, bouffon et tragédien, fromage et dessert, enchaîne les rôles en boulimique, au théâtre, au ciné. L'ogre de barbarie. » (consulté le 13 octobre 2010)
  5. ^ « Entretien avec Michel Galabru », sur montpellierinteractif.com (consulté le 22 février 2011)
  6. ^ Michel et Marc Galabru, émission C’est de famille sur Europe 1, 27 juillet 2011, 33 min 10 s
  7. ^ 2008年の映画で、それまで『大進撃』(1966年ジェラール・ウーリー監督、ブールヴィルルイ・ド・フュネス主演)が持っていた興行収入最高記録をフランス映画で塗り替えた。
  8. ^ http://www.cinemotions.com/interview/708
  9. ^ Michel Galabru, « monument de talent et de générosité », honoré par Paris, Consulté le 20 octobre 2012.
  10. ^ « Décret du 14 mai 2013 portant élévation aux dignités de grand'croix et de grand officier », sur Journal officiel de la République française,‎ (consulté le 22 avril 2015).
  11. ^ « Théâtre Montmartre Galabru », sur evene.fr (consulté le 10 mars 2012)

外部リンク[編集]