ニライカナイからの手紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ニライカナイからの手紙
監督 熊澤尚人
脚本 熊澤尚人
音楽 中西長谷雄
主題歌 永山尚太
「太陽ぬ花」
撮影 藤井昌之
編集 山中貴夫
配給 IMJエンタテインメント / ザナドゥー
公開 2005年6月4日
上映時間 113分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ニライカナイからの手紙』 (にらいかないからのてがみ) は、熊澤尚人が自身のオリジナル脚本を監督した2005年の日本映画

蒼井優の初単独主演映画である。

沖縄竹富島を舞台に、東京で離れて暮らす母と、母から毎年誕生日に送られてくる手紙を支えに生きる少女との絆、そして少女の成長を、沖縄の美しい風景をバックに綴る。

ストーリー[編集]

沖縄本島から、はるか南の八重山諸島。そのうちの一つである竹富島で、父の死後、郵便局長であるオジイと2人で暮らしていた風希。毎年誕生日に、東京で暮らす母から届く手紙は、風希を励まし、勇気づけ、彼女にとって何よりの宝物であった。

いつしか亡き父のカメラを手に写真の練習を始める風希。14歳の誕生日に20歳になったら全てを話すという内容の手紙が届き、その約束を信じる風希は高校を卒業して上京する。そして20歳の誕生日がやって来る。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]