金井勇太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
かない ゆうた
金井 勇太
生年月日 (1985-04-24) 1985年4月24日(33歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
身長 173 cm
血液型 O型
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 1998年 -
配偶者 あり(2012年 - )
事務所 テアトル・ド・ポッシュ
主な作品
映画
ズッコケ三人組
十五才 学校IV

金井 勇太(かない ゆうた、1985年4月24日 - )は、日本の俳優血液型はO型。身長173cm。テアトル・ド・ポッシュ所属。

来歴[編集]

東京都福生市出身。1998年、映画『ズッコケ三人組 怪盗X物語』の一般公募オーディションに合格し、主役デビュー。

2000年、山田洋次監督映画『十五才 学校IV』の主役に抜擢ばってきされる。

特技はベースギタードラム、民族楽器等の演奏で、映画『さよなら、クロ』『69 sixty nine』『イキガミ』でギター演奏、『ニライカナイからの手紙』では三線演奏を披露している。

2012年末に入籍したことを自らのブログで発表した[1][2]。2013年6月17日には男児が誕生したことを発表した[3]

2017年1月1日にクローバーとのマネージメント契約の解約を発表。

2017年6月23日にテアトル・ド・ポッシュへの所属を発表。

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビCM[編集]

  • au by KDDI 「学割」 石井克人監督作品(2001年3月15日-)
  • 全日空企業・歩く大人篇」 ナレーション(2003年4月-) 
  • NTTドコモ 「ひとりでも割」 〜 ひとりのために篇 〜(2007年11月8日 - 2008年3月7日) 
  • セキスイハイム 「ウェディング篇」 「未来が来た篇」(2011年10月28日 - ) セキスイハイム 「みらいおんムギュー篇」 (2012年10月27日 〜 2013年4月26日)
  • ジョブセンス 「ジョブせんすけ 篇」 (2014年2月24日 〜 2014年8月23日) 
  • 資生堂 ワタシプラス 「市役所の恋篇」 (2014年5月24日 〜 2015年5月23日) 


ナレーション[編集]

舞台[編集]

  • 銀河鉄道の夜」(2001年7月 東京芸術劇場中ホール  脚本・演出 ルー・ジェイコブ) - ジョバンニの影
  • PROPAGANDA STAGE 「サマーデイズ」(2003年7月、東京芸術劇場小ホール1) - 磯村和樹 ※主演
  • 黒部の太陽」(2008年10月 梅田芸術劇場 脚本・演出 佐々部 清) - 川村修二
  • KERA・MAP#005「あれから」 (2008年12月 世田谷パブリックシアター 脚本・演出 ケラリーノ・サンドロヴィッチ) - ピザ、ジンタ
  • シアターコクーン・オンレパートリー2015 「青い瞳」 (2015年11月 シアターコクーン 脚本・演出 岩松了) - マコト
  • 関西テレビ放送 「それいゆ」 (2016年5月、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ、Zeppブルーシアター六本木 脚本 古屋和尚 演出 木村淳) - 五味喜助
  • 劇団TEAM-ODAC第29回本公演 「HOME〜いつか帰るよ、僕だけのHOME〜」(5月9日 - 14日、紀伊國屋ホール)- マサ

受賞歴[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 金井勇太 (2013年1月17日). “入籍のご報告。”. 金井勇太オフィシャルブログ 金井勇太の否気籠もり報録。. サイバーエージェント. 2013年1月18日閲覧。
  2. ^ 福田麗 (2013年1月18日). “俳優・金井勇太が入籍!『十五才 学校IV』主演で注目を浴びる”. シネマトゥデイ. http://www.cinematoday.jp/page/N0049453 2013年1月18日閲覧。 
  3. ^ 金井勇太 (2013年6月17日). “近況報告”. 金井勇太オフィシャルブログ 金井勇太の否気籠もり報録。. サイバーエージェント. 2013年6月27日閲覧。

外部リンク[編集]