歌謡曲だよ、人生は

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

歌謡曲だよ、人生は』は、2007年日本映画昭和時代にヒットした歌謡曲を題材にした短編オムニバス映画である。上映時間130分。各篇の長さ、歌の使用スタイル(流れるタイミング、BGMとして扱うか劇中で流すか、他の曲も併用するかなど)は自由で、歌った歌手が俳優として起用されているものもある。エピローグの「東京ラプソディ」のみカバー盤、他はオリジナル盤を音源に用いている。

題材曲・スタッフ・キャスト[編集]

その他[編集]

  • 守屋浩の『僕は泣いちっち』は、1960年にも歌謡映画『僕は泣いちっち』(堀池清監督、川地民夫主演)という46分の中編になって劇場公開されている。

外部リンク[編集]