伊藤咲子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
伊藤 咲子
出生名 伊藤 咲子[1]
生誕 (1958-04-02) 1958年4月2日(64歳)[2]
出身地 日本の旗 日本 東京都目黒区[2]
学歴 堀越高等学校卒業
ジャンル アイドル歌謡曲
職業 歌手
担当楽器 ボーカル
活動期間 1974年[2] - 1989年[2]
2004年[2] -
レーベル 東芝EMI(1974年 - 1982年
徳間ジャパンコミュニケーションズ2004年 - 2014年
日本コロムビア(2014年 - )
事務所 オフィス・トゥー・ワン(1974年 - 1980年
ミュージック・オフィス合田2004年 - )
公式サイト 伊藤咲子公式ホームページ

伊藤 咲子(いとう さきこ、1958年4月2日[2] - )は、日本の女性歌手東京都目黒区出身[2]。本名:千葉咲子[2]旧姓:伊藤)。愛称はサッコ[3]堀越高等学校卒業。所属事務所ミュージック・オフィス合田

人物・経歴[編集]

祖父母が山形県出身であり、両親は山形疎開時に結婚し、山形県に住んでいたが、東京へ転居した後に伊藤が出生した。そのため伊藤は生まれも育ちも東京だが、山形に深い思い入れがあり、山形は自分の故郷と語っている。母方の親戚に声楽家砂原美智子がいる。

1973年(昭和48年)、15歳で日本テレビオーディション番組『スター誕生!』に出場して優勝[2]、これを機に芸能界へ。

デビューにあたり『スター誕生!』で芸名を公募した際、男性器をもじった案の応募があったことが、下ネタ嫌いと言われる司会の萩本欽一によって紹介された。またその前には『スター誕生!』出身で「花の中三トリオ」の森昌子山口百恵桜田淳子からそれぞれ1字ずつ採った「森山 桜」という案も紹介された。しかし最終的には本名でデビューすることになったと萩本が発表した[1]

1974年(昭和49年)4月20日東芝EMIからデビュー・シングル『ひまわり娘』を発売[4]アイドル歌手としてデビュー。日本歌謡大賞新人賞などを受賞する[2]。当時の所属事務所はオフィス・トゥー・ワン。同年末に発売のシングル『木枯しの二人』が、翌1975年オリコン年間ヒットチャートで36位にランクイン、自身最大のヒット曲となる。

1975年(昭和50年)、『乙女のワルツ』が日本テレビ音楽祭金の鳩賞、日本歌謡大賞放送音楽賞などを受賞[2]

1976年(昭和51年)3月5日、『きみ可愛いね』を発売[4]ヒット曲となる[2]。同年10月5日、『想い出のセンチメンタル・シティ』を発売[4]。同時に、デビュー以来のシングル盤の総数(プレス枚数または出荷枚数)が200万枚を突破したと東芝EMIから発表された[5]。同年末、第27回NHK紅白歌合戦に初出場し「きみ可愛いね」を歌唱[2]。『想い出のセンチメンタル・シティ』が同年のレコード大賞候補にノミネートされる[2]

結婚前に、同期デビューの城みちると3、4年間交際していたことをお互い明かしている。[要出典][いつ?]

1982年(昭和57年)5月1日、アルバム『Slow Motion』を発売[4]。『男嫌い』がシングルカットされる[4]

1983年(昭和58年)9月21日にはシングル『追憶』を発売[4]、この曲は同年公開の松竹富士映画『ふるさと』のイメージソングとして使用された。これを最後に東芝EMIから徳間ジャパンへ移籍し、1985年9月にシングル『愛人芝居』を発売[4]。また1984年(昭和59年)には、デビュー10周年を記念して写真集を出版した。

1989年平成元年)に 青年実業家と結婚[6]。歌手活動を休止し「伊藤咲子の店」を開業[2]カラオケパブを経営し、伊藤がアイドル歌手であった頃のファンが度々訪れたという。

歌手活動休止中に子宮腺筋腫を発症し、急性腎盂腎炎も併発。2000年(平成12年)に摘出手術を受ける[3]。「もう一度歌いたい」との思いで病気を乗り越え[3]2003年(平成15年)には歌手活動を再開[2]テレビ東京夏祭りにっぽんの歌』、NHKラジオ第1はつらつスタジオ505』などに出演[2]NHK思い出のメロディー』、テレビ東京『年忘れにっぽんの歌』に初出演[2]

2004年(平成16年)、実業家と離婚[3]。同年6月と9月にデビュー30周年記念コンサートを東京都内で開催する[2]

2006年(平成18年)、デビュー曲「ひまわり娘」を音羽ゆりかご会の合唱とともに再録音[2]2007年(平成19年)にはヒット曲「乙女のワルツ」がオムニバス映画『歌謡曲だよ、人生は』第8話「乙女のワルツ」で使用される[2]

2010年(平成22年)に40代の会社員と再婚[6]。同年12月8日には実に25年ぶりとなるシングル『女の歌』を徳間ジャパンから発売、カップリング曲は「ひまわり娘」を収録[4]。以降は日本コロムビアへ移籍してシングルを発表、2019年令和元年)5月29日には阿久悠作詞の未発表曲『静かに、愛がとび立つわ』を発売した[2][4]

コンサート活動も継続し、近年は「夢スター歌謡祭 春組対秋組 歌合戦[7]」に出演して全国各地を回っている。

エピソード[編集]

『スター誕生!』について[編集]

『スター誕生!』では2回テレビ予選に出ており、1回目で小柳ルミ子の『漁火恋唄』を裏声で歌った。しかし、審査員の松田トシから「息が漏れてるわね」と指摘され、結局合格点の半分にも届かなかった。しかし本番終了後他の落選者と共に控室で帰り支度をしながら、歌手を諦めようと思ったところ、チーフ・プロデューサーの池田文雄から「今日は粒ぞろいだった。落ちた子みんな、今度の日曜の予選にもう一度おいで」と声をかけられた[8]。 

すると翌週、声をかけられた他の子たちは諦めたらしく誰も来ず、伊藤だけが再びテレビ予選に参加となった。2回目は地声で歌える朱里エイコの『見捨てられた子のように』を歌うと、この曲変更が功を奏してテレビ予選を通過。12人が参加した決戦大会では伊藤の歌う順番が最後で、その回の審査では1番目から4番目まで立て続けに合格したため諦めかけたが[注釈 1]、伊藤の番でスカウトマンのプラカードが上がり号泣した[8]

『ひまわり娘』でデビュー[編集]

決戦大会に黄色のワンピースで出場したからか、デビュー曲は『ひまわり娘』に決まった。その後事務所やレコード会社の戦略により早く世間に伊藤の顔を覚えてもらうため、全身黄色の服[注釈 2]を渡され、それを着て歌手活動を始める。デビュー後しばらくは歌番組やイベント時だけでなく次の仕事場へ向かうために街を移動する時も常にこの格好でいなければならず恥ずかしかったとのこと[注釈 3][8]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

# 発売日 A/B面 タイトル 作詞 作曲 編曲 規格品番
東芝EMI
1 1974年
4月20日
A面 ひまわり娘 阿久悠 S.Levy K.Gibson TP-2998
B面 オレンジの涙
2 1974年
8月5日
A面 夢みる頃 TP-20029
B面 待ちこがれて J.Read H.Watkins
3 1974年
12月1日
A面 木枯しの二人 三木たかし TP-20085
B面 赤ちゃんみたいな女の子
4 1975年
3月20日
A面 青い麦 TP-20120
B面 白い灯台
5 1975年
7月5日
A面 乙女のワルツ TP-20140
B面 紅い花
6 1975年
12月1日
A面 冬の星 TP-20209
B面 雨の中に消えて
7 1976年
3月5日
A面 きみ可愛いね TP-20238
B面 パーティの夜
8 1976年
7月5日
A面 いい娘に逢ったらドキッ TP-10032
B面 想い出まつり
9 1976年
10月5日
A面 想い出のセンチメンタル・シティイ TP-10101
B面 たそがれに愛をこめて
10 1977年
1月20日
A面 青い鳥逃げても TP-10157
B面 ごきげん如何
11 1977年
6月5日
A面 愛のシルフィー TP-10214
B面 木陰でもやもや
12 1977年
10月5日
A面 何が私に起こったか TP-10318
B面 明日なき愛
13 1978年
5月5日
A面 寒い夏 中里綴 和泉常寛 和泉常寛
直居隆雄
TP-10413
B面 夢ごこち
14 1978年
9月5日
A面 つぶやきあつめ 直居隆雄 TP-10467
B面 さん・びょう・し
15 1980年
4月20日
A面 未完成 阿久悠 三木たかし 萩田光雄 TP-10715
B面 迷路の中で
16 1980年
11月21日
A面 愛したくないのに 大野克夫 村岡建 TP-17084
B面 レッドサン ブルームーン
EAST WORLD
17 1982年
2月21日
A面 リトル プリンス 大津あきら 棚部陽一 船山基紀 WTP-17292
B面 恋のスリップ・アウェイ 園部和範 豊広純子 棚部陽一
18 1982年
6月21日
A面 男嫌い 岡田冨美子 小田裕一郎 大谷和夫 WTP-17355
B面 まちがい電話 大津あきら 豊広純子 棚部陽一
19 1982年
8月21日
A面 悲しみよ とまれ 川内康範 吉永豊 WTP-17383
B面 これこそ愛 【歌唱:吉永豊
20 1983年
4月1日
A面 待ち合わせ 有川正沙子 棚部陽一 戸塚修 WTP-17460
B面 いつかメモリー 黒住憲五
21 1983年
9月21日
A面 追憶 小椋佳
井上香織
小椋佳 クニ河内 WTP-17532
B面 "ふるさと"メイン・テーマ - 針生正男
JAPAN RECORD
22 1985年
9月1日
A面 愛人芝居 初信之介 丹羽応樹 7JAS-42
B面 突然愛して
徳間ジャパン
23 2010年
12月8日
01 女の歌 一青窈 合田道人 川村栄二 TKCA-90407
02 ひまわり娘 阿久悠 S.Levy 寺西誠
日本コロムビア
24 2014年
10月22日
01 ラスト・メール 円香乃 合田道人 萩田光雄 COCA-16933
02 真夜中のふたり
03 木枯しの二人 阿久悠 三木たかし 鳴海周平
25 2016年
2月17日
01 プルメリアの涙 京えりこ 周防泰臣 COCA-17110
02 たそがれに愛をこめて 阿久悠
26 2018年
4月25日
01 春風の二人[注釈 4] 円香乃 合田道人 寺西誠 COKM-40259
(配信限定)
27 2019年
5月29日
01 静かに、愛がとび立つわ 阿久悠 鳴海周平 COCA-17620
02 きっといい恋できますね
03 ひまわり娘 S.Levy 坂下滉

非売盤[編集]

  1. ふれあい (作詞:伊藤アキラ/作曲:森田公一/編曲:横内章次コーラスムーン・ドロップス
  2. 友達になろう (作詞:松本隆/作曲:吉田拓郎/編曲:石川鷹彦) 4Rs-826
  3. 大人だから(徳間ジャパンコミュニケーションズ)- 伊藤咲子&葵司朗名義。

アルバム[編集]

オリジナル・アルバム[編集]

ライブ・アルバム[編集]

ベスト・アルバム[編集]

  1. 想い出のセンチメンタル・シティイ(1976年11月5日/東芝EMI、TP-72209)
  2. 木枯しの二人(1980年3月5日/東芝EMI、TP-40135〜6)
  3. 伊藤咲子 ゴールデン☆ベスト(2002年6月19日/ユニバーサルミュージック、TOCT-10856)
  4. エッセンシャル・ベスト 伊藤咲子(2007年8月22日/ユニバーサルミュージック、TOCT-26316)
  5. 伊藤咲子全曲集〜女の歌〜(2013年5月22日/徳間ジャパン、TKCA-73894)

企画アルバム[編集]

発売日 レーベル 規格 規格品番 アルバム
2011年8月31日 ユニバーサルミュージック CD TOCT-28001-09 COMPLETE BOX

※ 9CD+1DVD(貴重映像集)+32Pブックレット(伊藤咲子ロング・インタビュー、ゆかりある人々のコメントなど)

  • CD(1)「ひまわり娘」
  • CD(2)「私のカレンダー」(初CD化)
  • CD(3)「乙女のワルツ」
  • CD(4)「初恋 伊藤咲子・ライブ・オン・ステージ」(初CD化)
  • CD(5)「青春」(初CD化)
  • CD(6)「おるごおる」(初CD化)
  • CD(7)「Slow Motion」(初CD化)
  • CD(8)「想い出のセンチメンタル・シティイ・2011コレクション」
    • ボックスのために新たに編集したアルバム未収録シングル・コレクション。
  1. 待ちこがれて
  2. 白い灯台
  3. 冬の星
  4. 雨の中に消えて
  5. きみ可愛いね
  6. パーティの夜
  7. いい娘に逢ったらドキッ
  8. 想い出まつり
  9. 想い出のセンチメンタル・シティイ
  10. たそがれに愛をこめて
  11. ごきげん如何
  12. 愛のシルフィー
  13. 木陰でもやもや
  14. 何が私に起こったか
  15. 明日なき愛
  16. つぶやきあつめ(シングル・バージョン)
  17. さん・びょう・し
  • CD(9)「レア・コレクション」(アルバム未収録曲や初CD化音源などを集めたスペシャルCD)
  1. 未完成
  2. 迷路の中で
  3. 愛したくないのに
  4. レッドサン・ブルームーン
  5. 悲しみよ とまれ
  6. 待ち合わせ
  7. いつかメモリー
  8. 追憶
  9. ふれあい
  10. 友達になろう
  11. LOVE STORY
  12. リトル・プリンス(DAMバージョン)
  13. 寄り道
  14. 愛人芝居
  15. 突然愛して
  16. 女の歌
  • 特典DVD
    • 「スター誕生!」「日本テレビ音楽祭」などの日本テレビ出演歌唱映像などを収録したDVD(約57分)。
  1. ひまわり娘(1974 NTV)
  2. ひまわり娘(1981 NTV)
  3. 夢みる頃(ロンドンレコーディングの模様)
  4. 木枯しの二人(1974 NTV)
  5. 木枯しの二人(1975 NTV)
  6. 木枯しの二人(1975 Conte 55)
  7. 青い麦
  8. 乙女のワルツ(1975 NTV July)
  9. 乙女のワルツ(1975 NTV August)
  10. 乙女のワルツ(1975 NTV August Ver.2)
  11. 冬の星
  12. 未完成
  13. テレビ特番「Jumpin’ Sakko ’76」
  14. きみ可愛いね
  15. ひまわり娘(PV)

オムニバス・アルバム[編集]

徳間ジャパン
  • 敏いとうとハッピー&ブルー『新・射手座の女』、special thanks 伊藤咲子
    • 恋してる愛してる(オリジナル楽曲)
    • 今夜は離さない(カバー楽曲)
    • 別れの夜明け(カバー楽曲)
    • 居酒屋(カバー楽曲)
    • 愛の果てまで(カバー楽曲)
    • ラストシーンは見たくない(カバー楽曲)
  • 合田道人『みんなで学ぼう!童謡なぞなぞ』(2006年11月8日発売)
日本コロムビア
  • ニッポン名曲娘(2015年9月16日)
  • 恋する名曲娘(2018年4月25日)

タイアップ曲[編集]

楽曲 タイアップ
1982年 リトル プリンス 東宝東和映画「リトルプリンス」イメージソング
1983年 待ち合わせ フジテレビ系テレビドラマ「おれは亭主だII」主題歌
追憶 松竹富士映画「ふるさと」イメージソング
1985年 愛人芝居 メディマ「アンゴラ肌着」CMソング

写真集[編集]

  • 伊藤咲子衝撃写真集 素顔の私… デビュー10周年記念(1983年12月)撮影:マイク岡田、アムリタ書房/星雲社ISBN 978-4-7952-4621-8

出演[編集]

ラジオ番組[編集]

テレビ番組[編集]

歌番組[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

イメージビデオ[編集]

  • クリスタルドリーム (1984年、ファインビデオ)

映画[編集]

舞台[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1976年(昭和51年)/第27回 きみ可愛いね 11/24 田中星児
注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 伊藤によると、それまでの決戦大会では一度に5人も合格者が出たことはなかったとのこと。
  2. ^ 上着やスカートはもちろんハイソックス、靴、帽子、バッグも全部黄色だった
  3. ^ デビューから間もない頃に電車移動すると、伊藤のことを知らない数人の女性客たちから好奇の目で見られ、“あの子、全身黄色の服着てるけど大丈夫なのかしら”などとヒソヒソ声が聞こえることもあったとのこと
  4. ^ デュエット:城みちる

出典[編集]

  1. ^ a b ナンシー関高橋洋二著・監修『ヴィンテージ・ギャグの世界―国民の心をつかんだあの一瞬』徳間書店、1997年3月、ISBN 419860648X、高橋洋二著の記事より[要ページ番号]
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v Profile 伊藤咲子プロフィール Sakiko Ito Official Web Site ~伊藤咲子公式ホームページ~
  3. ^ a b c d 伊藤咲子 闘病で崩壊した家庭…離婚を乗り越え「もう一度」 スポニチアネックス、2016年5月22日
  4. ^ a b c d e f g h i Record ディスコグラフィー Sakiko Ito Official Web Site ~伊藤咲子公式ホームページ~
  5. ^ 「新曲ヒットに燃える 伊藤咲子」『プレイファイブ』1976年12月号、33-38頁、プレイファイブ社。
  6. ^ a b 伊藤咲子51歳再婚、季節外れのひまわり? 日刊スポーツ、2010年2月23日
  7. ^ 夢スター歌謡祭 春組対秋組 歌合戦 夢コンサート
  8. ^ a b c 週刊ポスト10月29日号「スター誕生!」あの熱狂をもう一度・前編より伊藤咲子のインタビューp22
  9. ^ 2003年11月27日にCD版がリリースされた(規格品番:TOCT-25233)。
  10. ^ 2008年8月27日にCD版がリリースされた(規格品番:TOCT-26622)。
  11. ^ 1976年1月22日に中野サンプラザで行われたコンサートのライブ録音盤。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]