愛のフィーリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
愛のフィーリング
Feelings
モーリス・アルバートシングル
リリース
ジャンル ポップス
レーベル RCA
チャート最高順位
テンプレートを表示

愛のフィーリング」(原題は、Feelings)は、ブラジルシンガーソングライターモーリス・アルバートen:Morris Albert)が1975年リリースしたシングル作詞および作曲は、モーリス・アルバート。

解説[編集]

ビルボード(Billboard)誌では、1975年10月25日に週間ランキング最高位の6位を獲得し、1975年度年間チャートでは4位。同誌の集計では、モーリス・アルバート最大のヒット曲となった。ブラジルベネズエラチリメキシコで、週間チャート1位を獲得した。また、同誌の集計ではロック時代(1955年7月9日以降)のブラジル人アーティストの曲としては、最高位を記録した。

ペプシ社が1990年-91年に展開していたペプシチャレンジ(ライバルであるコカ・コーラに対する強烈な比較広告)にて、M.C.ハマーがライブの幕間に舞台袖でいつものペプシを、コークにすりかえられていたため、舞台に戻ると「愛のフィーリング」を唄ってしまい(=つまり「ハマーらしからぬ曲」という設定)、ペプシを補給されると再び本来のラップ&ダンスが復活するという演出がなされ、話題となった。

ハイ・ファイ・セット版「フィーリング」[編集]

フィーリング
ハイ・ファイ・セットシングル
B面 もうひとつのダンス
リリース
レーベル アルファレコード
作詞・作曲 en:Morris Albertなかにし礼
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 1977年度年間10位(オリコン)
ハイ・ファイ・セット シングル 年表
幸せになるため(1976年) フィーリング
1976年
風の街
1977年
テンプレートを表示

日本では、フォークグループハイ・ファイ・セットが「愛のフィーリング」をカヴァー。カバー・バージョンは、日本語詞をなかにし礼が担当し、曲名を「フィーリング」として1976年末にリリースされた。翌年の1977年に大ヒットとなり、ハイ・ファイ・セットは同年末の『NHK紅白歌合戦』に初出場を果たした。

その他にカヴァーした歌手[編集]

オリジナル英語詞
なかにし礼による日本語詞
改編詞

参考文献[編集]

関連項目[編集]