アンディ・ウィリアムス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンディ・ウィリアムス(2006年)

ハワード・アンドリュー・ウィリアムス: Howard Andrew Williams、1927年12月3日 - 2012年9月25日)は、アメリカ合衆国のポピュラー歌手。アルバムセールスに関して、アメリカレコード協会および英国レコード産業協会から、18のゴールドディスク、3つのプラチナディスクを贈られている [1] [2] [3]NBCで1962年-1967年及び1969年-1971年に、自らの名前を冠した音楽バラエティ番組『アンディ・ウィリアムス・ショー』を放映し、エミー賞を3度受賞した。

1992年に代表的ヒット曲から命名した、2054席を擁する「ムーン・リバー・シアター」をミズーリ州ブランソンに自ら設立し、以降この劇場を本拠地として、2011年までライブ・パフォーマンスを続けた。

来歴[編集]

アイオワ州サク郡ウォールレーク出身。兄弟でWilliams Brothersとして活躍していたが1952年ソロ・シンガーとして独立し”Steve Allen's Tonight Show"(1952-1955)にレギュラーとして参加後,1955年にはケーデンス・レコードと契約し「カナダの夕陽」(1956)「バタフライ」(1957)「ハワイの結婚の歌」(1959)「聖ベルナデッドの村」(1959)「ロンリー・ストリート」(1959)などのヒットをだしたあと1961年コロンビア・レコードと契約し,シングル・ヒットよりアルバムに重点を置いてテレビ・ショウの高視聴率もあり続々とベスト・セラー・アルバムをリリースした。テレビ・ショウ終了後はやや低迷しアルバムのセールスも伸びず1980年にコロンビアを退社,以降はアトコ,カーブといったレコード会社に録音を残した。その後はラスベガスなどでのステージ出演に重点を移し,エンターテイナーとして活躍,クリスマス・ショウは特に好評で,1992年に自身の劇場がオープンするまで,全米各地を巡演した。アンディの死後,劇場は"Andy Williams Peforming Arts Center"と名称を変え,演奏会場として活用されている。



『アンディ・ウィリアムス・ショー』は日本でも放送され日本でも人気が上昇し、『NHK紅白歌合戦』には1991年に出場した。多くの映画主題歌やスタンダード・ナンバーを録音している。クロディーヌ・ロンジェは元妻。離婚後も友人として交流した。

日本では1969年に味の素CMに出演した。CMへの出演交渉は難航したが、最終的に日本万国博覧会(大阪万博)公演への出演との引き換えに承諾したという[4]。CM出演時のギャラは1年間で4万ドル(当時のレートで1440万円)だったとされる[4]

1967年、1970年、1973年、1982年、1988年、2004年、2006年の7回、来日公演を行っている。

晩年は膀胱癌を患い、2012年9月25日に84歳で死去した[5]

イギリスにおける評価[編集]

 イギリスでもTVの"Andy Williams Show"は放映され,TVショウ終了後も,たびたび公演を行い,"Emperor of Easy"(イージー・リスニングの帝王)と呼ばれ,「君の瞳に恋してる」全英5位(1968)「好きにならずにいられない」全英3位(1970)「遥かなる面影」"Home lovin' man"全英7位,「ソリテイア」全英4位(1973)など本国ではヒットしなかった作品も注目を集め,1999年には「恋はリズムに乗せて」が車のCMに使用され全英9位を記録したほか,アルバムも1965-1978年の間に8枚がトップ10入り,うち3枚が第1位を記録した。 [6]

ディスコグラフィー[編集]

主要なアルバム[編集]

 ゴールド・ディスク獲得

[7]

映画[編集]

  • 「彼女は億万長者」"I'd rather be rich"(1964) 共演:サンドラ・ディー,ロバート・グーレ,モーリス・シュバリエ

[8]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1991年(平成3年)/第42回 ムーン・リバー 16/28 森山良子
注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

出典[編集]

  1. ^ The Titanic Hits Eight Million Sales in RIAA Awards
  2. ^ Biography for Andy Williams
  3. ^ Andy Williams discography
  4. ^ a b 読売新聞』1972年5月30日付夕刊、7頁。
  5. ^ “ムーン・リバー…アンディ・ウィリアムス氏死去”. 読売新聞. (2012年9月26日). http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20120926-OYT1T01547.htm 2012年9月26日閲覧。 
  6. ^ Complete book of the British Charts; singles & albums, by Jon Kutner & Tony Brown, Omnibus Press, C2004, p.1192-1193、ISBN: 1-84449-058-0
  7. ^ Top pop albums; 1955-2002, by Joel Whitburn,Record Research, c2003, p.801,929
  8. ^ http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=4646

外部リンク[編集]