きっと言える (荒井由実の曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
きっと言える
荒井由実シングル
初出アルバム『ひこうき雲
B面 ひこうき雲
リリース
規格 7インチシングル盤
ジャンル J-POP
レーベル EXPRESS
作詞・作曲 荒井由実
プロデュース 村井邦彦
荒井由実 シングル 年表
返事はいらない
1972年
きっと言える
1973年
やさしさに
包まれたなら
1974年
収録アルバムひこうき雲
空と海の輝きに向けて
(4)
きっと言える
(5)
ベルベット・イースター
(6)
テンプレートを表示

きっと言える』(きっといえる)は、荒井由実(ユーミン) の2枚目のシングル。1973年11月5日東芝EMIからリリースされた。規格品番:ETP-2905。

1989年12月21日CDシングルとして再リリース。1枚目のオリジナルアルバムひこうき雲』に収録。

解説[編集]

  • 「ひこうき雲」はCDシングルでのみ違うボーカルテイクが収録されている。
  • 「ひこうき雲」は元々、三人娘の一人としても知られている雪村いづみのために書き下ろされた曲であり、いづみによってレコーディングもされたが、諸般の事情で発売されず、荒井自身の歌唱によって世に出た。しかし、その後もいづみはこの曲を好んで渋谷ジァン・ジァンなどのステージで唄っていた。
  • このいづみの未発表音源は1990年(平成2年)発売のいづみのアルバム『カモン・バック』で初めて陽の目を見た。

収録曲[編集]

  • Side A きっと言える
  • Side B ひこうき雲

スタッフ[編集]

「きっと言える (荒井由実の曲)」の調
前奏1 前奏2 B1・サビ1 B2・サビ2
E-flat-major c-minor.svg 変ホ長調
(E)
A-major f-sharp-minor.svg イ長調
(A)
C-major a-minor.svg ハ長調
(C)
E-flat-major c-minor.svg 変ホ長調
(E)

C1・間奏2 C2・サビ3 C3・サビ4・後奏
A-major f-sharp-minor.svg イ長調
(A)
C-major a-minor.svg ハ長調
(C)
E-flat-major c-minor.svg 変ホ長調
(E)

脚注[編集]

  1. ^ 富澤一誠『フォーク名曲事典300曲〜「バラが咲いた」から「悪女」まで誕生秘話〜』ヤマハミュージックメディア、2007年、266頁。ISBN 978-4-636-82548-0
  2. ^ 1992年9月21日発売「YUMING COLLECTION」 規格品番:ALCA-375〜377(ASIN:B000UV2JT4/EAN:4988024011041) DISC-3 より。
  3. ^ オリジナル7インチシングル盤規格品番 ETP-2905 レーベル面に表記。
  4. ^ オリジナル7インチシングル盤規格品番 ETP-2905 ディスクジャケットより。

外部リンク[編集]