埠頭を渡る風

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
埠頭を渡る風
松任谷由実シングル
初出アルバム『流線形'80
B面 キャサリン
リリース
ジャンル J-POP
レーベル EXPRESS
作詞・作曲 松任谷由実
プロデュース 松任谷正隆
チャート最高順位
松任谷由実 シングル 年表
入江の午後3時
1978年
埠頭を渡る風
1978年
帰愁
1979年
収録アルバム流線形'80
ロッヂで待つクリスマス
(1)
埠頭を渡る風
(2)
真冬のサーファー
(3)
ミュージックビデオ
「埠頭を渡る風」 - YouTube
テンプレートを表示

埠頭を渡る風」(ふとうをわたるかぜ)は、松任谷由実の通算12枚目のシングル。東芝EMIより1978年10月5日に発売。1989年6月28日にCDシングルとして再発された。6枚目のオリジナルアルバム『流線形'80』に収録。

解説[編集]

オリジナル7インチシングル盤ジャケットでは「埠頭を渡る風」と表記。

「埠頭を渡る風」の埠頭とは晴海ふ頭のこと。「SURF & SNOW in 逗子マリーナ」のライブではラストに毎回歌われ、打ち上げ花火は風物詩となっている。なお、爆風スランプの楽曲「KASHIWAマイ・ラブ」(リードボーカルはパッパラー河合)は、この曲とユーミンへのオマージュとされている。

オリコンチャートの登場週数は8週、チャート最高順位は週間71位、累計1.9万枚のセールスを記録した[1]

収録曲[編集]

  • Side A 埠頭を渡る風 -The Wind-[2]
  • Side B キャサリン -Catherine-
    作詞・作曲:松任谷由実 編曲:松任谷正隆

参加ミュージシャン[編集]

  • ドラム:林立夫
  • ベース:高水健司
  • エレクトリック・ギター:鈴木茂
  • キーボード:松任谷正隆
  • パーカッション:斎藤ノブ
  • トランペット:羽鳥幸次、数原晋、岸義和
  • トロンボーン:新井英治、岡田澄雄
  • フレンチ・ホルン:沖田晏宏、松村まさはる
  • サックス:Jake H. Conception、村岡建
  • フルート:衛藤幸雄、西沢幸彦、旭孝
  • ストリングス:トマト・ストリングス
  • コーラス:尾形道子、槙みちる、井上知子

DEENのカバー[編集]

埠頭を渡る風
DEEN配信限定シングル
収録アルバムPOP IN CITY 〜for covers only〜
リリース2021年1月5日
規格デジタル・ダウンロード
ジャンルポップス
レーベルEpic Records Japan
DEEN 年表
悲しみがとまらない
2021年
埠頭を渡る風
(2021年)
mirror ball
2022年
POP IN CITY 〜for covers only〜 収録曲

埠頭を渡る風』(ふとうをわたるかぜ)は、DEENの配信限定シングル。 2021年1月11日に配信が開始された。

解説[編集]

DEENとしては7作品目[注 1]となる配信限定シングルである。

DEENのカバーアルバム『POP IN CITY 〜for covers only〜』に収録されており、配信限定シングルとして先行配信された[3]

収録曲[編集]

  1. 埠頭を渡る風
    • 作詞・作曲:松任谷由実、編曲:侑音・山根公路

その他のカバー[編集]

埠頭を渡る風

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ アルバム先行配信を含む

出典[編集]

  1. ^ a b 『オリコン・シングル・チャートブック(完全版):1968 - 2010』オリコン・エンタテインメント、2012年2月、731頁。ISBN 978-4-87131-088-8 
  2. ^ https://music.apple.com/us/album/the-wind-futou-wo-wataru-kaze-single/1436011840
  3. ^ DEEN、松任谷由実の名曲カバー「埠頭を渡る風」先行配信スタート!Music Video公開!”. POPSCENE. 2021年4月26日閲覧。

外部リンク[編集]