プラスティック・ラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
プラスティック・ラブ
竹内まりや楽曲
収録アルバム VARIETY
リリース 1984年4月25日
録音 Onkio Haus, CBS Sony Roppongi Studio & A&M Studio
レーベル MOON ⁄ ALFA MOON
作詞者 竹内まりや
作曲者 竹内まりや
プロデュース 山下達郎
その他収録アルバム

Expressions
VARIETY収録順

もう一度
(1)
プラスティック・ラブ
(2)
本気でオンリーユー (Let's Get Married)
(3)

プラスティック・ラブ」(PLASTIC LOVE)は、日本のシンガーソングライター竹内まりやの12枚目のシングル。6thアルバム『VARIETY』(1984年)に収録。

解説[編集]

「プラスティック・ラブ」は当初、1984年発売の6thアルバム『VARIETY[注 1]の収録曲として発表された[1][2][3][4]

竹内が作詞・作曲を手がけ、アレンジ・プロデュースに山下達郎を迎えて制作された[5]。歌詞は「都会暮らしの若い女性による自由恋愛」という極めてフィクショナルなテーマを独自のセンスで描いている[2]。山下はギター演奏も行い、 中西康晴エレクトリック・ピアノ)、伊藤広規ベース)、青山純ドラムス)らによる鉄壁のバンドによる演奏とともに竹内の歌唱を支えている[2]

反響[編集]

発売当時のレコードの売上は1万枚以下であったが、竹内作品の中でも特別な人気を誇る楽曲で、「souvenir」(2000年)「souvenir again」(2010年)とライブでは高確率で演奏され、プロデューサーの山下も自身のライブでカバーしている[1][3]

「ジャパニーズ・シティ・ポップ」[編集]

2010年代後半、80年代の日本のシティ・ポップファンク再評価の波が海外で起こり、無数のリミックスやリエディット動画もアップされた[6]。シティ・ポップ再評価の背景には、ヴェイパーウェイヴも大いに関係している[2]。「プラスティック・ラブ」人気のきっかけは2017年7月、YouTubeにて非公式にアップロードされた同曲の動画が2400万回以上の再生回数を記録したことだった[2][5]。この動画のコメント欄に英語のコメントが集まり、海外のリスナーの多さがうかがえた[5]

その後も、ファンの手によって歌詞を英語にし、楽曲のジャケットに映る竹内まりやアニメキャラタッチで描いた動画[1]、『超時空要塞マクロス』のキャラクターリン・ミンメイや『クラッシャージョウ』など楽曲の発売と同じ80年代アニメキャラが登場する動画、リック・アストリーの「ギヴ・ユー・アップ」とのリミックスなど、ディスコミックスにした動画などが投稿されている。

また、フューチャー・ファンクのジャンルでは定番中の定番となり、無数のリミックスリエディット[7]がネット上にアップロードされたほか、放送局などを傘下に持つカナダの大手デジタルメディアであるヴァイス・メディアの音楽サイトであるノイジーなど海外メディアでも取り上げられ、1980年代の日本のシティ・ポップ再評価の動きのポップアイコンとしてマニアックなDJの間でブームとなった[8][5][6][4]

このブームを受け、竹内の所属レコード会社であるワーナーミュージック・ジャパン公式YouTubeチャンネルからも、時代に合わせた楽曲の新たな解釈として、2020年前後のシティ・ポップにみる都会、夜、車をテーマとした表現を加えたプロモーションビデオが投稿された[9]

ミュージック・ビデオ[編集]

発表から35年の2019年、海外での人気を受けてミュージック・ビデオが制作された[4]。ビデオは竹内のライヴ・ドキュメンタリー映画『souvenir the movie 〜MARIYA TAKEUCHI Theater Live〜』のアンコール上映にあわせ、同年5月17日にYouTubeで「ショートバージョン」が公開された[1][9]。ビデオ監督は映像クリエーターの林響太郎が務め、同楽曲の世界を新たな解釈で映像化した[1][4][5]

タイアップ[編集]

2014年にはCS放送女性チャンネル♪LaLa TVオリジナルドラマ『私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな』の主題歌として使用された[10]

12インチ・シングル[編集]

PLASTIC LOVE (EXTENDED CLUB MIX)
竹内まりやシングル
B面 PLASTIC LOVE (NEW RE-MIX)
リリース
規格 12インチ・シングル
レーベル MOON ⁄ ALFA MOON
12":MOON-13002
作詞・作曲 竹内まりや
プロデュース 山下達郎
竹内まりや シングル 年表
マージービートで唄わせて
(1984年)
PLASTIC LOVE
(1985年)
恋の嵐
(1986年)
テンプレートを表示

1985年3月25日に「PLASTIC LOVE (EXTENDED CLUB MIX)」が、12インチ・シングル盤としてリカットされた。カップリングに収録の“NEW RE-MIX”は、カップリング用に作られた、アルバム・バージョンより楽器編成がシンプルな別ミックス[11]。両曲とも、2014年リリースのアルバムVARIETY -30th Anniversary Edition-』にボーナス・トラックとして収録された。

収録曲
全作詞・作曲: 竹内まりや、全編曲: 山下達郎。
#タイトル作詞作曲・編曲時間
A.「PLASTIC LOVE (EXTENDED CLUB MIX)」竹内まりや竹内まりや
B.「PLASTIC LOVE (NEW RE-MIX)」竹内まりや竹内まりや

レコーディング・メンバー[編集]

その他の収録作品[編集]

タイトル 発売日 備考
スタジオ・アルバムVARIETY 1984年4月25日 初出。
シングル夢の続き ('89 remix) 1989年9月10日 8㎝CDとして再発された際に新たにカップリング曲として「PLASTIC LOVE (EXTENDED CLUB MIX)」を収録[注 2]
ライブ・アルバムSouvenir〜Mariya Takeuchi Live 2000年11月22日
シングル「真夜中のナイチンゲール 2001年2月28日 カップリング曲としてライブ・アルバム『Souvenir〜Mariya Takeuchi Live』収録のライブ・ヴァージョンとオリジナル・カラオケ音源の2曲を収録。
ベスト・アルバムExpressions 2008年10月1日

カバー[編集]

アーティスト 収録作品 発売日 備考
アニタ・ムイ アルバム『烈燄紅唇』 1987年12月 広東語版「尋愛」、中国語版「找愛的人」[12]
山下達郎 ライブ・アルバムJOY –TATSURO YAMASHITA LIVE– 1989年11月1日
大西結花 オリジナル・アルバム『ONE WAY CALL』 1991年7月25日
星村麻衣 CDシングル「素直になれない」
スタジオ・アルバム『Joyful』
2005年9月14日
2006年1月25日
9m88 7インチ・シングル「九頭身日奈 (Nine Head Hinano)」 2017年12月20日 台北生まれ、ニューヨーク在住のアーティスト・9m88のアナログ・シングルのカップリングに収録[13]
台湾のレーベル2manyminds Recordsよりリリース[14]
Friday Night Plans 配信リリース 2018年12月5日 Tepppei(Teppei Kakuda)がプロデュースを担当[6]
tofubeats 配信リリース[8] 2019年1月23日
Emma Hazy Minami カバーアルバム[15] 2019年10月16日

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 竹内の活動休止からの復帰作であり、レーベル移籍後初のリリースでもあった。
  2. ^ オリジナルの7インチ・シングルは1987年7月25日に発売され、もとのカップリング曲は「元気を出して」。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 竹内まりやの名曲を若手クリエイター 林響太朗が再解釈。35年の時を越え“プラスティック・ラブ”新MV(Short Ver.)公開”. タワーレコード オンライン ニュース. TOWER RECORDS ONLINE (2019年5月17日). 2019年5月22日閲覧。
  2. ^ a b c d e tofubeats Plastic Love”. Mikiki. TOWER RECORDS ONLINE (2019年1月24日). 2019年5月22日閲覧。
  3. ^ a b 竹内まりやのヒットを探る「臼井孝のヒット曲探検隊 〜アーティスト別 ベストヒット20」(4/4)”. OKMusic. OKWAVE (2018年11月22日). 2019年5月19日閲覧。
  4. ^ a b c d 竹内まりや「プラスティック・ラブ」の新解釈MV、監督は林響太朗”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年5月17日). 2019年5月22日閲覧。
  5. ^ a b c d e 竹内まりや「プラスティック・ラブ」新MV 80sシティポップ再評価の潮流”. KAI-YOU (2019年5月17日). 2019年5月22日閲覧。
  6. ^ a b c Friday Night Plansが竹内まりや「Plastic Love」をカバー 本日配信リリース”. Spincoaster (スピンコースター) (2018年12月5日). 2019年5月22日閲覧。
  7. ^ 「再編集」の意
  8. ^ a b tofubeatsがカバーする竹内まりや「Plastic Love」、プレオーダースタート”. Billboard JAPAN (2019年1月16日). 2019年5月22日閲覧。
  9. ^ a b 竹内まりや 「Plastic Love」Short ver. - YouTube
  10. ^ 竹内まりや、30年前の名曲「プラスティック・ラブ」がドラマ主題歌に”. OKMusic. OKWAVE (2014年10月23日). 2019年5月22日閲覧。
  11. ^ 竹内まりや (2014年). "「VARIETY」曲目解説" [12cmCD]. 竹内まりや 『VARIETY -30th Anniversary Edition-』のアルバム・ノーツ MOONWARNER MUSIC JAPAN (WPCL-12007).
  12. ^ 熊文浩 (2019年5月20日). “city pop 神曲 Plastic Love 35年後出mv 竹內瑪莉亞出道40週年” (中国語). 香港01. 2019年8月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月3日閲覧。
  13. ^ 今、アジア音楽が熱い!必聴のミュージシャン6名。”. VOGUE JAPAN (2019年5月2日). 2019年5月22日閲覧。
  14. ^ 台北生まれNY在住の新世代女子シンガー、9m88が7インチ・シングルをリリース 1月に初の来日公演も”. Spincoaster (スピンコースター) (2017年12月1日). 2019年5月22日閲覧。
  15. ^ “バーチャルシンガーが実写化!? EMMAのMVにトリンドル玲奈が出演”. MoguLive (Mogura). (2029年9月20日). https://www.moguravr.com/virtual-singer-emma-3/ 2020年3月11日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

Warner Music Japan

竹内まりや Official Site