4chan

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
4chan
4chan Logo.png
4chan main page.png
4chanのメインページ
URL
言語 英語
タイプ 画像掲示板
運営者 西村博之
設立者 クリストファー・プール
営利性 営利
登録 登録機能なし(匿名
ユーザー数 約2200万人(月間)[1]
開始 2003年10月1日 (19年前) (2003-10-01)[2]

4chan(4ちゃん/よつばちゃんねる[注 2]、フォーチャン)は、2ちゃんねる創設者の西村博之が管理・運営する、主に英語圏を対象とした世界最大規模の画像掲示板[3][4]2003年10月1日開設[2]

4chanは、2ちゃんねるから分派した、日本スレッドフロート型掲示板ふたば☆ちゃんねる」(2chan.net)で用いられている画像掲示板スクリプトを流用して作成された。開設者のmootは日本のふたば☆ちゃんねるに影響され、非公式姉妹サイトとしている[5]。現在はアクセス数と利用者の数でふたば☆ちゃんねるを超えており[6]、世界最大の画像掲示板となっている。

概要[編集]

  • 4chanは、アメリカ合衆国で最もアクセス数の多いウェブサイトの1つである[7]。また掲示板サイトのアクセス数としても世界第2位にランクインしている(第1位はReddit[7]。2014年時点でこのサイトには1か月あたり約2200万人のユニークユーザーがアクセスしており[7][8]、月間ページビュー数は6億を超えている[1]
  • 4chanは、後述されるさまざまなインターネット・ミーム(ネット上の流行)を作り出してきた[8][9][10]。また、このサイトの匿名性の高いコミュニティと文化は、英語圏のメディアの注目を集めることがある。英ガーディアン紙は、あるとき4chanを「キチガイじみていて、子供っぽいが… おもしろく、こっけいで、驚くべきものだ ("lunatic, juvenile... brilliant, ridiculous and alarming.")」と評価した[11]
  • 4chanは、英語圏のサイトには珍しく、2ちゃんねるふたば☆ちゃんねる同様の匿名掲示板であり、利用者の登録システムが存在しない。名前を記入して記事を投稿することもできるが、投稿者の多くは名前欄を空白にするため「Anonymous」(名無しさん)と表示される。このため「Anonymous」という名の人物が大量の投稿を一人で行っているという勘違いやそれをネタにしたジョークも多く「名無しさんは容赦がない (Anonymous does not forgive)」というキャッチフレーズが生まれている(後述の#集団行動も参照)。
  • 4chanは、一般的に名無し(Anonymous)であることが奨励されるコミュニティである。また、4chanユーザー(4channers)の多くは匿名掲示板で特定の名を名乗ることは無意味だと信じており、群衆の中で目立とうとする者や他人との差異を強調したがる者を「インターネット上の有名人になりたいだけではないか」と批判する。実際には多くのユーザーがハンドルネームと、2ちゃんねる同様のトリップコード[12][13]を利用しているが、こうしたユーザーはしばしばエゴの強さを理由に叩かれ、トリップを利用した固定ハンドル利用者は「トリップを使ったオカマ野郎(『tripcode faggots』または『tripfags』)」と呼ばれることがある。
  • 4chanはサイト開設当初から、ありとあらゆる毀誉褒貶を一身に集め続けているウェブサイトである。また、4chanが生み出したWebコンテンツやムーブメントは、RedditTwitterを経由して、良くも悪くも世界中に大きな影響を与えている[14]WIREDは「インターネット上のほぼすべての悪事が、このサイトから始まり、あるいは盛り上がりを見せている」と評した[20]

背景と構造[編集]

ようこそ、4chanへ!

4chanは、日本の有名な「ふたば☆ちゃんねる」の非公式姉妹サイトになることを目的に設立されました。もちろん、ふたば☆ちゃんねるの座を乗っ取ろうというわけではありませんが・・・日本と同じような掲示板群を、英語で作りあげようとしているのです。完成までは長くて険しいけれど、みんなの協力があるときっと良いコミュニティ・文化ができると思います。

4chanは誰でも気軽に参加できます。しかし、このサイトでの争いごとはやめてください。争いはみんなの雰囲気を悪くするだけです。それさえ守っていただけるならば是非友達に教えてあげてください。日本人も英語を使うならば同じように歓迎します。

このサイトはまだ建設中なので、不完全ですが、我慢してください。サイトを改善するための提案を是非mootにメールで送ってください。

それでは、ゆっくり楽しんでいってください! — The founder of 4chan, Christopher "moot" Poole[5]
4chan創設者のmoot。2008年の「ROFLCon II」会場にて
4chanの親サイト「ふたば☆ちゃんねる」は、2ちゃんねるの分派として2001年8月30日に開設された。

4chanは、ニューヨークに住む「moot」と名乗る当時15歳の学生クリストファー・プールによって2003年10月1日に4chan.netとして立ち上げられた[9]。彼は「ふたば☆ちゃんねる」のような、アニメとテレビ番組について話しあうサイトを、アメリカにも作りたいと思っていたという[9][22][23]

4chanの主要な機能は画像掲示板である[23][24]

4chanの掲示板は、

という7つのカテゴリに分けられており、さらにその下位の個別の話題の掲示板に分割されている。

これらの掲示板は、お絵かき掲示板、画像アップロード掲示板、Flash掲示板、ディスカッション掲示板、ランダム掲示板(random board, "/b/"と通称される)などから構成されており、さらに漫画アニメゲームコスプレおたくヘンタイゴスロリビジネス料理折り紙スポーツ兵器文学音楽写真政治旅行メカ同性愛百合やおい)など30以上の幅広い内容に分かれている。

/a/[編集]

アニメマンガ掲示板(/a/)は、4chanで日本のアニメーション文化などを議論するための掲示板である[25]。/a/の住人は "/a/non(s)" と呼ばれており、海外の日本アニメ愛好家が集まる掲示板という往年のイメージは、彼らによって作り上げられた。

/a/の特徴は、次のように言い表すことができる。

/b/[編集]

4chanで最も活発な掲示板はランダム掲示板 (/b/) であり、その投稿数は一日数十万件と膨大なものになっている。/b/は4chanの開設当初から最も多くの利用者がいる場であり続けており、2009年には4chanで最も人気のあるボードとして説明され、サイト全体のトラフィックの30%を占めていた[29][30]。その活動の活発さと実績から4chanの名を世に知らしめる、名実ともに4chanを代表する掲示板である。

/b/では、あらゆる話題が許可されており、児童ポルノの投稿を除いて、実質的な制限は存在しない。あり体に言えば雑談板であるが、その創造性の活発さや流行の激しさにより、初心者には分かりにくい内輪のジョークや、インターネット・ミームが数多く生み出されている。ちなみに/b/の住人は "/b/tard(s)" と呼ばれており、彼らの一部は4chan発祥の匿名ハッカー集団「アノニマス」の創設メンバーとなった。

/b/の特徴は、次のように言い表すことができる。

  • /b/は、2ちゃんねるにおける「ニュー速VIP板」「なんでも実況J板」に相当する掲示板である。
  • /b/という名称は、ふたば☆ちゃんねるの雑談板「二次裏」のディレクトリ名にちなむ。
  • /b/と/pol/は、4chanの中で最も物議を醸す掲示板である[8][9][31]
  • /b/は、4chanにおいてNSFWに指定されている掲示板の1つである[32]
  • /b/は、4chanで唯一グロテスクな画像を投稿することができる掲示板である[8][33]
  • ネット上のあるあるネタをまとめた「インターネットの規則」(Rules of the Internet)には、次のルールがある[34]
    • ルール1:/b/について話してはいけない。
    • ルール2:/b/について決して話してはいけない。
  • /b/について4chan創設者のmootは次のように語った[35]。「人々は/b/を削除することを提案しましたが、そんなことはできない。それはサイトの生命力によるものです。/b/は最初の板であり、最後になくなる板でもある」

/pol/[編集]

非ポリコレ板(/pol/)のロゴ

政治的に正しくない=非ポリコレ掲示板(Politically Incorrect)は、4chanで政治討議をする掲示板であり、"/pol/"と呼ばれている。2011年11月、人種差別的な議論のために削除されたニュース掲示板(/new/)の代替として開設された。

/pol/には人種差別的な投稿が大量に行われており、2017年時点で/pol/は4chanの中で1日あたりのアクセス数が最大ともいわれている[14]。また、その利用者の多くは2016年アメリカ合衆国大統領選挙ドナルド・トランプを支持した。

/pol/の悪名高さを象徴するエピソードとして、YouTuberのYannic Kilcherが、/pol/に投稿された約330万件のスレッドから抽出したデータセットをもとに、自然言語AI「GPT-4chan」を作成したところ、卑劣なヘイトスピーチをまき散らすだけのbotが出来あがったというものがある[36]。Kilcherは検証目的で実際にbotを/pol/に放流したため、多くのAI研究者は困惑と懸念を表明したが、Kilcherは「そもそも4chanの環境自体が非常に悪質なため、botが展開されたところで影響は及ばない」と反論している[37]

OKサイン[編集]

2017年頃には/pol/のオルタナ右翼[38]リベラルをからかうため、OKサインをしたカエルのペペ[39]ミームにあやかって「OKサイン白人至上主義の象徴」というデマを流布した[38]。これは欧米のメディアでも取り上げられ、OKサインはレイシズムジェスチャーという考えが実際に世界中で広がっている。またOKサインは2019年に発生したクライストチャーチモスク銃乱射事件において、4chanから分派した8chanマニフェストを投稿した犯人が示した特徴的な仕草としても話題になった[40][41]

ピザゲートとQアノン[編集]

児童性的虐待の関与を疑われたピザ店、コメット・ピンポン[42]
「バッファロー男」という異名で知られているQアノン信奉者のジェイク・アンジェリ

/pol/発の荒唐無稽な陰謀論は、SNSや保守系サイトをハブとしてアメリカ合衆国の政治にも影響を与えている。

2016年の米大統領選挙中、/pol/のユーザーはワシントンDC郊外のピザ店「コメット・ピンポン」の地下で、ヒラリー・クリントン陣営が児童売春を行っているという陰謀論を冗談半分で流した。その後、この陰謀論はドナルド・トランプを支持するオルタナ右翼を中心に「ピザゲート[注 3]としてRedditTwitterで広く拡散され、同年11月には#Pizzagateのハッシュタグ付きでつぶやかれたツイートが100万以上にのぼった[43][44]。ピザ店には嫌がらせが連日殺到し、無関係の近隣書店も被害を受けた。同年12月4日には、ピザゲートを信じた男がライフル銃を持ってピザ店を襲撃する事件を起こす。さすがにドン引きした/pol/のユーザーは「捜査のかく乱を狙った工作員による偽旗作戦」と主張したが[45]、そもそもピザ店に地下室など存在しなかった[46]

ピザゲートは一般的に「ポスト真実の政治」や「フェイクニュース」を象徴する社会現象とみなされている[47]産経新聞はピザゲートを引き合いに「4chanに翻弄される米国政治」「偽ニュースがヒラリー氏の敗因?」と評した[46]。また、ピザ店のオーナーは銃撃事件を受けて「フェイクで無謀な陰謀論をいたずらに広めると、その結果として、どういうことが起きるか…今日の出来事は、それをはっきり示している」と警鐘を鳴らしている[48]

ピザゲートの余波が続くなか、2017年10月28日に「Q」というユーザが「嵐の前の静けさ」(Calm Before the Storm)というスレッドを/pol/に投稿した。これが無根拠かつ異形の陰謀論者集団「Qアノン」の誕生につながっている。政府の内通者を自称する「Q」は次のように主張した[49]

2018年1月に「Q」は4chanから8chan(現・8kun)に移行し、Qムーブメントは2021年1月6日の米議会議事堂襲撃事件で最高潮に達した。

掲示板リスト[編集]

4chanの掲示板群は、大きく分けて全年齢向けと成人向け(+18) のボードに区分される。これらの掲示板群についてTechCrunchは「テーマはコスプレかわいい動物の写真といった無害なものからアニメ・ポルノ、さらには悪名高い無検閲の"/b/"までなんでもありだ」「4chanはインターネットにおける人間性の善、悪、醜を遺憾なくわれわれに見せつけてくれた」と評価している[50]

通称 名称 日本語 概要
/a/ Anime & Manga アニメとマンガ
/aco/ Adult Cartoons +18 アダルト漫画 /co/のサブフォーラム。ヘンタイは/h/に移管されている。
/adv/ Advice アドバイス 本のヒントから自殺の方法まで多岐にわたるアドバイスが掲載されている掲示板。アノニマスの回答はジョークか真剣な助言であることが多い。
/an/ Animals & Nature 動物自然 動物と自然の写真の掲示板(動物虐待の画像は許可されていない)
/asp/ Alternative Sports エクストリームスポーツ レスリングスケートボードBMXなどエクストリームスポーツ専門掲示板
/b/ Random +18 ランダム
/bant/ International/Random +18 海外のランダム /b/のサブフォーラム
/biz/ Business & Finance ビジネスと金融 ビジネス、金融、経済学に関連する掲示板。政治的議論は/pol/に、陰謀論は/x/に移管されている。
/c/ Anime & Cute アニメ・かわいい かわいさを感じるアニメ画像のみを受け付けている掲示板
/cgl/ Cosplay & EGL コスプレゴスロリ コスプレとゴシック・アンド・ロリータがテーマの掲示板
/ck/ Food & Cooking 食べ物と料理 食べ物と料理がテーマの掲示板。食べ物の写真、レシピ、食べ物の議論が歓迎されている。
/cm/ Cute Male かわいい男の子 /c/と似ているが男性の画像のみ許可される(少年愛も掲載可能だが、やおいは/y/に移管)
/co/ Comics & Cartoons コミックとカートゥーン 漫画やカートゥーン(アメリカのアニメーション)についての掲示板(成人向けコンテンツは/aco/に移管)
/d/ Hentai/Alternative +18 ヘンタイ/オルタナティブ 変態専門掲示板。触手モンスターやボンデージなどの露骨なポルノが中心。
/diy/ Do-It-Yourself DIY 自分で何かを作るのに必要なガイドや取扱説明書を投稿する掲示板
/e/ Ecchi +18 エッチ ヌードとソフトコア(二次エロ)の掲示板。露骨なポルノは/d/に移管されている。
/f/ Flash +18 Flashアニメ SWFファイルを共有するための掲示板
/fa/ Fashion ファッション ファッションのみが議論されている掲示板
/fit/ Fitness フィットネス ダイエットや運動などにまつわる掲示板
/g/ Technology 技術 現在、過去、未来の技術について話しあう掲示板
/gd/ Graphic Design グラフィックデザイン グラフィックデザインとそのテクニック(Adobe Photoshopなど)について話し合う掲示板。リクエストは/r/に移管されている。
/gif/ Animated GIF +18 GIFNSFW GIF画像のみ共有できる掲示板(成人向けコンテンツを含む)
/h/ Hentai +18 ヘンタイ 日本のエロマンガエロアニメなどを共有する掲示板
/hc/ Hardcore +18 ハードコアポルノ ハードコアポルノ専門の掲示板
/his/ History & Humanities 歴史人文科学 歴史哲学宗教法律考古学人類学古代言語古典芸術人文科学に特化した掲示板。露骨な人種差別やトローリング(荒らし)は容認されておらず、知的な談話が期待されている。そのため差別的な議論が多い/pol/からの投稿者は嫌われる傾向にある[51]
/hm/ Handsome Men +18 ハンサム ゲイのポルノ写真のみが許可されている掲示板
/hr/ High Resolution +18 高解像度画像 高解像度の画像のみが許可されている掲示板。制限は画質のみで特定のトピックは存在しない。
/i/ Oekaki +18 お絵かき掲示板 英語圏最大規模のお絵かき掲示板
/ic/ Artwork/Critique +18 イラスト/レビュー オリジナルイラストを投稿・批評する掲示板(他人のイラストはアップロード禁止)
/int/ International インターナショナル アメリカ以外の文化や言語について敬意と寛容をもって話し合う掲示板
/jp/ Otaku Culture おたく 日本のおたく文化について話し合う掲示板
/k/ Weapons 兵器 軍事マニアが話し合う掲示板。/k/が起源となった悪名高いミームとして、公権力を嫌悪するガンマニアによる過激主義運動「ブーガルー」がある[52]
/l/ Lolikon ロリコン かつて存在した掲示板。児童ポルノの投稿が問題視され、2004年10月に削除された[53]
/lgbt/ LGBT LGBT LGBTコミュニティ(レズビアンゲイバイセクシュアルトランスジェンダー)とそのライフスタイルについて敬意と寛容をもって議論する掲示板
/lit/ Literature 文学 文学について話し合う掲示板(ただしファン・フィクションは許可されていない)
/m/ Mecha メカ メカ(マジンガーZロボテックなど)について話し合う掲示板
/mlp/ Pony マイリトルポニー〜トモダチは魔法〜 テレビアニメマイリトルポニー〜トモダチは魔法〜』専門掲示板
/mu/ Music 音楽 音楽、楽器、歌手について話し合う掲示板
/n/ Transportation 交通/輸送 一輪車から飛行機まで多様な移動手段を扱う掲示板。自動車は/o/に移管されている。
/news/ News ニュース 今日起こっているニュースや事柄を広める掲示板。前身の/new/は2011年1月に人種差別的な議論のため閉鎖され、代替板として/pol/が開設された。現在は/news/として再開されている。
/o/ Auto 自動車 自動車もしくはレーシングカーを扱う掲示板
/out/ Outdoors アウトドア ハイキングやキャンプなどについて議論する掲示板
/p/ Photography 写真 ユーザーが撮影した写真を共有する掲示板。目的のないランダムな写真をアップロードすることは推奨されていない。
/po/ Papercraft & Origami ペーパークラフト折り紙 折り紙や紙工芸の写真をアップロードする掲示板
/pol/ Politically Incorrect +18 政治的に正しくない
/r/ Request +18 リクエスト(NSFW) リクエスト専門の掲示板。特定の画像やリンクが必要な場合は、そのトピックを開始し、ユーザーが情報提供するのを待つ必要がある。
/rs/ Rapidshares +18 ラピッドシェア ファイルのダウンロードアドレスを共有する掲示板。RapidShareのサービス終了に伴い閉鎖。
/r9k/ ROBOT9001 +18 ROBOT9001 オリジナルのアイデアのみ共有できる掲示板
/s4s/ Shit 4chan Says +18 たわごと 4chanらしい冗談を投稿できる掲示板
/s/ Sexy Beautiful Women +18 セクシーで美しい女性 女性の画像(三次元)のみ共有できる掲示板(男性と未成年者の画像は共有できない)
/sci/ Science & Math 科学数学 科学と数学に関連する話題を共有する掲示板(宗教と科学の議論は許可されていない)
/soc/ Social +18 社会生活 SNSのアドレスを共有し、カジュアルな出会いを提供する掲示板
/sp/ Sports スポーツ どんなスポーツでも扱える掲示板
/t/ Torrents +18 トレント 日本のアダルトビデオなどをBitTorrentで共有する掲示板
/tg/ Traditional Games ボードゲーム ビデオゲーム以外の伝統的なゲーム(ボードゲーム)について話し合う掲示板
/toy/ Toys おもちゃ おもちゃやフィギュアについての画像やトークのみを話し合う掲示板
/trash/ Trash - Off-Topic ごみ箱 板違いスレの集積所。4chanのURL末尾にディレクトリ名を手入力することでアクセス可能。
/trv/ Travel 旅行 行きたい場所や訪れた場所の画像や話を共有する掲示板
/tv/ Television & Film テレビと映画 テレビドラマ映画全般について話し合う掲示板
/u/ Yuri +18 百合 百合画像(女性同士のソフトコア)のみを扱う掲示板。ここに男性の画像は投稿できない。
/v/ Video Games ビデオゲーム テレビゲームコンソールの掲示板。/v/はゲーマーゲート論争において主要な役割を果たし、表現の自由を支持する立場からフェミニストらの表現規制論を弾劾した[54]。2014年9月、論争の激化に伴い、4chanでゲーマーゲートの話題が禁止された後、/v/のユーザーとゲーマーゲートの関係者は4chanと決別し、避難所として8chanに移行した[55]
/vg/ Video Game Generals ビデオゲーム全般 /v/のサブフォーラム。主にゲームのタイトル・ジャンル・ストーリーが扱われる。
/vip/ Very Important Posts 非常に重要な投稿 有料会員(4chan Passユーザー)向けのボード。4chanのURL末尾にディレクトリ名を手入力することでアクセス可能。
/vp/ Pokémon ポケモン ポケットモンスター』専門掲示板
/vr/ Retro Games レトロゲーム 1999年以前にリリースされたゲームについて話し合う掲示板。第6世代のゲーム機について話すことは許可されていない。
/vt/ Virtual YouTubers バーチャルYouTuber バーチャルYouTuberについて話し合う掲示板
/w/ Anime Wallpapers 壁紙/アニメ アニメの壁紙を共有する掲示板
/wg/ Wallpaper General +18 壁紙/一般 あらゆるタイプ・サイズの壁紙を共有する掲示板
/wsg/ GIF GIF(SFW) 職場で閲覧しても安全なGIF画像のみ共有できる掲示板
/wsr/ Worksafe requests リクエスト(SFW) 職場で閲覧しても安全なリクエストのみ行える掲示板
/x/ Paranormal +18 超常現象 超常現象クリーピーパスタ都市伝説コピペ風短編)を専門に扱う掲示板。2ちゃんねるオカルト超常現象板に相当する。
/y/ Yaoi +18 やおい やおい(男性同士の同性愛を描いた絵)専門の掲示板
/3/ 3DCG 3DCG CGIで作成された3次元のオブジェクトに特化している掲示板

アーカイブ[編集]

4chanの投稿は一定期間で削除されるため、2ちゃんねると違って過去のスレッドを参照することは出来ない。また4chanは、インターネットアーカイブが運営するウェイバックマシンの検索結果からも除外されている。これは画像データの保存に膨大な費用を要すること、過去の投稿が削除されるふたば☆ちゃんねる画像掲示板スクリプトを4chanが流用していること、サイトのアンダーグラウンド性などが主な理由として挙げられる。このような性質上、4chanでは提供される話題が短時間で次から次へと流れていくため、4chanの住人でない者には極めて理解しづらい独自の文化が形成されている。

その一方で「完全な匿名性」と「過去の投稿が記録されない」という秘匿性が高いシステムは、気軽で自由な投稿を行える利点となり、2005年から2007年にかけて4chanは英語圏のインターネットカルチャーの中心となった[56]。現在も4chanは常にインターネット・ミームが生成される、世界最大級のフォーラムであり続けている。

4chanのアーカイブサイト
4chanのアーカイバにはFuukaAsagiなどの専用ソフトウェア[57]が使われており、2010年代以降はウェイバックマシンを除く複数のアーカイブサイトが4chanのスレッドや画像を非公式に保存している[56]

歴史[編集]

日本で発祥したスレッドフロート型匿名掲示板の系統図。4chanは、ふたば☆ちゃんねるの分派であり、2ちゃんねるの孫サイトにあたる。
mootの姉貴分にあたる2chan(ふたば)管理人は、画像掲示板を介した大規模かつ幅広い交流を日本で確立した先駆者である。ただし、本人が公の場に姿を現したことはなく、その正体は謎に包まれている。

4chanは、世界各国のユーモアサイトを紹介している電子掲示板Something Awful」の支部として、日本の画像掲示板ふたば☆ちゃんねる」のソースコードを流用し、2003年10月1日に開設された[58][59]

ロサンゼルス・タイムズ』によれば、4chanはインターネット上で最も多くのトラフィックを集める画像掲示板である[60]。またアレクサによる統計でも1000位程度の順位を維持している[61]。2008年、米Time誌は「インターネットで4番目に大きな掲示板サイト」と4chanを紹介した[62]

しかし、掲示板は資金難のために機能を停止する事態がしばしば起きている。

  • 1回目の運営停止:2003年10月17日
  • 2回目の運営停止:2003年11月20日
  • 3回目の運営停止:2004年1月
  • 4回目の運営停止:2004年6月20日
  • 5回目の運営停止:2008年7月23日
  • 6回目の運営停止:2008年8月7日
  • 7回目の運営停止:2009年1月9日

この他にも、たびたびサーバーダウンが発生する。

2009年4月、米Time誌が行ったインターネット投票で、4chan創設者のmootが「2008年の世界で最も影響力のある100人」に選ばれた[63]。この投票で選ばれた他の候補者の頭文字をつなげると、4chanのインターネット・ミームに関連するフレーズだったことから、これは4chan版「田代祭」に相当する組織票とみられている。

ゲーマーゲート論争[編集]

4chanを追放されたゲーマーゲート8chanに移行した。その後、8chanはヘイトの巣窟となり、銃乱射事件の犯行予告に繰り返し使われた為、サービス提供者のCloudflareは「ヘイトの肥溜め」として8chanを永久追放した[7][64]

2015年1月、4chan創設者のmootは管理人を引退した。理由としてゲーマーゲート[注 3]の話題を禁止したことで受けた殺害予告や誹謗中傷によるストレスとその対応負担を挙げている[65]ゲーマーゲートとは表現の自由を支持するゲーマーと、女性差別の観点から表現規制を掲げるフェミニストらとの対立に起因する嫌がらせや反リベラル運動を指し、4chanユーザーの多くがリベラルから反ポリティカル・コレクトネスに転向したきっかけのひとつとされている。また一部の過激なゲーマーゲートは、ゲーム業界の女性に対して個人情報の流出犯罪予告などの嫌がらせを行ったため、4chanではゲーマーゲートの話題が2014年9月に禁止された(4chanでは個人の政治的信条を述べたり、議論することは出来るが、それを積極行動主義に移すことは禁止されている)[55][66]

その後、ゲーマーゲートの関係者の多くは4chanの避難所として8chanに活動の場を移し[67]、彼らの一部は極右ネオナチ白人至上主義と合流してオルタナ右翼Qアノンの構成員となった[54][53]。ちなみに言論の自由の象徴である4chanが大規模な表現規制を行ったのは前代未聞のことであり、ゲーマーゲートは米匿名掲示板文化=CHANカルチャーの変化と分裂を誘発させ、結果的にアメリカの分断を招いたという意味でも歴史上のターニングポイント的な論争となった。

初代管理人のmootからひろゆきに管理人が交代[編集]

現管理人の西村博之は4chanや8chanを含む他すべての「chan」サイトの前々身となった2ちゃんねるの開設者として知られている。

2015年9月21日、管理人がmootから2ちゃんねるの創設者としてよく知られている「ひろゆき」こと西村博之に交代した[4][68][69][70]。米New York Timesによると、ひろゆきが4chanを買収したというが、買収金額などの詳細は明かされていない。ひろゆきは買収の経緯について4chanのQ&Aセッションで「mootと東京で飲んだときに、彼が辞めたいと明かした。でも彼と私は4chanを残したいと考えた。誰かが4chanを続けなければならない」として自身からサイトの購入を申し出たと述べている。また買収資金は借りたとしているが、金額については「mootに聞いて」と答えている[70][71]

買収に関して海外メディアが独自入手した内部資料によると、4chanの買収にはニコニコ動画を運営するドワンゴ未来検索ブラジルグッドスマイルカンパニーの三社が少なくとも関与している[72]。また秘密保持契約の取引責任者には、グッドスマイルカンパニー・安藝貴範社長の氏名も記載されているが、元2ちゃんねる副管理人の山本一郎は「スポンサーシップと言っても頼まれて面白そうだからとカネを出したに過ぎない話なんじゃないか」と推察しており[73]、これら企業が現在も4chanの運営に関与しているかは不明である[72]

mootは4chanに投稿した「FULL CIRCLE」(すべてつながってるんだ)という発表文で「ひろゆき氏は匿名コミュニティーのパイオニアであり、4chanの曽祖父(ひいおじいさん)とみなすことができる(4chanの親である『ふたば☆ちゃんねる』の親にあたる『2ちゃんねる』の親なので)。1999年に立ち上げた2ちゃんねるは、4chanを触発したふたば☆ちゃんねるの開設につながったのだから。もし彼がいなかったら、4chan、そして『全ての』匿名画像掲示板は、もしかしたらこんにち誰も使ってなかったかもしれないんだ」とし、「ひろゆき氏ほど4chanのリーダーに適任の人はいない」と語った[4][68]。これに対して、ひろゆきは自身のTwitterで「I am not so old to be called "great-grandpa", ain't I?」(おいらは“ひいおじいちゃん”と呼ばれるほど年寄りじゃないよ)と英語でツイートした[74]。また、ひろゆきは自身のブログでも「インターネット・ミームとアノニマス(匿名)の歴史に長年貢献してきた4chanコミュニティーの一員として、みなさんと一緒に働けることを誇りに思います」というメッセージを英語で投稿し、最後に「一緒に素晴らしいものを作りましょう」と締めくくった[75]

2016年10月2日、ひろゆきは4chanの再建に失敗したことを謝罪した[35]。ひろゆきによると、4chanを現状のまま維持しようとしたものの、そのアンダーグラウンド性から広告収入が少ないため、CDNの導入や新規サーバに充てる費用を充分に捻出することができず、インフラや回線利用料の支払いも厳しくなっており、現状のまま維持していくことは不可能であると明かした[21]。2018年になると、ひろゆきは4chanを2つのサイトに分割した[76]。以後、既存の4chan.org(NSFW)ではアダルト広告が、全年齢向けの4channel.org(SFW)では、Steamゲーム暗号通貨NFTなどの広告が掲載されるようになった[76]

もともと4chanは、データ転送量の増大と、掲示板使用が無料であることから、資金難がしばしば問題になっていた[21]。4chanは頻繁に寄付を呼びかけているが[9]、こうした資金難の背景には、児童ポルノが投稿される掲示板の存在が多くのプロバイダの利用規定に違反しているのが原因との指摘がある。また2010年代以降の4chanは、ネットいじめ個人情報の晒しヘイトスピーチフェイクニュースQアノン陰謀論クラッキングによるデータ漏えい、インセル思想、トランプ政権の誕生、白人至上主義を助長するオルタナ右翼の台頭、ホームグロウン・テロリズム、そして数々の無差別大量殺人事件と密接に結びつけられ、ますます悪名を高めている[8][14][35]。このことから、大手広告主が4chanと関係を持ちたがらないという指摘もあるが、ひろゆきは「そうは思わない」とした上で「このサイトを浄化する計画はない」とMashableのメール取材で回答した[35]。これに関してジャーナリスト清義明は「前のオーナーであるクリストファー・プール氏は、まだゲーマーゲート事件の書き込みの規制を行い、なんとか騒ぎをおさめようとしていた」「ひろゆきがオーナーになって、日本基準ともいえる自由放任主義の掲示板になった4chanは、オルタナ右翼と差別主義者に完全に乗っ取られたかのようなダーク無法地帯となった」と批判的に論じている[77]

現在の4chanは有志のサポートと、ボランティアのモデレーターによって運営されている[3][8][14]。4chan関係者によると、ひろゆきはサイト管理をほとんど放置しており、主にRapeApeという部下にモデレーションを任せているという[14]VICEによれば、RapeApeは保守的な人種差別主義者で、元関係者は「RapeApeの政治的信念を反映したものに4chanは変化していった」と批判している[14]。これら経緯からVICEは、4chanが危険な掃き溜めになったのは、極右的なコンテンツを増幅させようとするサイト管理者と、それを気にしないオーナーのせいであると結論づけた[14]

2021年8月27日、米国下院特別委員会英語版は、4chanや8kun米連邦議会襲撃事件の記録を提出するように要求した[76][78]

Something Awfulの影響とCHANカルチャー[編集]

かつてmootは、Something Awfulにあった「アニメ・デス・触手・レイプ・娼婦」(Anime Death Tentacle Rape Whorehouse、ADTRW)というサブフォーラムのアクティブユーザーであった[76][79]。このフォーラムは「ふたば☆ちゃんねる」の影響を強く受けており、英語圏のおたくにも人気があったが、サイト運営者のLowtaxは、ロリ画像を貼り付けるADTRW民を好ましく思っておらず、ロリコン/小児性愛にまつわる投稿を禁止してしまう[80]。そこでmootは、より表現の自由を重視した「4chan」を「ふたば☆ちゃんねる」の非公式姉妹サイトとして開設した[5][81][82]。4chanはシンプルなデザインであったことに加え、自由なコミュニケーションが可能だったことから、ADTRWの難民は「/b/」(ランダム)という4chanで最も自由なボードに移住していった[79]。つまり「/b/」の直接的なルーツは「ふたば☆ちゃんねる」よりも「Something Awful」に由来するところが大きいといえる[83]。また、こうした英語圏の匿名コミュニティには、良識派を逆撫でするようなユーザーが数多く存在しており、しばしば彼らは良識的なフォーラムに、下品な釣り画像(Goatse)を貼り付けるいたずらを行った[83]

「釣り(troll)」などの荒らし行為を用いて、メインストリームのタブーを容赦なく侵犯する、匿名コミュニティ特有のアイロニックウィットの効いたサブカルチャーは、4chanの「/b/」を経ながら、世界で最も有名な釣り動画「リックロール」の流行を経て[9]アノニマスハクティビズムに結実した。しかし、逮捕者が続出し、アノニマスが勢いを失ったあと、2014年に勃発したゲーマーゲート論争をきっかけに4chanは右傾化していく。またchan系サイトで醸成された、冷笑的かつ露悪的な大衆文化、すなわちCHANカルチャーは、白人至上主義を志向するオルタナ右翼の政治的なプロパガンダとしても利用された[66][83][84]。これに関してWIREDは「オルタナ右翼による勧誘の多くは、ここで試験的に行われた。多くの白人至上主義者は4ちゃんねらーとして出発したのである」と報じている[20]。その後、カエルのペペ[39][14]に代表される、オルタナ右翼のインターネット・ミームは、4chanや8chanの「/pol/」を経て、全米を震撼させたピザゲートQアノンなど極右陰謀論に発展し、2021年1月6日に発生した米連邦議会議事堂襲撃事件で一時的なクライマックスを迎えた[85]

トランプ支持者、オルタナ右翼Qアノン陰謀論者が「民主主義の象徴」である米議会議事堂を襲撃・占拠している様子(2021年1月6日)

こうした4chanの変化については諸説があり、専門家の間でも「人種差別を煽るようなドナルド・トランプの影響」または「新規ユーザーの流入」あるいは「ネオナチによる4ちゃんねらーへの積極的な勧誘」と意見が割れている。また、ひろゆきが4chanを買収し、モデレーターのRapeApeが事実上の管理人になったのは「/pol/」で人種差別的な投稿が40%も急増した時期と重なっているが、この頃から他のBBSやSNSも右傾化していったため、4chanが極右的コミュニティへと傾斜した理由について、RapeApeや/pol/だけに還元することはできない[14]

木澤佐登志は、ポリティカル・コレクトネスを冗談半分でこき下ろすようなCHANカルチャーについて、90年代以来のインターネット的なアンダーグラウンド精神の残滓を見て取ることは、それほど難しくないと指摘した上で、匿名掲示板文化の根幹を担う自由民主主義の「危機」を次のように論じた[83]

トランプ現象を含めたここ数年のインターネットの空気は、結局リベラル的価値観が機能不全に陥っていることの現れなのかもしれない。もはや人々は、「平等」や「民主主義」などの普遍的だと思われていた価値観を信じていない。というより、信じることができない。それは言い換えれば「私たちの住む社会はより良くなっていく」という、近代西欧が育んできた「進歩史観」そのものに対する不信感でもあるのではないか。閉塞した現代社会を生きる私たちは、今よりもマシな社会が訪れることをもはや想像してみることすらできない。

また4chanから派生した、世界で最も悪名高い匿名掲示板「8chan」の開設者であるフレドリック・ブレンナンは、サイバースペースにおける言論の自由の限界と、8chanへの幻滅を次のように語った[86]

言論の自由の社会実験は失敗しました。言論の自由を進めすぎると良いことにはならない。無制限の言論の自由の結果が、現在起きていることなのです。当時、私は若かった。もし時間を巻き戻せるならば、決して8chanをつくることはないでしょう。

4chanから派生した主な匿名掲示板サイト[編集]

4chanは画像掲示板の代名詞的存在であり、機能やスタイルなど4chanを参考に作られた掲示板が無数に存在する。代表的な派生サイトとしては、次のようなものがある。

4chan発のインターネット・ミーム[編集]

2011年の「アニメ・エキスポ」会場にて。4chanで最も人気があるケモノアニメ『マイリトルポニー〜トモダチは魔法〜』に登場するフラッターシャイ(左)と、2ちゃんねる〜4chan発祥のインターネット・ミームとして有名なクマー/ペドベアー(右)のコスプレ

英語圏におけるインターネット・ミームの多くは、4chanのランダム掲示板 (/b/) 発である。それはランダム掲示板の投稿量の多さによるものだろう。ミームMeme、文化的遺伝子)とは、人から人へとコピーされる文化情報という意味で、進化生物学者リチャード・ドーキンスが著書『利己的な遺伝子』において提唱した造語である。とくにネット上に爆発的に広まるフレーズや画像は、インターネット・ミームと呼ばれる[88]。4chanでは画像を使ったレスポンスのやり取りが特徴で、とてつもないスピードで意匠の模倣とアレンジが繰り返され、その過程で人気を得たものが、自然と外に広がっていく[89]。かつてFOXニュースは「インターネットで最もパワフルな人々が集まる場所」「良心の呵責がない人の秘密の巨大カルチャー発電所」と4chanを評した[53]

中でも特筆すべきインターネット・ミームは、

などが挙げられる[8][9][95]

また、4chanでは日本発の有名なキャラクター(小岩井よつば[96]どーもくん大阪霧雨魔理沙黒木智子輿水幸子のようなキャラクターなど)や2ちゃんねる発祥のアスキーアートクマー/ペドベアーなど)が使われることもある[注 4]

その他、4chanでは政治的な萌え擬人化も散見される。たとえば2014年に西アフリカでエボラ出血熱が流行した際は、エボラウイルスを萌え擬人化した「エボラちゃん」(Ebola-chan)が4chanで作られた[8]。また新型コロナウイルスの流行が始まった2020年1月には、/pol/のユーザーが新型コロナウイルスを萌え擬人化した「コロナちゃん」(Corona-chan)を作り、中国ネット界で物議を醸した[97][98]

カエルのペペ[編集]

英語圏で最も有名なインターネット・ミームに「カエルのペペ」(Pepe the Frog)がある。元々これはマット・フュリーの日常系Web漫画『Boy's Club』に登場する、お気楽なキャラクターだった。あるとき、下半身丸出しで「Feels good man」(気持ちいいぜ)とつぶやく間抜けな姿がインターネット・ユーザーに受け、怒りや哀しみといったリアクションを表現する、自画像的なスタンプとして、2008年頃から4chanの/b/で使われ始めた[100]。これがムーブメントの始まりである。その後、4chanでは模倣と改変が繰り返され、Sad Pepe(悲しみのペペ)やSmug Pepe(ドヤ顔のペペ)などの亜種も登場した。

しかし、2015年頃から非ポリコレ板(/pol/)のオルタナ右翼によって、ペペは白人至上主義ネオナチなど人種差別の象徴として広く拡散された。2016年の米大統領選では、ドナルド・トランプ大統領を模したドヤ顔のペペ(Smug Pepe)が大量に投稿され、トランプ本人も公式Twitterで画像をリツイートした[89]。このような動きに危機感を覚えた作者のマットは、2016年から「#SavePepe」というハッシュタグと共に、ペペの平和でお気楽なイメージを取り戻す活動を行ったが、努力の甲斐もむなしく、2016年9月には、米ユダヤ団体の名誉毀損防止同盟(ADL)がぺぺを「ヘイトシンボル」として正式認定するに至った[39][101]。そして2017年5月、マットは最新話で自らペペを葬った。コミック・ブック・リソーシズは「恐らくマットにとって自分のキャラを取り戻す最善の方法だったでしょう。ペペの魂は創作者の元に戻ったのです」とコメントしている[102]

2020年には、4chanとペペをめぐる一連の騒動と顛末に迫ったドキュメンタリー映画フィールズ・グッド・マン』が公開された。文芸評論家藤田直哉は、朝日新聞に寄稿した映画評論で、トランプ現象を生みだしたアメリカのネット社会について次のように論じている[89]

これはインターネット・ミームの力である。インターネットで流通しやすいミームは、人々が高速で即座に反応するメディアの性質を反映し、思考を要さず感情を駆動させるものになりやすい。理性的で批判的な思考は、ネットのゲーム的なやり取りの中では働きにくい。だから、屈辱や惨めさに理由を与え、「あいつらが悪い」と示してくれる思想に飛びつきやすくなる。そして、デマや陰謀論が流通する。匿名掲示板の文化や、新しいメディア・テクノロジーによって、これまでにない政治的な感性が形成されている。生きる上での苦悩、絶望、羨望、怒り。それらとテクノロジーが複合したうねりは、注目に値する。めちゃくちゃにしてやりたい衝動が、ネットから現実に出てトランプ現象が起きたと映画は分析する。その衝動は世界の破滅すら望む。そんな悲しい姿を映画は捉えていた。〔……〕

映画公開後の2021年1月6日、ペペが統治する架空の国家・ケキスタン共和国英語版の国旗を掲げた暴徒が、米連邦議会議事堂を襲撃した[94]。『フィールズ・グッド・マン』プロデューサーのジョルジオ・アンジェリーニは「4chanがそのまま現実になった出来事だった。あれは映画のエピローグ、続きのような出来事だと感じた」とコメントしている[39]

メディアによる注目[編集]

4chanは既存マスメディアおよびインターネット内部で、良くも悪くも注目されており、物議を醸す事件に巻きこまれることもある。

集団行動[編集]

サイエントロジー教会に現れた「アノニマス」のメンバーたち。ガイ・フォークスの面をかぶっている
サイエントロジー教会に抗議するProject Chanology英語版のメンバーたち。世界の少なくとも100の都市で約7000人が同時に抗議を行った。

2008年頃から4chanの利用者が中心となって「Anonymous」(アノニマス=匿名=名無しさん、日本の2ちゃんねらーに相当する集団、詳細は「英語版: Anonymous (group)」も参照)と呼ばれるグループを、掲示板サイト「420chan英語版」「711chan」「サムシング・オーフル・フォーラム」(Something Awful Forums) 、ウィキサイト「エンサイクロペディア・ドラマティカ」(Encyclopedia Dramatica)、動画共有サイトYouTube」などの利用者とともに作りあげた。以後、カルト教団ネット検閲と戦うネット上の「祭り」に参加したり、または「祭り」を仕掛けたりしている[103]。特に、サイエントロジー教会広告攻勢に対抗して、信者の有名人や教会にデモ活動DDoS攻撃を仕掛けた「Project Chanology英語版」は名高い[104][105]。その他、YouTube porn day[106]など、ことあるごとに「アノニマス」は集団でデモやDDoS攻撃を行っている。

2010年のOperation Titstorm では、オーストラリア政府のポルノコンテンツ用フィルターに対して抗議運動を仕掛けた[107]。同年のOperation Payback(仕返し作戦)では、P2Pによるファイル交換への規制に対して反撃を行い、海賊版を流通させるサイトにDDoS攻撃を仕掛けたソフト会社や世界的な音楽や映画の著作権者団体のサイトを攻撃したほか、アメリカ外交公電Wikileaks流出事件にあたって、ウィキリークスに対してホスティングを断ったり送金を断ったりしたクレジットカード会社や送金サービス会社、ジュリアン・アサンジ代表に逮捕状を出したスウェーデン当局などに対して極めて大規模なDDoS攻撃を行っている[108][109]

ワシントンポスト紙は「インターネットの歴史の中で最も説得力のある集団行動を4chanユーザーは実行した」と評価している[8][110]

犯罪予告[編集]

2015年ローズバーグ銃撃事件[編集]

2015年10月1日にアメリカ合衆国オレゴン州ローズバーグの2年制大学で起きた銃乱射事件で、警官に射殺された被疑者と見られる人物による事件の予告と見られる書き込みが4chanのインセル掲示板にあったことが明らかになった[111]。この事件についてWIREDは、4chanとインセル思想に関わる最初の大量殺人事件になったと指摘している[76]

2022年バッファロー銃乱射事件[編集]

2022年5月14日、アメリカ合衆国ニューヨーク州バッファローのスーパーマーケットで黒人を狙った銃乱射事件が発生した。犯人は18歳の青年で、4chanの/pol/と/k/のアクティブユーザーであったという。また白人至上主義反移民主義に基づく憎悪に満ちた内容の犯行声明を4chanに投稿していたことが、事件後に明らかにされた。犯行声明は180ページ以上にのぼる。犯人は襲撃の直前にライブストリーム動画をTwitchで配信し、4chanユーザーはその動画を拡散させた[7][112][113]。事件後、ニューヨークの司法長官は、容疑者が利用していたTwitchDiscord、および4chanと8chan(現・8kun)への捜査を開始したと明らかにした[114][115][116]。また4chan管理人のひろゆきの元には、非常に拘束力が強い「サピーナ」と呼ばれる罰則付召喚令状が送付され、州当局から情報提供を求められているという[117]。これに関連して元2ちゃんねる副管理人の山本一郎は「代理人経由で米捜査当局から4chanや8kunの実情についてのヒアリングがあった」としている[73]

Modern Diplomacyは、4chanの管理体制の不備が過激主義の温床になったとして次のように指摘している[10]

4chanが極右テロの温床であることは明らかだ。しかし、なぜこの画像掲示板はこのような状態になっているのだろうか。その答えは、コンテンツに対するモデレーションの甘さにある。〔……〕かつて4chanは、多くのユーモラスなミームを生み出したが、その後、ヘイトとテロの温床となった。ミームは危険な思想を伝えることができるため、RedditFacebookのようなウェブサイトは、危険な偽情報の流布を防ぐために厳しく規制される必要があるが、4chanには厳格なモデレーションが欠如している。もはや4chanは自らモデレートすることはないだろう。もはや4chanは長居をしてしまった。今日の情報化社会において4chanに居場所は残されていないのである。

事件を受けてCNNは、ひろゆきに繰り返しコメント要請を求めたものの「返答がなかった」「何の声明・見解も出していない」と批判的に報道している[118]。その後、ひろゆきはTwitterに自身の顔写真を添付した上で「おいらが白人だと思いますか? おいら自身が、4chanは白人至上主義者のサイトではないという生きた証拠です」と英語で書き込んだ過去の投稿を「なんでおいらが白人なんだ? 色盲なのか?」と英語で引用リツイートした[7][119]。これに対して朝日新聞記者の藤原学思は「論理的に、サイトの運営者が白人ではないことは、サイトのユーザーに白人至上主義者が多くないことの『証拠』にはならないはずだ」と述べている[16]

2022年5月27日、ひろゆきは4chanの管理責任を巡る一連の批判についてインターネット報道番組ABEMA Prime』で次のように反論した[3]

4chanが生まれる前から、米国ってKKKとかいっぱいいたんですよね。なので4chanが何かをしたというより、米国ってそういう文化、そういう風習、そういう人たちが色々出てましたんで、ネットがどうこうっていう問題ではないと、僕は思いますけどね。多くの人が情報伝達する場所(N対Nのコミュニケーション)は、それは情報を知る人が増えるよねっていうことで、一応そういったサイトの中で、米国、英語圏で一番でかいのが今4chanなので、じゃあ4chanで情報知った人が多いよねと……構造の問題とサイトの方向性の問題をごっちゃにするのはよくない。

また、ひろゆきはゲスト出演した町山智浩の「4chanだけじゃなくて、そこから派生した8chanというのもあるんです。連邦議会襲撃犯たちの情報源になっていたと。そこでアメリカ自体を揺るがす暴力事件の思想みたいなものがあって。人種差別とかそういったものは4chanだけが野放しになっていて、危険なメディアになっている」という発言に対し、「4chanだけが野放しとか、嘘言うのどうかと思いますよ。利用者が多いだけで、FacebookとかTwitterとかとも同じようにニューヨーク州から調査を受けてますよ。今、嘘付きましたよね?」と批判した[3][120]。それ以外にも「(問題がある投稿は)報告があれば消す。米国の法律に従っている」「児童ポルノは自発的に消している」「4chanは儲かっていない」等と述べ、4chanは管理責任を果たしていると表明した[3]

さらに、ひろゆきは銃社会であるアメリカに対して「『銃に問題があるわけじゃない。別のことに問題があるんだ』というふうにしたがるメディアや、お金を持っている人たちがいっぱいいる。なので多分『ネットが悪い』というかたちで『じゃあ、ネットが何とかなればいい』で銃規制が進まないっていうオチにアメリカはするんじゃないかと思ってますけど」と述べている[121]。ちなみに米国では通信品位法230条英語版のプロバイダ免責規定により、プラットフォーム管理者は、ユーザーの投稿に関する責任を負わない[7]。しかし、多発する差別的なヘイトクライムの背景には4chanなどの影響もあるとして、ジョー・バイデン政権は230条の撤廃を主張している[122]

偽情報専門家のキアラン・オコナーは、掲示板における匿名性について、恥や報復を心配せず、思ったことを発言できるとしつつも、卑劣で有害なヘイトスピーチも許可されていると指摘する。なお、英語圏には4chanと似た掲示板としてRedditがあるが、こちらは幅広いガイドラインが定められており、フェイクニュース陰謀論、特に良識に反したヘイトスピーチは原則として禁止されている[77][123][124]。しかし、4chanは米国法に違反しない投稿は原則すべて許可されており[9]、ガイドラインもそこまで厳密ではないため、Redditで規制されるような投稿も可能となっている。これらを踏まえ、オコナーは「ユーザーが過激化する動機を掲示板で簡単に見つけられるようなことはあってはならない」とした上で「4chanが憎悪犯罪(ヘイトクライム)の可能性を下げることを真剣に考えているのであれば、白人至上主義を促進するようなコンテンツは許可しないとか、明確なルールを定めたコミュニティーガイドラインを作成すべきだ」と提言した[117]

これら経緯から海外メディアは4chanを「憎悪に満ちた掲示板」(CNN)、「悪名高い画像掲示板」(WIRED)、「インターネット上で最も卑劣な場所の1つ」(Guardian)等と報道している[112][76][125]。また、この銃乱射事件が起こる前から、ジャーナリスト清義明は、ひろゆきの自由放任主義に基づく4chanの管理体制を強く批判しており、全6回のルポルタージュ連載「Qアノンと日本発の匿名掲示板カルチャー」最終回の結びで「言論の自由の社会実験」が失敗した理由を次のように論じた。

西村氏が「うそはうそであると見抜ける人でないと(掲示板を使うのは)難しい」というような、リバタリアン的性善説が機能する世界は、残念ながら虚構にすぎない。自由を維持するには、それを自らコントロールしなければならない。そうしなければ、弱肉強食の混沌か、または逆に国家や法が現れる。インターネットの言論の自由の社会実験が失敗したのは、その自由をコントロールする前提が欠けていたからだ。西村氏はおそらく今でもこれをわかっていない。 — 清義明 (2021年4月2日). “Qアノンと日本発の匿名掲示板カルチャー【6】サイバースペースにおける「言論の自由」の社会実験の失敗/下” (日本語). 論座(RONZA). 朝日新聞出版. 2021年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月8日閲覧。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ Safe For Work の略語 (ネットスラング)。「職場で見ても (開いても)、安全 (大丈夫)」などの意味となる (NSFWの派生)。
  2. ^ 日本では「2ちゃんねる」や「ふたば☆ちゃんねる」に合わせて「4ちゃんねる」「よつばちゃんねる」と呼ぶ例もあるが、一般的ではない(この呼称は英語ではほとんど見られない)。
  3. ^ a b c "-gate" はウォーターゲート事件(Watergate scandal)に由来する、「〜疑惑」を意味する接尾辞。
  4. ^ インターネット・ミームはアレンジが繰り返される過程で、元々の文脈とは全く異なった使われ方をすることがある(#カエルのペペも参照)。例として2ちゃんねる発祥のアスキーアートクマー」は、4chanおよび英語圏のインターネットだと、ペドフィリアのマスコットキャラクター「ペドベアー」として広く知られている。

出典[編集]

  1. ^ a b About”. Chris Hates Writing. 2015年1月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月8日閲覧。
  2. ^ a b moot (2003年10月1日). “Welcome”. 4chan. 2008年8月2日閲覧。
  3. ^ a b c d e 【4chan】管理人ひろゆきを直撃! 銃乱射事件の動機に? 無法地帯化でキケンな場所に? - YouTube
  4. ^ a b c d 4channews「FULL CIRCLE by moot」 - mootの声明文 (英語)
  5. ^ a b c mootが4chanに投稿した最初の書き込みには「4chanは2chan.netの非公式な姉妹サイトという意味です。このサイトは2chanに似ていますが、2chanに取って代わろうとはしていません」とある(Wayback Machineが2003年11月22日に取得した4chan.net最古版より)。また、この書き込み内容をもとにした文章が4chanの日本語解説のページにも記されている。
  6. ^ Alexa traffic rank”. Alexa. 2012年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。1 мая 2008閲覧。
  7. ^ a b c d e f g 藤原学思 (2022年5月21日). “米乱射、匿名掲示板「4ちゃん」が影響か 犯行声明「真実学んだ」”. 朝日新聞デジタル (ニューヨーク州: 株式会社朝日新聞社). https://www.asahi.com/articles/ASQ5N3W04Q5NUHBI005.html 2022年5月21日閲覧。 
  8. ^ a b c d e f g h i Caitlin Dewey (2014年9月25日). “4chanを理解するために必要なことは、すべてここにある / Absolutely everything you need to know to understand 4chan, the Internet’s own bogeyman” (英語). The Washington Post. 2022年7月11日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g h i j Brophy-Warren, Jamin (2008年7月9日). “Modest Web Site Is Behind a Bevy of Memes”. The Wall Street Journal. 2008年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月14日閲覧。
  10. ^ a b c Matthew Kovacev (2022年5月19日). “How 4chan Radicalizes Youth and Grooms Them Towards Terrorismh”. Modern Diplomacy. https://moderndiplomacy.eu/2022/05/19/how-4chan-radicalizes-youth-and-grooms-them-towards-terrorism/ 2022年5月22日閲覧。 
  11. ^ Sean Michaels (2008年3月19日). “Taking the Rick”. Guardian. 2009年10月26日閲覧。
  12. ^ https://www.4chan.org/faq#trip
  13. ^ フレドリック・ブレンナン【洋風 及び 和風】キャップ・トリップ そして、それらの種類・歴史・算出方式・算法 一覧 (PDF, 389 KB)
  14. ^ a b c d e f g h i j k Rob Arthur (2020年11月2日). “The Man Who Helped Turn 4chan Into the Internet's Racist Engine” (英語). VICE. 2022年7月16日閲覧。
  15. ^ ALEX KAPLAN (2019年9月19日). “Promotions for white nationalist groups keep showing up on the chans” (英語). Media Matters for America. 2022年7月16日閲覧。
  16. ^ a b c 藤原 2022.
  17. ^ a b 藤原学思 (2022年3月27日). “Qを追う 陰謀論集団の正体 第4回「日本発『ちゃんカルチャー』がQのゆりかご ウソ見抜けなかった人々」”. 朝日新聞デジタル (株式会社朝日新聞社). https://www.asahi.com/articles/ASQ3P6QNTQ2MUHBI00X.html 2022年4月3日閲覧。 
  18. ^ a b Memetic Irony And The Promotion Of Violence Within Chan Cultures (PDF, 6.8 MB) (CREST Research)
  19. ^ a b Blyth Crawford (2019年12月31日). “Chan Culture and Violent Extremism”. The Global Network on Extremism and Technology (GNET). https://gnet-research.org/2019/12/31/chan-culture-and-violent-extremism-past-present-and-future/ 2021年4月4日閲覧。 
  20. ^ a b EMMA GREY ELLIS (2018年6月1日). “4Chan Is Turning 15—And Remains the Internet's Teenager” (英語). WIRED. 2022年7月15日閲覧。
  21. ^ a b c 2ちゃんねる開設者のひろゆきが買収した「4chan」が資金不足で閉鎖の危機”. GIGAZINE (2016年10月4日). 2021年4月3日閲覧。
  22. ^ Danny O'Brien (2008年5月2日). “Tuning into innovation outside the confines of English-speaking web”. アイリッシュ・タイムズ. 2009年10月26日閲覧。
  23. ^ a b http://www.4chan.org/faq#what4chan
  24. ^ ニック・ダグラス (2008年1月18日). “What The Hell Are 4chan, ED, Something Awful, And "b"?”. Gawker.com. 2009年10月26日閲覧。
  25. ^ 西村博之, moot (2011年7月27日). “4chムート x ひろゆきのトークセッション「ソーシャルメディアってなぁに?」 (ID: 57271090)” (日本語). ニコニコ動画. 2014年8月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月14日閲覧。
  26. ^ a b 高橋史彦 (2012年6月27日). “40万部ヒット:喪女が国境を越えた 4chan民が愛する漫画「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」(3/3)”. ねとらぼ. アイティメディア. 2021年4月1日閲覧。
  27. ^ /a/ - Know Your Meme
  28. ^ It's Not My Fault That I'm Not Popular - ウェイバックマシン(2013年8月14日アーカイブ分) - OhInternet
  29. ^ Sorgatz, Rex (2009年2月18日). “An Interview With The Founder of 4chan”. Fimoculous.com. 2009年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月1日閲覧。
  30. ^ Poole (2008年7月11日). “/b/”. 4chan. 2022年4月1日閲覧。
  31. ^ 4Chan is the worst place on the internet, but we should defend its right to exist” (英語). www.newstatesman.com (2016年10月6日). 2022年4月7日閲覧。
  32. ^ 4Chan has rules now, apparently”. gigaom.com (2013年9月19日). 2022年4月7日閲覧。
  33. ^ Absolutely everything you need to know to understand 4chan, the Internet’s own bogeyman” (英語). Washington Post (2014年9月25日). 2022年4月7日閲覧。
  34. ^ a b 木澤佐登志 『ダークウェブ・アンダーグラウンド―社会秩序を逸脱するネット暗部の住人たち』イースト・プレス、2019年1月20日、180-181頁。ISBN 978-4781617411 
  35. ^ a b c d Patrick Kulp (2016年10月6日). “Lawless forum site 4chan is going broke as ad sales dry up” (英語). Mashable. Ziff Davis. 2022年7月8日閲覧。
  36. ^ This is the worst AI ever - YouTube
  37. ^ YouTuberが4chanでAIを訓練して「ヘイトスピーチマシン」を生み出しネットに放流してしまう、AI研究者は困惑と懸念を表明”. GIGAZINE (2022年6月10日). 2022年6月13日閲覧。
  38. ^ a b 木澤佐登志 (2019年5月24日). “オルタナ右翼を拡大させた「インターネット・ミーム」の不穏な存在感 私たちの「現実認識」に介入する” (日本語). 講談社『現代ビジネス』. 2021年3月14日閲覧。
  39. ^ a b c d Takahashi, Rikako (2021年3月10日). “カエルのゆるキャラが差別主義者の象徴に…? 苦悩する作者と暴走するミーム” (日本語). BuzzFeed. 2021年3月12日閲覧。
  40. ^ Fukuzaki, Osamu (2019年3月17日). “NZ銃乱射事件 容疑者 法廷で白人至上主義のジェスチャー” (日本語). mashup NY. 2019年4月10日閲覧。
  41. ^ 訴追された男 裁判所に出廷 NZ乱射テロ” (日本語). FNN.jpプライムオンライン. 2019年4月10日閲覧。
  42. ^ Zupello, Suzanne (2016年12月29日). “13 Most WTF Stories of 2016”. Rolling Stone. オリジナルの2016年12月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161230152430/http://www.rollingstone.com/culture/lists/most-wtf-stories-of-2016-w458082 2022年2月5日閲覧. ""Welch was inspired to drive from North Carolina to Washington, D.C., armed with an assault rifle, to save enslaved children from the hidden chambers beneath Comet Pizza. Only one problem – there was neither a sex ring nor underground caverns with shackles of former slaves."" 
  43. ^ 偽ニュース、小児性愛、ヒラリー、銃撃...ピザゲートとは何か” (日本語). ニューズウィーク日本版 (2016年12月8日). 2022年4月20日閲覧。
  44. ^ Douglas, William; Washburn, Mark (2016年12月6日). “Religious zeal drives N.C. man in 'Pizzagate'”. The Courier-Tribune. The Charlotte Observer. オリジナルの2016年12月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161208131816/http://www.courier-tribune.com/news/20161206/religious-zeal-drives-nc-man-in-8216pizzagate8217 2022年4月20日閲覧. "Though debunked by sources as diverse as The New York Times, Fox News Channel and the web hoax investigator Snopes.com, more than a million messages have traversed Twitter since November about #Pizzagate." 
  45. ^ Pizzagate - Know Your Meme
  46. ^ a b 「地下室に子供たちが監禁されている」…偽ニュースがヒラリー氏の敗因? 「4chan」に翻弄される米国政治” (日本語). 産経新聞 (2016年12月18日). 2022年4月20日閲覧。
  47. ^ Tuters, M., Jokubauskaitė, E., & Bach, D「Post-Truth Protest: How 4chan Cooked Up the Pizzagate Bullshit」『M/C Journal』第21巻第3号、Media and Culture、2018年、 doi:10.5204/mcj.1422
  48. ^ 陰謀論の舞台にされた米ピザ店で男発砲 独自捜査しようと” (日本語). BBC News Japan (2016年12月6日). 2022年4月20日閲覧。
  49. ^ 中岡望 (2020年10月19日). “トランプを支える謎の運動QAnon、その驚愕の「陰謀の世界観」” (日本語). 講談社現代ビジネス』. 2021年3月14日閲覧。
  50. ^ Josh Constine (2016年3月8日). “これは驚き―あの4Chanのファウンダー、元CEO、MootことChris PooleをGoogleがスカウト”. TechCrunch Japan. 2021年3月20日閲覧。
  51. ^ /his/ - Know Your Meme
  52. ^ 石動竜仁 (2020年7月2日). “アメリカの過激主義運動「ブーガルー」に日本のネット文化が与えた影響とは” (日本語). 文春オンライン. 2021年3月14日閲覧。
  53. ^ a b c 清義明 (2021年3月30日). “Qアノンと日本発の匿名掲示板カルチャー【4】匿名掲示板というフランケンシュタインの怪物/下” (日本語). 論座(RONZA). 朝日新聞出版. 2021年3月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月8日閲覧。
  54. ^ a b 木澤佐登志 (2019年5月28日). “アメリカの反リベラル運動に「ゲーム」が利用されていることの意味” (日本語). 講談社『現代ビジネス』. 2021年3月16日閲覧。
  55. ^ a b ゲームから”美少女”が消える日 〜GamerGate参加者が語る欧米社会の今〜 Part-3 おそらくこれが最も詳細なゲーマーゲート報道 - Roninworks
  56. ^ a b 4chan - Archive Team
  57. ^ アーカイバの名称は、あずまきよひこ漫画よつばと!』の登場人物に由来している。
  58. ^ Christopher "moot" Poole (2014年1月7日). “【4chanの生みの親】クリストファー・プールだけど、なんか質問ある?【別名"moot"】” (日本語). Ask Me Anything!!! /【海外版】なんか質問ある?. 2021年4月5日閲覧。
  59. ^ 木澤佐登志 『ダークウェブ・アンダーグラウンド―社会秩序を逸脱するネット暗部の住人たち』イースト・プレス、2019年1月20日、179-182頁。ISBN 978-4781617411 
  60. ^ David Sarno (2008年5月25日). “Web Scout exclusive! Rick Astley, king of the 'Rickroll,' talks about his song's second coming”. ロサンゼルス・タイムズ. 2009年10月26日閲覧。
  61. ^ http://www.alexa.com/siteinfo/4chan.org
  62. ^ 画像掲示板「2chan」の米国版 新しいネット上の流行現象に - J-CASTニュース 2008年9月21日
  63. ^ MG SIEGLER (2009年5月1日). “米Time紙「最も影響力のある100人」に4chanとTwitterの作者が選ばれる”. TechCrunch Japan. 2022年4月3日閲覧。
  64. ^ Matthew Prince (2019年8月5日). “Terminating Service for 8Chan” (英語). The Cloudflare Blog. 2022年5月20日閲覧。
  65. ^ 4chan's Overlord Christopher Poole Reveals Why He Walked Away”. Rolling Stone (2015年3月13日). 2016年11月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月12日閲覧。
  66. ^ a b c HBOQアノンの正体』Episode2「あなたは偶然を信じるか?」(Broadcast - March 21, 2021)
  67. ^ 木澤佐登志 『ダークウェブ・アンダーグラウンド―社会秩序を逸脱するネット暗部の住人たち』イースト・プレス、2019年1月20日、178頁。ISBN 978-4781617411 
  68. ^ a b 深水英一郎 (2015年9月21日). “ひろゆき、英語圏巨大匿名掲示板4chan管理人になる。「ひろゆきのもと4chanで何が起こるのか早く見たくてしょうがない」と前管理人mootさん”. ガジェット通信. 2015年9月22日閲覧。
  69. ^ 4chan Message Board Sold to Founder of 2Channel, a Japanese Web Culture Pioneer”. The New York Times (2015年9月21日). 2021年3月17日閲覧。
  70. ^ a b Lauren Orsini (2015年9月23日). “'Welcome To 4chan, B***h': Site's Users Greet Their New Overlord”. Forbes. 2021年4月11日閲覧。
  71. ^ ひろゆき氏、2ちゃんねるの現管理人ジム・ワトキンス氏を訴えたと明かす”. ねとらぼ (2015年9月24日). 2021年4月11日閲覧。
  72. ^ a b 世界最大級の匿名掲示板「4chan」の影にいる日本企業とは?”. GIGAZINE (2022年5月30日). 2022年6月1日閲覧。
  73. ^ a b やまもといちろうメルマガ「人間迷路」より「西村博之(ひろゆき)訴追問題と4chan周辺の迷惑なネタ」 プレタポルテ by 夜間飛行 2022年5月31日
  74. ^ ひろゆきのツイート 2015年9月22日
  75. ^ FULL CIRCLE by hiroyuki ひろゆき@オープンSNS(2015年9月22日)
  76. ^ a b c d e f JUSTIN LING (2022年5月26日). “Who Owns 4chan?” (英語). WIRED. 2022年5月27日閲覧。
  77. ^ a b 清義明 (2021年4月2日). “Qアノンと日本発の匿名掲示板カルチャー【6】サイバースペースにおける「言論の自由」の社会実験の失敗/下” (日本語). 論座(RONZA). 朝日新聞出版. 2021年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月8日閲覧。
  78. ^ January 6th Committeeのツイート 2021年8月28日
  79. ^ a b 4chan Chronicle/Foundation - ウィキブックス
  80. ^ Daryl Suratのツイート 2021年11月11日
  81. ^ Langton, Jerry (2007年9月22日). “Funny how 'stupid' site is addictive”. Toronto Star. オリジナルの2008年6月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080622184259/http://www.thestar.com/living/article/257955 2022年4月1日閲覧。 
  82. ^ Dibbell, Julian (2010年8月23日). “Radical Opacity”. MIT Technology Review. https://www.technologyreview.com/s/420323/radical-opacity/ 
  83. ^ a b c d 木澤佐登志 『ダークウェブ・アンダーグラウンド―社会秩序を逸脱するネット暗部の住人たち』イースト・プレス、2019年1月20日、179-182頁。ISBN 978-4781617411 
  84. ^ 木澤佐登志 『ダークウェブ・アンダーグラウンド―社会秩序を逸脱するネット暗部の住人たち』イースト・プレス、2019年1月20日、258-259頁。ISBN 978-4781617411 
  85. ^ HBO『Qアノンの正体』Episode6「嵐の中へ」(Broadcast - April 4, 2021)
  86. ^ 清義明 (2021年3月29日). “Qアノンと日本発の匿名掲示板カルチャー【3】匿名掲示板というフランケンシュタインの怪物/上” (日本語). 論座(RONZA). 朝日新聞出版. 2021年3月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月8日閲覧。
  87. ^ Brennan, Fredrick (2014年10月9日). インタビュアー:Don Caldwell. “Q&A with Fredrick Brennan of 8chan”. Know Your Meme. http://knowyourmeme.com/blog/interviews/qa-with-fredrick-brennan-of-8chan 2022年9月16日閲覧。 
  88. ^ Karl Hodge (2000年8月10日). “It's all in the memes”. Guardian. 2008年9月13日閲覧。
  89. ^ a b c 藤田直哉 (2021年4月17日). “藤田直哉のネット方面見聞録/現実社会をも攻撃しはじめた「ペペ」”. 朝日新聞・東京夕刊: p. 2 
  90. ^ Beran, Dale (2017年7月26日). “集中連載「4chanとは何か」第2回 傷つきやすい「名無しさん」の訳語から生まれた「アノニマス」” (日本語). クーリエ・ジャポン. 2021年3月12日閲覧。
  91. ^ Gyate Gyate / Ohayou - Know Your Meme
  92. ^ Vivian James - Know Your Meme
  93. ^ 木澤佐登志 『ダークウェブ・アンダーグラウンド―社会秩序を逸脱するネット暗部の住人たち』イースト・プレス、2019年1月20日、255頁。ISBN 978-4781617411 
  94. ^ a b 小森真樹 (2021年4月22日). “なぜオルタナ右翼はマンガのカエルを「神」として担ぎ上げたのか?” (日本語). 講談社現代ビジネス』. 2022年7月2日閲覧。
  95. ^ 4chanがいつの間にかトンでもない事になっている件 - dekunology 2008年9月13日付
  96. ^ a b 小岩井よつば / 404ガール - Know Your Meme
  97. ^ Corona-chan - Know Your Meme
  98. ^ Cole, Samantha (2020年3月19日). “As Coronavirus Spreads, Artists Are Coping With Waifus and Fursona Art”. ヴァイス・メディア. 2020年3月20日閲覧。
  99. ^ What the Kek: Explaining the Alt-Right 'Deity' Behind Their 'Meme Magic'”. Southern Poverty Law Center. 2017年5月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月2日閲覧。
  100. ^ Pepe the Frog - Know Your Meme
  101. ^ “米ユダヤ人団体、カエルのペペを「ヘイトの象徴」に指定”. 朝鮮日報日本語版. (2016年9月30日). http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2016093001018 2017年5月8日閲覧。 
  102. ^ ヘイト目的で使われ続けた「カエルのペペ」、作者が奪還を断念して公式で葬式を行う GIGAZINE 2017年5月9日
  103. ^ George-Cosh, David (2008年1月25日). “Online group declares war on Scientology”. National Post (Canwest Publishing Inc.). オリジナルの2008年1月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080129063500/http://www.nationalpost.com/most_popular/story.html?id=261308 2008年1月25日閲覧。 
  104. ^ 新興宗教サイエントロジーをめぐるネット上の情報戦 2009年6月22日 WIRED.jp
  105. ^ Richards, Johnathan (The Times) (2008年1月25日). “Hackers Declare War on Scientology: A shadowy Internet group has succeeded in taking down a Scientology Web site after effectively declaring war on the church and calling for it to be destroyed.”. Fox News (Fox News Network, LLC.). http://www.foxnews.com/story/0,2933,325586,00.html 2008年1月25日閲覧。 
  106. ^ “ユーチューブに大量わいせつ画像「音楽の削除」に怒り、いやがらせ?”. J-CASTニュース. (2009年5月22日). オリジナルの2009年5月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090523215433/https://www.j-cast.com/2009/05/22041735.html 2021年4月5日閲覧。 
  107. ^ Anonymous targets Australian government over porn filters arstechnica.com By Jacqui Cheng February 10, 2010 12:13 PM
  108. ^ Mackey, Robert (2010年12月6日). “Latest Updates on Leak of U.S. Cables, Day 9”. NYTimes.com. The New York Times. 2010年12月7日閲覧。
  109. ^ 米国『4ちゃん』、「WikiLeaks支援」で銀行等にDoS攻撃 2010年12月9日 WIRED.jp
  110. ^ Cha, Ariana Eunjung (2010年8月10日). “4chan users seize Internet's power for mass disruptions”. Washington Post. オリジナルの2012年11月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121111042946/http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/08/09/AR2010080906102.html?hpid=topnews 2021年3月14日閲覧。 
  111. ^ “Oregon shooting and the anonymous '4chan' message board”. BBC News. (2015年10月3日). http://www.bbc.com/news/world-us-canada-34423387 2015年10月3日閲覧。 
  112. ^ a b 鈴木聖子 (2022年5月25日). “言論の自由かコンテンツ規制か――銃撃映像ネットで拡散、模倣犯後を絶たず”. ITmedia. https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2205/25/news053.html 2022年5月25日閲覧。 
  113. ^ Donie O'Sullivan (2022年5月16日). “Buffalo massacre puts spotlight on hate-filled website” (英語). CNN Business. 2022年5月17日閲覧。
  114. ^ NY AG Jamesのツイート Twitter 2022年5月19日
  115. ^ BOBBY ALLYN (2022年5月18日). “New York attorney general launches probe of Twitch and Discord after Buffalo shooting” (英語). NPR. 2022年5月19日閲覧。
  116. ^ NY州司法長官、TwitchやDiscordの捜査を開始 バッファロー乱射事件で”. ITmedia (2022年5月19日). 2022年5月19日閲覧。
  117. ^ a b 藤原学思 (2022年6月16日). “乱射事件への影響指摘された西村氏の「4ちゃん」 米専門家の提言は”. 朝日新聞デジタル (ニューヨーク州: 株式会社朝日新聞社). https://digital.asahi.com/articles/ASQ6J1G5SQ6HUHBI04C.html 2022年6月16日閲覧。 
  118. ^ Clare Duffy and Sara O'Brien (2022年5月18日). “Following Buffalo shooting, 4chan shows how some platforms are accountable only to themselves” (英語). CNN Business. 2022年5月19日閲覧。
  119. ^ 「All my grandmas and grandpas are Japanese. How could I be a white man? Color-blindness?(日本語訳:おいらのおばあちゃん、おじいちゃん、みんな日本人です。なんでおいらが白人なんだ? 色盲なのか?)」ひろゆきのツイート Twitter 2022年5月19日
  120. ^ ひろゆき氏、電車からの生出演でも“バトルモード”に突入「今、嘘付きましたよね?」 スポニチアネックス 2022年5月27日
  121. ^ ひろゆき氏 米銃乱射事件で捜査対象に! 「ネットのせいにして銃規制進まないってオチ」と弁明”. 東京スポーツ (2022年5月27日). 2022年6月30日閲覧。
  122. ^ ひろゆき氏が買収した「4chan」、米銃乱射事件で捜査のメス”. M&A Online (2022年5月21日). 2022年6月30日閲覧。
  123. ^ https://www.redditinc.com/policies/content-policy
  124. ^ 木澤佐登志 『ダークウェブ・アンダーグラウンド―社会秩序を逸脱するネット暗部の住人たち』イースト・プレス、2019年1月20日、220頁。ISBN 978-4781617411 
  125. ^ Justin Ling (2022年5月1日). “‘Cheering section’ for violence: the attacks that show 4chan is still a threat”. Guardian. https://www.theguardian.com/technology/2022/may/01/4chan-extremist-online-forum-raymond-spencer 2022年5月25日閲覧。 
  126. ^ 4chan.org FAQ”. 2021年4月11日閲覧。
  127. ^ 4chanのツイート 2013年9月25日

外部リンク[編集]