アッラーフ・アクバル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ナスタアリーク体でのアッラーフ・アクバル
イラク国旗。中央にアッラーフ・アクバルの文字が書かれている。

アッラーフ・アクバルアラビア語الله أكبر)とは、「アッラーフは最も偉大である」を意味するイスラム教の祈りの言葉である[1][2]。 この祈りを唱えることをタクビール(アラビア語:تَكْبِير)という。

[編集]

アッラーフはイスラームにおける唯一神を指す。またアクバルは「大きい」を意味する形容詞キャビール(kabīr:كَبِير)の最上級の語形であり、「最も大きい」あるいは「最も偉大である」の意となる。続けて読むことで「アッラーフは最も偉大である」となる[3][4][5][6][7]

使用[編集]

イスラム圏では一般的にアザーンや祈りの時に使われる。また、歓声、悲嘆や悲鳴の時にも使われる[8][9]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ The Times of the Five Daily Prayers”. 2015年8月23日閲覧。
  2. ^ Allahu Akbar”. 2013年6月9日閲覧。
  3. ^ The Times of the Five Daily Prayers”. 2015年8月23日閲覧。
  4. ^ Allahu Akbar”. 2013年6月9日閲覧。
  5. ^ E. W. Lane, Arabic English Lexicon, 1893, gives for kabir: "greater, and greatest, in body, or corporeal substance, and in estimation or rank or dignity, and more, or most, advanced in age, older, and oldest" (p. 2587).
  6. ^ A.O.Green (1887). A Practical Arabic Grammar. Clarendon Press. p. 66. https://books.google.com/books?id=ex4UAAAAYAAJ&pg=PA69&lpg=PA69&dq=akbar+arabic+grammar&source=bl&ots=uCjTxeHCPG&sig=icroi8vf4Valyx2IF4XUeFoDAcE&hl=en&sa=X&ei=gnXuUeb_ItGx4APKrIH4Cw&ved=0CEIQ6AEwAw#v=snippet&q=comparative&f=false. 
  7. ^ "The formula, as the briefest expression of the absolute superiority of the One God, is used in Muslim life in different circumstances, in which the idea of God, His greatness and goodness is suggested." Wensinck, A. J. The Encyclopaedia of Islam, 2nd edition. Brill, 2000. Volume 10, T-U, p. 119, Takbir.
  8. ^ ケニア沿岸の町を武装勢力が襲撃、アルシャバーブか 49人死亡
  9. ^ Mortenson, Greg, and Relin, David Oliver, ''Three cups of tea: one man's mission to fight terrorism and build nations—one school at a time'', p. 20, ISBN 0-670-03482-7. Viking. (2006). https://books.google.com/books?id=HbezCyqr3q0C&pg=PA20&lpg=PA20&dq=%22Greg+Mortenson%22+porter+%22Allah+Akbhar!+%22&source=bl&ots=mW1zL7ZxkQ&sig=LJ6Zk7w0p487vQv0nPnxRCsBgho&hl=en&ei=0UgdS4fiJImtlAey2pXyCQ&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=2&ved=0CA0Q6AEwAQ#v=onepage&q=&f=false 2011年5月8日閲覧。. 

関連項目[編集]