アーカイブ (コンピュータ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アーカイバから転送)
Jump to navigation Jump to search

アーカイブ: archive)とはコンピュータにおいてデータを長期間保存するめにデータとメタデータ[1]を関連づけて一体で保存することを指す。一つ以上のファイルとメタデータを一体にしたファイルをアーカイブファイルと呼ぶ。

特徴[編集]

アーカイブはデータの書き換えを想定せずオリジナルのファイルを長期間保存する。バックアップと似た概念でしばしば混同されるが[2]、バックアップはデータの最新版を保存して災害時にロールバックしやすくするものである。 電子メールを例に考える。1年前のメールは今日届いたメールにくらべて重要度は低いが、後で検索・閲覧できるようにしておく事も必要となる。この過去のメールは然程素早く取り出せる必要がないとすれば、「今日のメールは高速アクセスできるストレージへ」、「過去メールは低速だがメディアが安価なストレージへ」と階層化して保存する手法が考えられる。これは階層型ストレージ管理技術と呼ばれ、データの検索性を保持したままストレージのコストを抑えられる。メールアーカイブの身近な例はGmailにある。見終わったメールを削除ではなくアーカイブすることで、受信メールには表示されないが検索するだけで閲覧出来る。

アーカイブファイル[編集]

一つ以上のファイルメタデータを一つのファイルへ変換する。このファイルをアーカイブファイルと呼ぶ。日本語では書庫とも呼ばれる。アーカイブファイルを作成する工程をアーカイブあるいは書庫化と呼び、その際のプログラムをファイルアーカイバあるいは単にアーカイバ(英語: archiver)と呼ぶ。アーカイブファイルから元のファイルを取り出す操作を展開(英語: extract)または抽出と呼ぶ。アーカイブファイルのファイル形式はartarが代表的である。関連項目も参照。

ファイル圧縮

アーカイブではファイル圧縮することが多い[3]ZIP等。これはまとめて符号化を行えるので圧縮効率を高めることができる。これをソリッド圧縮という。その一方でアーカイブファイルの中から1つのファイルだけを解凍することを考慮したフォーマットもある。例えばZIPでは圧縮した後にアーカイブする。他にも圧縮時にデータを決まったサイズのブロックに分けて符号化することで、目的のファイル周辺だけを解凍して取得可能にする方式もある。

脚注[編集]

  1. ^ ファイル作成日時や作成者などのデータに付随したデータ
  2. ^ バックアップとアーカイブ
  3. ^ ファイル圧縮は必ずしもアーカイブファイルを作成することを意味しない。

関連項目[編集]