CAB

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
CAB
拡張子 .cab
MIME Type application/vnd.ms-cab-compressed
マジックナンバー MSCF 0x00 0x00 0x00 0x00
開発者 マイクロソフト
種別 データ圧縮
テンプレートを表示

CAB(キャブ)は、主にMicrosoft Windowsで用いられるデータ圧縮ファイルフォーマットの一つ。CABはCabinet(キャビネット)の略語。

ActiveXの自動ダウンロードWindows Installerでは標準に用いられるほか、圧縮率がLHA等よりも高い[1]ため時々汎用のデータ圧縮形式としても用いられることがある。アーカイブファイルに署名が付けられるという変わった特性を持つ。アルゴリズムとしてはマイクロソフトが独自に改良したMSZipかLZXがあり、LZXの方が圧縮率では高いが、処理速度は遅い。Windows Mobileでは、簡単なインストーラーとしても使用できるため、多くのソフトウェアがこの方式を採用している。

Win32 APIでは、SetupIterateCabinet()で解凍できる[2]

脚注[編集]

  1. ^ 窓の杜 - ファイル圧縮対決6番勝負!(総合成績)”. 2008年12月14日閲覧。
  2. ^ HOWTO: Use the SetupAPI's SetupIterateCabinet() Function”. 2008年12月14日閲覧。

関連項目[編集]