ユーティリティソフトウェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ユーティリティソフトウェアとはコンピュータ上で機能する、補助的な機能を提供するソフトウェアの総称である。ツールソフトウェアや単にユーティリティとも。

これらのソフトウェアは、補助的に様々な機能を提供することで、コンピュータの利便性を向上させる。現在、パソコンを動かしているWindowsMac OS XLinuxなどのOSにも、様々なユーティリティソフトウェアが標準的に組み込まれており、好みによってフリーウェアシェアウェア市販ソフトウェアなどに置き換えて活用する人も多い。

一方、コンピュータを利用する直接の目的となるソフトウェアは、ユーティリティソフトウェアに対して「アプリケーションソフトウェア」と呼ばれる。

マルチタスク環境で多数のユーティリティソフトウェアを組み合わせて使用する場合、機能的な面や内部処理で競合が発生するなどしてコンピュータの安定性が損なわれる場合がまれにある。

ユーティリティソフトウェアの種類[編集]

関連項目[編集]