スクリーンセーバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スクリーンセーバー(Screensaver) は、コンピュータコンソールに長時間ユーザによる入力がなかったとき、ディスプレイを保護するために自動的にアニメーション等を表示させるユーティリティソフトウェアである。

概要[編集]

かつては、ディスプレイといえばCRT(ブラウン管)がほとんどで、CRTの焼き付きを防ぐためのユーティリティとして使用されていた。CRT時代の後期には改良が進んだため焼き付きが発生しにくくなり、次第にエンターテイメント的な要素が強くなった。液晶ディスプレイが主流となった現在でも使われることがあるが、本来の焼き付き防止としての役割はほぼ失われ、代わりに「アクセサリー」ということで使うことが多い[1]

本来の目的がディスプレイの保護であるため、コンピュータの使用状況にかかわらず、ユーザによる入力が無ければ起動する。また、実際の画面の変化を見ているのではない(もしそうすれば、時計ソフトなどが動いていればスクリーンセーバーは起動できない)。

ユーザが離れた隙に別のユーザが操作しようとしたときのために、パスワードを入力しないとスクリーンセーバーの動作を終了できないようにしたものもあり(あるいはOS自体の機能としてスクリーンセーバーからの復帰にパスワードを設定できる)、情報セキュリティ対策の一環として、使用を義務付けている企業も多い[要出典]

設定を変えることによりBOINCを利用した分散コンピューティングの参加やアンチウイルスソフトウェアを起動することができる。

利用の衰退[編集]

前述の通り液晶ディスプレイが主流となった現在では、スクリーンセーバーは本来の目的から離れた利用をされているケースが多くなってきており、主たる役目は終えつつある。また、通常の起動時と同様に電力を消費するスクリーンセーバーは、昨今の電力需要の逼迫に伴う省電力志向も含め、徐々に廃れつつある。特にモダンなOSにおいてはディスプレイのスリープモードがサポートされているため、スクリーンセーバーに取って代わっている。例えばWindows 7では既定の設定においてはスクリーンセーバーが設定されず、ディスプレイの電源オフが設定されている。また、Linuxのデスクトップ環境であるGNOME 3 においても標準ではスクリーンセーバーが廃止され、黒画面によるブランクスクリーンに変更された。

日本マイクロソフトによる節電策の検証[2]では、Windows 7においては、ブランクによるスクリーンセーバーが最も消費電力が少ないとしている。また、3D効果を利用したスクリーンセーバーなどは、CPUやグラフィックカードの消費電力を増加させる要因として推奨していない[3]

Microsoft Windows[編集]

[編集]

  • 60 年代アメリカ.scr、サイエンス.scr‐画面に渦巻きやブラックホールガラス球等が現れる(オプションで設定可)。
  • フライング Windows.scr - Windowsロゴが大量に飛んでくる。
  • ライン アート.scr - 複数の線分によるアニメーション。
  • 宇宙飛行.scr - 宇宙飛行と言っても白い星に見立てたドットがフライング Windowsのように飛んでくるだけである。
  • 3D 飛行物体 (OpenGL).scr - OpenGLを使用し、3Dポリゴンの物体やテクスチャが画面上を動くもの。Windowsロゴを選択すると、時々文字付きのロゴが現れる。
  • 3D 迷路 (OpenGL).scr - OpenGLを使用し(実際はバグのためにハードウェアアクセラレーションが効かない)[4]、ランダムに発生させた迷路内を移動する映像が流れる。ただし、ゴールまでの最適な経路を推測するなどはしておらず、進行方向の右側(あるいは左側)の壁に沿って進む(右手法又は左手法)という単純なアルゴリズムを使用している。そのため非常に方向オンチな動きで、簡単なルートでも横道にそれたりする。その動きから長く見ていると酔ってくる事がある。途中、謎の小動物とすれ違う事がある。回転岩に当たると天地が逆転し、動き方も右手法が左手法に、左手法が右手法になる。好きなテクスチャを選択可能(サンプルからもパソコン内のビットマップ画像からも選択できる)。アニメーションするテクスチャを使うと、かなりシステムに負担が掛かる。迷路の表示のON・OFFの設定もできる。

セキュリティホール[編集]

Microsoft Windowsでは、スクリーンセーバーの拡張子は.scr (screen saver) だが、その中身は.exeと同じ実行ファイルである。つまり、スクリーンセーバーが起動するというのは、(スクリーンセーバーに関連付けられた「スクリーンセーバー・プレイヤー」が実行されるのではなく)スクリーンセーバーそのものが実行されるということである。したがって、アプリケーションに可能なこと(ファイル削除、システムダウンなど)はスクリーンセーバーにも可能であり、コンピュータウイルスワームトロイの木馬として悪用されることもある。

しかし、このことは周知されているとは言いがたい。ダウンロードしたりメールに添付されてきたりしたスクリーンセーバーに対しては、.exeファイルと同様に警戒すべきなのだが、あたかも動画ファイルを開くような気分で起動させるユーザーが意外にも多く問題視されている[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 液晶ディスプレイにおいては、スクリーンセーバーの表示中もバックライトを使用し続けることになるため、ディスプレイの寿命に通常使用時と同様の影響を及ぼす。液晶ディスプレイを保護したい場合はディスプレイの電源を切る方がよい。Windows 7では既定の設定で、スクリーンセーバーは使用せず、単にディスプレイの電源を切るようになっている。
  2. ^ Windows PC 節電策
  3. ^ Windows PC を節電して使う術(PDF)
  4. ^ http://web.archive.org/web/20090204121141/http://thomson-canopus.jp/tech/faqid/faq000016.htm
  5. ^ Antinny解析レポート ネットエージェント殺人.scr(中略)倖田來未.scr / エロ.scr / 新しいフォルダ.scr / 結婚式.scr / 出産.scr / ネトゲ.scr / 株取引.scr / オレンジレンジ.scr

関連項目[編集]