方向音痴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

方向音痴(ほうこうおんち)は、方向方角に関する感覚の劣る人のことをいう。音痴が変化してできた言葉。方向感覚だけでなく空間に対する認識の能力に対しても使うことがある。

概要[編集]

方向音痴は、自身のいる位置を見失いがちな性質のある人のことである。人間は主観に於いて相対座標(自分を中心とする座標系)で周囲の場を把握しているが、これにランドマークの位置などを頼りに地図上の地理座標(地理を基準とする座標系)との相関性を見出すことで自分自身の位置を推測する。ある程度訓練された人であれば時刻太陽などの天体の位置関係から方角を見出すことができるが、方位磁針を使えば簡便に方角を正確に知ることが可能である。

しかしこういった方角を知るための訓練が十分ではないか、あるいはランドマークを十分に把握していない場合、さらには自身の基準となる位置を誤って把握している場合などに混乱が発生する。方向音痴と表現される場合には、方角を周辺状況から判断することを苦手とするか、あるいはせっかく周辺から必要な情報を得ても誤って判断してしまい易い、更には地図の上で周囲の地形を元に現在位置を見つけることが下手であることを意味する。

なお近年ではグローバル・ポジショニング・システムカーナビゲーション携帯・個人用ナビゲーション機器など)により地球上の緯度経度を基準とする座標や地図上での位置を知るための装置があるため、これを利用することで方向音痴も克服可能である。携帯電話など携帯機器に組み込まれたものでは、オンライン上の電子地図サービスと連携して、自身の位置と周辺地理を知ることが可能となっている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]