xz (ファイルフォーマット)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
xz
拡張子 .xz
MIME Type application/x-xz
マジックナンバー 0xFD, '7', 'z', 'X', 'Z', 0x00
開発者 The Tukaani Project
最新版 1.0.4 / 2009年8月27日(7年前) (2009-08-27
公式サイト http://tukaani.org/xz/format.html
テンプレートを表示

xz は、データ圧縮プログラムのひとつ、およびその圧縮データのフォーマットである。LZMA2圧縮アルゴリズムを利用している。先行するgzip, bzip2と比較すると、圧縮時にはこれら以上の時間とメモリを消費するが、圧縮率では概ね優位で、また伸張速度もgzipより多少遅いがbzip2よりは速い傾向にある。このことから、特にアーカイブ配布用途として、.tar.gzや.tar.bz2と並んで採用されるケースが増えている(.tar.bz2にとって代わる場合もある)。xz自身にアーカイブ機能はないのでアーカイブする場合はtarと組み合わせて.tar.xzとして使用するのが一般的である。

実装[編集]

XZ Utilsはxzファイルを作成・展開するxzコマンドと、プログラムからxzファイルを扱うためのliblzmaを含んでいる。XZ Utilsバージョン4.999.9beta以降の実装では、GNU LGPL及びGNU GPLでライセンスされている。過去のソフトウェア(例えば、liblzma)はパブリックドメインである[1]

GNU tarはバージョン1.22から(通常、gzipやbzip2のように)透過的にxzファイルを使用することができる[2][3]

7-Zipはバージョン9.04betaからxzをサポートしている[4]

用途の例[編集]

参照[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ XZ Utils Web site
  2. ^ GNU tar Web site: References
  3. ^ Changelog for Tar 1.22
  4. ^ 7-Zip release history
  5. ^ GNU Coreutils files(バージョン7.1以上のファイルが.tar.xzとなっているものがあることを参照)
  6. ^ Index of /pub/linux/kernel(2011年10月頃から採用され、xzが存在しなかった時期にリリースされたバージョンにも遡って.tar.xzアーカイブが提供されている)
  7. ^ Fedora 12: Features/XZRpmPayloads
  8. ^ Archlinux News: Switching to xz compression for new packages
  9. ^ Debian Changelog dpkg”. Debian (2011年5月4日). 2011年5月22日閲覧。

外部リンク[編集]

  • Decompressors: Add XZ decompressor module - 肥大化しつつある昨今のLinuxカーネル向けに、新たなカーネルイメージ圧縮専用モジュールとしてxzが採用された(2.6.38以降)。