Ut Video Codec Suite

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
UT Video Codec Suite
作者 梅澤 威志
初版 2008年4月18日 (13年前) (2008-04-18)
最新版
23.0.0 / 2021年10月27日 (35日前) (2021-10-27)
プログラミング
言語
C++
対応OS Windows, OS X
サイズ 6.79 MB
サポート状況 開発中
種別 Video Codec
ライセンス GPL
公式サイト umezawa.dyndns.info/wordpress/
テンプレートを表示

UT Video Codec Suite は高速で、ロスレスなビデオコーデックである。梅澤威志によって開発され、GNU General Public Licenseで配布されている。UT Video Codecのアルゴリズムは、ハフマン符号に基づいている。

UT Videoは、より良い圧縮率を実現するために、HuffYUVの代替として開発された。YUV422(ULY2)、RGB(ULRG)、RGBA(Ulra)、YUV420(ULY0)などの色空間に対応している。

x86x64のcpuに対応している。マルチスレッドをサポートしており、HDTV素材をリアルタイムでエンコードすることも可能である。 速度の最適化に頻繁のためSSE2命令セットが頻繁に使われており、サポートが必須である[1][2]

UT Videoは次のFOURCCコードを使用している:ULY0ULY2ULRAULRG[3]

脚注[編集]

  1. ^ #534 (Ut Video Support) – FFmpeg”. ffmpeg.org. 2017年3月22日閲覧。
  2. ^ Ut Video Codec Suite - a new lossless video codec for Windows! - Doom9's Forum”. doom9.org. 2017年3月22日閲覧。
  3. ^ free-codecs.com (2017年3月12日). “Ut Video Codec Suite”. free-codecs.com. 2017年3月22日閲覧。