Apple Lossless

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Apple Lossless
開発元 Apple Inc.
初版 2004年28日(9年前) (2004-April-28
最新版 2011年10月28日(2年前) (2011-10-28
対応OS クロスプラットフォーム
種別 オーディオコーデック
ライセンス Apache License 2.0
公式サイト alac.macosforge.org
テンプレートを表示
Apple Lossless
拡張子 .m4a
MIME Type audio/mp4
開発者 アップル
種別 可逆圧縮, 音声ファイルフォーマット
包含先 MPEG-4 Part 14
テンプレートを表示

Apple ロスレス[1](英語:Apple Lossless Audio Codec、略称:ALAC)はアップル可逆圧縮方式のオーディオコーデックiTunes等で使用されている。

非圧縮ファイル(WAVAIFF)を音質の劣化なく70%から50%程圧縮する。通常はQuickTimeのMOVファイル(.mov)かMP4ファイル(.m4a)に格納される。

iTunes 4.5とQuickTime 6.5.1で新たにサポートされた。

再生できる携帯プレイヤーはiPodシリーズ(第1,2世代iPod shuffleは非対応)、iPhoneソニー ウォークマン ZXシリーズ、ウォークマン Fシリーズ、iBasso Audio DX100、iBasso Audio HDP-R10等。また、Androidベースのプレーヤーは対応アプリをインストールすることにより再生できる。一部のネットワークプレーヤーも再生対応している。

仕様が非公開であった頃、リバースエンジニアリングによってオープンソースのApple ロスレスデコーダが公開され、FFmpegはエンコーダの実装にも成功している。

2011年10月、アップルはApple ロスレスをオープンソース化し[2]Apache License 2.0の下でソースコードを公開した。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ アップル社ウェブサイトではApple ロスレスと表記([1])。
  2. ^ “アップル、「Apple Lossless」をオープンソース化”. Impress AV Watch. (2011年10月28日). http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20111028_487055.html 2011年10月28日閲覧。 

外部リンク[編集]