LDAC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
LDAC
LDAC logo.tiff
開発者 ソニー
種別 音声

LDAC (エルダック[1]) は、ソニーによって開発された音声圧縮コーデックである。Bluetooth接続によるオーディオ再生時に使用され、ビットレートは990 kbit/s、サンプリング周波数は96 kHz、量子化ビット数は24 bitまでそれぞれ最大で対応している (所謂ハイレゾオーディオ)[2]。このコーデックはヘッドフォンスマートフォンDAPアクティブスピーカーホームシアターなどの様々なソニーの製品で採用されている。LDACは非可逆圧縮音声圧縮コーデックであり[3][4]MDCT (修正離散コサイン変換) に基づいた複合符号化体系を採用しており[5]、より効率的なデータ圧縮を実現している。このコーデックの主な競合相手はクアルコムaptX HDである。

Android 8.0 Oreoから、LDACエンコーダー (libldac) がAndroid Open Source Project (AOSP) の一部となったので、全てのAndroid端末でこれを自由に統合することができる[6][7]

LDACのエンコーダーライブラリフリーかつオープンソースなので、Linux向けにbluez-alsa[8]pulseaudio-modules-btなどにおいて既に実装されている。現時点で、これらはFedora 29以降において動作している[9][10]

脚注[編集]

  1. ^ LDAC™でさらに高音質に”. Sony Corporation. 2019年9月1日閲覧。
  2. ^ LDAC™で高音質ワイヤレスリスニング”. Sony Corporation. 2019年9月1日閲覧。
  3. ^ John H. Darko (2017年3月29日). “The inconvenient truth about Bluetooth audio”. Darko.Audio. 2019年9月1日閲覧。
  4. ^ Jez Ford (2015年8月24日). “What is Sony LDAC, and how does it do it?”. AVHub. 2019年9月1日閲覧。
  5. ^ ldaclib_api.c”. Google. 2019年9月1日閲覧。
  6. ^ Robert Triggs (2017年8月22日). “What you need to know about Sony’s LDAC”. Android Authority. 2019年9月1日閲覧。
  7. ^ libldac”. Google. 2019年9月1日閲覧。
  8. ^ LDAC support?”. GitHub. 2019年9月1日閲覧。
  9. ^ Bug 1671064 - Review Request: libldac - LDAC library from AOSP”. Red Hat Bugzilla. 2019年9月1日閲覧。
  10. ^ Jiri Eischmann (2019年2月11日). “Better Bluetooth sound quality on Linux”. Brno hat. 2019年9月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]