WAV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Waveform
拡張子 .wav
MIME Type audio/vnd.wave, audio/x-wav
タイプコード WAVE
UTI com.microsoft.waveform-​audio
マジックナンバー WAVE (8バイト目から)
開発者 マイクロソフトIBM
種別 音声
派生元 RIFF
テンプレートを表示

WAVまたはWAVE(ウェーブ、ウェブ) (RIFF waveform Audio Format) は、マイクロソフトIBMにより開発された音声データ記述のためのフォーマットである。RIFFの一種。主としてWindowsで使われるファイル形式である。ファイルに格納した場合の拡張子は、.wav。

RIFF上の識別子は「WAVE」であるが、拡張子から、WAVフォーマットという呼び名が一般化した。音楽業界ではweb(ウェブ)と響きを区別する為に、ワブとも呼ばれる。

通常は非圧縮、リニアPCMサンプリングデータ用のフォーマットとして扱われるが、WAVはいわゆるコンテナ形式で、データ形式は自由であり、μ-lawや、ADPCMMP3WMAなどの圧縮データを格納することもできる。Windows以外のOSで作成したリニアPCMデータを直接Windowsで閲覧するとwavとして認識される。

WAVフォーマットでは、データ長が32ビット符号なし整数型で記述されているため、4GBを超えるファイルを作成できない。この制限を越えるため、データ長を64ビット符号なし整数型で記述するWave64 (.w64) というフォーマットも存在する。またタグはつけられない。

Windows上での圧縮[編集]

Windows上では、ACMを利用すれば、圧縮などが行える。この機能が利用できるソフトウェアとして、サウンド レコーダーがある。

関連項目[編集]

  • AIFF - wavと同じ用途で使用されるコンテナフォーマット
  • Broadcast Wave Format (BWF) - wavの内包するデータを厳密化、チャンクを拡張した形式
  • Cwav - wavを利用した圧縮形式

外部リンク[編集]

解説サイト[編集]