GSM-HR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

GSM-HRGSM Half Rate、あるいはGSM 06.20GSM デジタル携帯電話システムで用いられる音声符号化方式である。コーデックビットレートは 5.6 kbps で、それ以前の規格である GSM-FR(GSM Full Rate)の半分以下に抑えられているため、音質は低下するがネットワークの回線容量を倍に増やすことができる。

概要[編集]

GSM-HR は 1995 年に規格化された音声符号化方式で [1]、 現在の仕様は ETSI 06.20 (ETSI EN 300 969) で定義されている。符号化には CELP の一種である VSELPvector sum excited linear prediction)と呼ばれるアルゴリズムが使われる。

GSM-HR の特徴は以下の通りである [2]

現在は、より広範囲のビットレート(12.2 ~ 4.75 kbps)をサポートする AMR(Adaptive Multi-Rate)コーデックが多くの GSM 携帯電話でサポートされているため、GSM-HR が使われる機会は少なくなりつつある。

脚注[編集]

  1. ^ 3GPP. “3GPP TS 06.20 Half Rate Speech Transcoding”. 3GPP. 2010年7月14日閲覧。
  2. ^ ETSI (2000年11月). “ETSI EN 300 969 8.0.1 (2000-11) - (GSM 06.20 version 8.0.1 Release 1999)”. ETSI. 2010年7月14日閲覧。
  3. ^ Jacob Benesty, M. M. Sondhi, Yiteng Huang (ed). Springer Handbook of Speech Processing. Springer, pp.389, 2007. ISBN 978-3540491255.

参考文献[編集]

  • Jacob Benesty, M. M. Sondhi, Yiteng Huang (ed). Springer Handbook of Speech Processing. Springer, 2007. ISBN 978-3540491255.
  • ETSI, EN 300 969 V8.0.1 (2000-11), Digital cellular telecommunications system (Phase 2+); Half rate speech transcoding (GSM 06.20 version 8.0.1 Release 1999), ETSI, 2000.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]