Windows Media Video

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Windows Media Video
拡張子 .wmv .avi
MIMEタイプ video/x-ms-wmv
UTI com.microsoft.windows-​media-wmv
開発者 マイクロソフト
種別 動画
包含先 ASFAVI

Windows Media Video(ウィンドウズ・メディア・ビデオ、略称WMV)は、マイクロソフトがWindows Media Formatの中核をなすものとして開発したビデオコーデックオーディオコーデックとしてWindows Media Audio(WMA)があり、一般にはWMVとWMAの組み合わせが用いられる。

概要[編集]

1998年、マイクロソフトはWindows Media Player6を発表し、MS-MPEG4コーデックを搭載した。以後、2000年に発表したWindows Media Player 7でWindows Media Video 7を採用したのを皮切りに、独自コーデックとして8、9へと改良を重ね、現在に至る。

2003年9月マイクロソフトは米国映画テレビジョン技術者協会(SMPTE)にWMV9のデコーダ部分のソースコードを標準規格候補としてVC-9という名称で提出した(後にVC-1に改称された)。その際Windows Media Video 9がMPEG-4をベースとして改良された方式であることが表面化し、ライセンスの扱いが問題となったが、結局2004年2月にはDVDフォーラムによってVC-9(当時)がHD DVDの必須映像コーデックとして承認され、2004年9月には第3世代光ディスク(当時の「次世代DVD」)規格としてHD DVDと競合していたBlu-ray DiscもビデオコーデックとしてVC-1を採用するなど、パーソナルコンピュータ向け以外にもWindows Media Video技術の用途が拡大しつつある。

特徴[編集]

  • Microsoft Windowsで標準対応(Windows Media Playerで再生可能)であるため、PCでの再生環境の普及率は高い。
  • WMV9はDVD(MPEG-2)の約半分のビットレートで同等の画質を得られるとしている。また、HDTVにも対応している(WMV HD)。
  • 低ビットレートでも映像の破綻が少なく、ストリーミングASFコンテナ格納時のみ)にも対応しているので、インターネットネット配信に適している。
  • デジタル著作権管理(DRM)対応(ASFコンテナ格納時のみ)によって、著作者の意図しないコピーを防止することができる。
  • エンコードに時間がかかる(DivXなどの約1.5倍〜2倍程度)。エンコードの速度指定でかなり改善できる。
  • シーク出来ないように出来る(ASFコンテナ格納時)。

利用例[編集]

  • 企業や団体の一般向け動画配信。
  • テレビ番組やビデオカメラで録画した映像を保存する。
  • Windows Media EncoderやMicrosoft Expression Encoderを使用すると個人配信も容易。

コンテナ形式[編集]

従来のビデオコーデック同様にDirectShowを利用したコンテナ形式ASF/WMV、AVI等)に格納することが可能。

通常のWMV9(ASFコンテナに格納)
  • (WMV9+WMA9).wmv
VCMを使用したWMV9(AVIコンテナに格納)
  • (WMV9+MP3).avi

注意事項[編集]

WMV9は、下記の3つが存在する。

  • 通常のWMV9コーデックで圧縮したもの=FourCC:WMV3
  • WMP10系エンコーダで圧縮したWMV9 Advanced Profile=FourCC:WMVA
  • WMP11系エンコーダで圧縮したWMV9 Advanced Profile=FourCC:WVC1

VC-1として採用されたのは、WMV3とWVC1であるため、WMVAでエンコードされたファイルは、HD DVDBlu-ray Discに用いることが出来ない。

マイクロソフトは、今後エンコードする際は、WMVAではなくWVC1を用いるよう呼びかけている[1]

脚注[編集]

  1. ^ Using the Advanced Settings of the Windows Media Video 9 Advanced Profile Codec

関連項目[編集]

VC-1採用規格[編集]

コンテナ形式[編集]

コーデック[編集]

関連団体[編集]

その他[編集]

外部リンク[編集]