Apple ProRes

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ProRes 4444から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

ProRes不可逆 映像圧縮フォーマットである。アップルによりポストプロダクションのために作られた。5Kまでの解像度をサポートする。これはApple Intermediate Codecの後継として2007年にFinal Cut Studio 2と共に発表された。[1]

4:4:4 RGBとYCbCrは可逆圧縮である。

概要[編集]

ProResはビデオ編集の際、一時的に使われる中間コーデックである。エンドユーザーが動画を視聴するために配布する用途には使われない。こうした中間コーデックを使う利点は、エンドユーザー用のコーデックで編集するよりも高い画質を維持しつつ、高価なディスク容量を節約することである。ProRes 422はDCTベース[2]intra-frameのみのコーデックである。H.264のような動画配布のために使うコーデックよりもシンプルである。

ProRes 422[編集]

ProRes 422 プロキシ、ProRes 422 LT、ProRes 422 、ProRes 422 HQは不可逆映像圧縮フォーマットである。

主な特徴[編集]

  • 5K, 4K, 2K, HDおよびSDの解像度
  • 4:2:2クロマサブサンプリング
  • 10-bitのサンプリング深度

ProRes 4444およびProRes 4444 XQ[編集]

ProRes 4444ProRes 4444 XQは不可逆映像圧縮フォーマットでありアルファチャンネルをサポートする。

主な特徴[編集]

  • 5K, 4K, 2K, HDおよびSDの解像度[3]
  • 4:4:4クロマサブサンプリング
  • 12-bitまでのサンプリング深度

ProRes RAW[編集]

ProRes RAWは、RAWイメージの品質でProRes 4444より小さなファイル容量で済むように設計され、フルクオリティの4KファイルをMacBook Proでリアルタイムで編集することが出来るフォーマット[4][5]

主な特徴[編集]

ProResハードウェア[編集]

Arri AlexaはProResで1080pまたは2Kの映像を記録できる。ProRes 4444と全てのバージョンのProRes 422をサポートする。

他にいくつかのハードウェアベースのProResエンコーダーが存在する。AJA[6] (IO HD FireWire 800 interface; Ki Pro and Ki Pro Mini portable recorders), Atomos[7] (Ninja and Samurai recorders), Sound Devices (PIX series recorders), Convergent Designs (Odyssey7, 7Q, 7Q+), and Fast Forward Video[8] (Sidekick recorder), Blackmagic Design[9], Convergent Design Odyssey7とOdyssey7Q monitor/recorder[10], Atomos[11]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]