Cinepak

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Cinepak
開発元 SuperMatch
対応OS Windows, macOS
プラットフォーム クロスプラットフォーム
種別 ビデオコーデック
ライセンス プロプライエタリ・ソフトウェア
テンプレートを表示

Cinepak(シネパック)はSuperMac Technologiesの一事業部であるSuperMatchが開発したビデオコーデック

概要[編集]

1992年アップルコンピュータQuickTimeの一部としてリリースされた。

1倍速(150 kbyte/s)のCD-ROMの転送速度で320x240の解像度のビデオをエンコードできるように設計された。このコーデックは1993年にWindowsへ移植された。またAtari Jaguar CDメガCDセガサターン3DOといった1990年代に発売されたCD-ROMを搭載する家庭用ゲーム機でも利用できた。

これは初期のQuickTime(MOV)やマイクロソフトのVideo for WindowsAVI)で主力のビデオコーデックであったが、Sorenson VideoIndeo Video、そして2000年代後半以降のVC-1H.264に取って代わられた。しかしながらCinepakで圧縮されたムービーはほとんどのムービー再生ソフトでまだ一般的に再生可能である。

Cinepakは現在ほとんどのコーデックが(特にJPEGMPEGファミリーが)利用しているDCTアルゴリズムとは全く異なるベクトル量子化アルゴリズムを採用している。比較的低速なCPUで実行できた(68040の25MHzクラスのCPUにおいて、320x240のビデオを秒間30フレームで再生できた)が、ビットレートを落とすとブロックノイズが生じる傾向があり、フルモーションビデオゲームで批判を浴びた。

Cinepakはムービーをキーイメージとイントラコードイメージに分割する。各イメージはキーイメージ内に転送される独立した256色のカラーパレットを持つたくさんの水平な帯で分割される。それぞれの帯は4x4ピクセルのブロックで細分化される。圧縮プログラムは各ブロックにベストマッチする1〜2つの帯のパレットカラーを決定するためにベクトル量子化アルゴリズムを使用し、1カラーバイトまたは2カラーバイトのいずれかに加え、どのピクセルがどの色になるのかを決める16ビットのベクタでブロックの連続をエンコードする。イントラコードのフレームに対するキーのレートを調整し、各ブロックとブロックのランレングスで防げなかったエラーを調整して、狭い範囲内でデータレートが制御される。

このコーデックの名前は以前はCompactVideoであり、FourCC識別子が"CVID"であるのはこのためである。

コンテナ形式[編集]

  • Cinepakは主にAVIMOVで使われていた。

外部リンク[編集]