オーディオコーデック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

オーディオコーデック とは音声データをエンコードまたはデコードするコーデック。また、デジタルデータストリームをエンコードまたはデコードできるデバイスまたはコンピュータープログラムを指す[1][2][3][4]

ソフトウェアでは、オーディオコーデックは特定のオーディオファイルまたはストリーミングメディアオーディオコーディング形式に従ってデジタルオーディオデータを圧縮および圧縮解除するアルゴリズムを実装するコンピュータープログラムを指す。アルゴリズムの目的は、品質を維持しながら、最小限のビット数で高忠実度のオーディオ信号を表現することである。これにより、保存されたオーディオファイルの送信に必要なストレージスペースと帯域幅を効果的に削減できる。 ほとんどのソフトウェアコーデックは、1つまたは複数のマルチメディアプレーヤーに接続するライブラリとして実装される。最新のオーディオ圧縮アルゴリズムのほとんどは、修正離散コサイン変換(MDCT)コーディングと線形予測コーディング (LPC)に基づいている。

ハードウェアでは、オーディオコーデックはアナログオーディオをデジタル信号としてエンコードし、デジタルをアナログにデコードする単一のデバイスを指す。つまり、同じクロック信号で動作するアナログ-デジタルコンバーター(ADC)とデジタル-アナログコンバーター(DAC)の両方が含まれる。これは、たとえば、オーディオの入力と出力の両方をサポートするサウンドカードで使用される。ハードウェアオーディオコーデックは、AC-Link、 Inter-IC Sound(I²S)、 SPII²Cなどのバスを使用してデジタルデータを送受信する。最も一般的なものは、デジタルデータではリニアPCMであり、これはほとんどのコーデックがサポートする唯一の形式だが、一部のレガシーコーデックはテレフォニー用のG.711など他の形式をサポートする。

脚注[編集]

  1. ^ Using codecs”. Microsoft. 2009年12月21日閲覧。
  2. ^ About.com - Codec”. About.com. 2009年12月21日閲覧。
  3. ^ Glossary - Codec”. Afterdawn.com. 2009年12月21日閲覧。
  4. ^ Ubuntu Documentation - What is a codec?”. Ubuntu Documentation Team. 2012年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年12月21日閲覧。

関連項目[編集]