FFmpeg

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
FFmpeg
FFmpegのロゴ
ArchLinux で動作中の FFmpeg
作者 Fabrice Bellard
開発元 FFmpegチーム
初版 2000年12月20日 (23年前) (2000-12-20)[1]
最新版 6.1.1[2] ウィキデータを編集 - 2023年12月31日 (52日前) [±]
リポジトリ ウィキデータを編集
プログラミング
言語
C言語アセンブリ言語[3]
対応OS WindowsmacOSLinux(その他各OS向けにコンパイル可能)[4]
プラットフォーム x86ARMPowerPCMIPSDEC AlphaBlackfinAVR32SH-4SPARC(その他各デスクトップPC向けにコンパイル可能)
サポート状況 活発
種別 マルチメディアフレームワーク
ライセンス LGPL 2.1+, GPL 2+
NVIDIA Performance Primitivesでコンパイルした場合は再頒布不可[5]
公式サイト ffmpeg.org ウィキデータを編集
テンプレートを表示

FFmpeg(エフエフエムペグ)は動画音声を記録・変換・再生するためのフリーソフトウェアである[6]Unix系オペレーティングシステム (OS) 生まれであるが現在ではクロスプラットフォームであり、libavcodec(動画/音声のコーデックライブラリ)、libavformat(動画/音声のコンテナライブラリ)、libswscale(色空間・サイズ変換ライブラリ)、libavfilter(動画のフィルタリングライブラリ)などを含む。ライセンスコンパイル時のオプションによりLGPLGPLに決定される。コマンドラインから使用することができる。対応コーデックが多く、多彩なオプションを使用可能なため、幅広く利用されている。

解説[編集]

FFmpegは、単体ではGUIを持たないツールでUNIXコマンドのように振る舞う。その為、対話式アプリケーションとして使用される場合、フロントエンドを用いる事も多い。コマンドラインから実行するCUIとして配布されているのは、ユーザが必要とすればフロントエンドを利用でき、スクリプトなどのバッチ処理を行う際に呼び出す事もできるという利点からである。また、FFserverと組み合わせる事により、ファイルシステムデバイスファイルストリーミングサーバ間のフィルタとしても動作する。

2011年3月13日にFFmpegの開発は、開発体制の対立からffmpeg.orgとlibav.orgに分裂した。どちらもffmpegというソフトウェアをリリースしているが、Libav英語版側はavconvに名称を切り替える作業を進めている。この分裂に伴い、Debian[7]Ubuntu[8] 11.04、Gentoo LinuxはLibav側を採用した。

2015年7月にDebianはセキュリティ問題への対応姿勢からLibavを排除し、FFmpeg採用に戻った。UbuntuもFFmpeg採用に戻っている[9]

2022年1月17日に大きなAPIの変更と非推奨APIの削除が行われたFFmpeg 5.0がリリースされた[10]

サポートしているファイル形式[編集]

サポートしている画像形式[編集]

サポートしているコーデック[編集]

libavcodecを参照。

サポートしているプロトコル[編集]

サポートしている入出力デバイス[編集]

入手方法[編集]

公式サイトでは、コンパイル済みのバイナリは配布されていないため、自分の環境に合わせてソースコードをコンパイルすることもできるが、コンパイル済みのバイナリを配布する非公式のサイト等も存在している。

FFmpegを利用・サポートしているアプリケーション[編集]

FFmpegに含まれるライブラリ群は多数のマルチメディアアプリケーションにより利用されている。また、Palmのスマートフォン(Palm WebOS[14])やソニーブルーレイプレーヤ(BDP-S1[15]、BDP-S1E/BDP-S300/BDP-S280[16]、BDP-S500/BDP-S2000ES[17])などのデバイスにも利用されている。

出典[編集]

  1. ^ Initial revision - git.videolan.org/ffmpeg.git/commit”. git.videolan.org (2000年12月20日). 2013年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月11日閲覧。
  2. ^ FFmpeg 6.1.1 "Heaviside"”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  3. ^ Developer Documentation”. ffmpeg.org (2011年12月8日). 2012年1月4日閲覧。
  4. ^ Download”. ffmpeg.org. FFmpeg. 2012年1月4日閲覧。
  5. ^ オプションの外部ライブラリであるNVIDIA Performance Primitivesはプロプライエタリなソフトウェアであり、GPLの条件に基づいて配布することができないため
  6. ^ A complete, cross-platform solution to record, convert and stream audio and video.> http://www.ffmpeg.org/
  7. ^ transition: Libav 0.7
  8. ^ Ubuntu Release Management: Transition: "libav"
  9. ^ Why Debian returned to FFmpeg [LWN.net]”. 2015年12月12日閲覧。
  10. ^ FFmpeg 5.0 release
  11. ^ whatwg MPEG-1 subset proposal for HTML5 video codec
  12. ^ Research White Paper - WHP 155
  13. ^ BBC R&D - Automated tapeless production - home page
  14. ^ Open Source Packages
  15. ^ Model/Module : BDP-S1
  16. ^ Model/Module : BDP-S1E/BDP-S300/BDP-S280
  17. ^ Model/Module : BDP-S500/BDP-S2000ES

関連項目[編集]

外部リンク[編集]