ノベル (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Novell, Inc.
企業形態 事業部
業種 ソフトウェア
その後 マイクロフォーカスにより買収
設立 1979年(38年前) (1979
アメリカユタ州プロボ
解散 2014年11月 (2014-11)
本部 アメリカユタ州プロボ
製品
株主 マイクロフォーカス
ウェブサイト www.novell.com
テンプレートを表示


ノベル (Novell, Inc. [nˈvɛl]) は、かつて存在したソフトウェアとサービスの会社である。本社はユタ州プロボに存在した。日本法人であるノベル株式会社東京都港区赤坂に存在した。ノベルの助けによりユタバレー英語版は技術とソフトウェア開発の中心となった。ノベルの技術はLocal Area Network (LAN) の出現に貢献し、LANは支配的なメインフレームコンピューティングモデルを置き換えて世界中のコンピューティングを変えていった。

The Attachmate Group英語版に買収されてその完全子会社となるまで、ノベルは元々独立した法人であった。The Attachmate Groupは後の2014年にマイクロフォーカスに買収され、ノベルは現在マイクロフォーカスの一部門となっている。

歴史[編集]

1979年、ノベルの前身企業であるNovell Data Systems Inc. (NDSI) が、ユタ州オレムCP/Mベースのシステムを製造するハードウェアマニファクチャとして開始された[1]。Novell Data Systemsを開始したオリジナルチームのメンバーであるDennis Faircloughは、以前はEyring Research Institute英語版 (ERI) の従業員であった。NDSIはGeorge Canova、Darin Field、およびJack Davisにより共同で設立された[2]。Victor V. Vurpillatは、Safeguard Scientifics, Inc.の取締役会会長であったPete Musserにこの取引を持ち掛け、Peteはシードファンディングを提供した

Novell Data Systemsにより製造されたマイクロコンピュータは競合他社のものと比べてパフォーマンスが劣っていたため、Novell Data Systemsは最初はうまくいかなかった。

システムの販売で競争するため、Novell Data Systemsは1台以上のマイクロコンピュータを一緒に動作させるためにリンクするプログラムを計画した。SuperSet Softwareグループとして知られる、以前はERIの従業員であったDrew Major、Dale Neibaur、およびKyle Powellは、この仕事のために雇われた。

Fairclough、Major、NeibaurおよびPowellはERIにおいて、政府からの請負でIntelligent Systems Technology Projectのために働いていた。それにより、ARPANETとその関連技術への深い洞察力と、後のノベルの基盤として欠かせないものとなるアイデアを手に入れた。

Safeguard boardはその後、MusserにNovell Data Systemsの閉鎖を命じたが、MusserはBarry RubensteinとFred Dolinの2人に連絡した。彼らは2人ともSafeguardの投資家兼投資銀行家であり、Novell Data Systemsのネットワークプログラムを他社製コンピュータで動作させるというやり方により、Novell Data Systemsがソフトウェア会社としてビジネスを継続できるよう必要な資金の調達を保証した。

Davisは1981年11月にNovell Data Systemsを去り、1982年3月にCanovaもそれに続いた。

RubinsteinとDolinはJack Messmanと協力し、レイ・ノーダ英語版と面談してRaymondを雇った。必要な資金はSafeguard株主に提供される権利を通じて獲得された。その資金はCleveland仲介業者、Prescott、Ball、そしてTurbenにより監視され、RubensteinとDolinが保証人となった。

Major、Neibaur、およびPowellは、彼ら自身によるSuperSet Software Groupを通じてノベルをサポートし続けた。

1983年にNovell Data Systemsは名前をNovell, Inc.と短縮し、レイ・ノーダが会社の長となった。同年の後半、ノベルはNetWareを披露した。これはマルチプラットフォームネットワークオペレーティングシステム (NOS) で、ノベルの最も重要な製品である。

NetWare[編集]

最初のノベル製品は、モトローラ68000[要出典]CPUをベースとしたプロプライエタリハードウェアサーバであった。このサーバはツイストペアケーブルを使うスター型トポロジーを利用して、1台あたり最大4つのボードをサポートしており、ネットワークインタフェースカード (NIC) はIBM PCIndustry Standard Architecture (ISA) バス用に開発されたものであった。このサーバはShareNetと呼ばれたネットワークオペレーティングシステムを主に使用していたが、その後ShareNetはインテルプラットフォームで実行できるように移植され、NetWareに改名された。NetWareの最初の商用リリースはバージョン1.5である。

ノベルはXerox Network Systems英語版 (XNS) をNetWare通信プロトコルの基盤として、IDPとSPPからNetWareの独自規格を作成した。その規格はInternetwork Packet Exchange (IPX) およびSequenced Packet Exchange (SPX) と名付けられた。ファイルと印刷サービスは、Routing Information Protocol (RIP) やService Advertising Protocol英語版 (SAP) により動作するのと同様にして、IPX上のNetWare Core Protocol (NCP) によっても動作した。

NetWareはブートローダにNovell DOS(以前はDR-DOSであった)を使用する。Novell DOSはMS-DOSIBM PC DOSと似ているが、DOSのために必要な追加ライセンスは要求されない。Novell DOSは1991年におけるノベルのデジタルリサーチ買収に由来する。さらにノベルはデジタルリサーチ買収前に、Kanwal Rekhiの会社であるExcelanを既に買収していた。Excelanは小型イーサネットカードを製造してインターネットプロトコルTCP/IPを商用化した。Excelanの買収は、ニッチな分野でのノベルの存在を強固にした。

1980年代の最初から最後まで、ノベルは非常に好調であった。ノベルは高価なイーサネットカードを原価販売することで、積極的にマーケットシェアを拡張した。1990年まで、ノベルはネットワークが必要なあらゆるビジネス用NOSにおいて、ほぼ独占的な地位にいた。

ビジネス用NOSマーケットのリーダーシップにより、ノベルはそのNetWareオペレーティングプラットフォームの頂点でサービスを獲得し構築し始めた。これらのサービスは、SAA、Novellマルチプロトコルルーター、GroupWise、そしてBorderManager英語版などの製品により、NetWareの能力を拡張した。

NetWareを超えて[編集]

しかしながらノベルも多様化したため、大企業をターゲットにするために小規模ユーザーから離れたが、その後ノベルはNetWare for Small Businessで小規模ユーザーに再び焦点を当てようとした。ノベルは研究への投資を減らしたため製品管理ツールの改善が遅れたが、ノベルの製品は通常全く「改造」を必要とせず、それでも動作したという事実により助けられた。

ノベルはノーダの下で、マイクロソフトに挑戦するためと多くの人に解釈されている、一連の買収を行った[3]。1993年6月、ノベルはAT&Tコーポレーション英語版からUNIX Systems Laboratoriesを買収し[4]UNIXオペレーティングシステムの権利を獲得した。さらにノベルは1994年にWordPerfect Corporationを買収し、ボーランドからQuattro Proを手に入れた。

当時のノベルの主要な革新の1つはNovell Directory Services (NDS) であり、これは現在ではeDirectoryとして知られている。1993年にNetWare v4.0が導入されると、NDSは古いBinderyサーバとNetWare 3.x以前にあったユーザー管理技術に取って代わられた。

ノベルは新しい競争に直面したため、1994年にノーダはRobert Frankenbergと交代された[5]。ノーダ時代の買収は短命であった。1995年、ノベルはUNIXビジネスの一部をSanta Cruz Operation英語版に譲渡し、WordPerfectとQuattro Proは1996年にコーレルに売却された。1996年にはNovell DOSもカルデラ英語版に売却された。

1996年、ノベルはネイティブTCP/IPスタックを利用するプロプライエタリなIPXプロトコルへの依存をやめてインターネット対応製品に移行し始めた。前年に辞任したFrankenbergの後継者であるエリック・シュミットがCEOになった1997年に、この移行が推進された。さらにシュミット配下のChristopher Stoneが、シニア・バイス・プレジデントとして戦略と企業開発担当に就任した。

その成果が1998年10月にリリースされたNetWare v5.0である。NetWare v5.0はeDirectory上で利用および構築され、Novell Cluster Services (NCS、SFT-IIIの代替) やNovell Storage Services (NSS) などの新しい機能が導入された。NSSは、NetWareの初期バージョンで使用されたTraditional/FATファイルシステムの代替である。NetWare v5.0はNOSにネイティブTCP/IPサポートを導入したがIPXは依然としてサポートされていた。これは環境間のスムーズな移行ができるようにし、さらに環境の競合によりしばしば要求される「フォークリフトアップグレード」を避けるためである。同様に、Traditional/FATファイルシステムも依然としてサポートされるオプションのままであった。

低下[編集]

1995年以降、コアシステムコンポーネントとしてネットワークが主流であるPCオペレーティングシステムの全てに含まれるようになったため、ノベルのマーケットシェアは急落するようになった。Windows 3.0以前のOSとは異なり、Windows 3.1 for WorkgroupOS/2、およびLinuxには全てネットワーク機能が標準で含まれていたため、この領域におけるサードパーティー製品に対する需要が大幅に減少した。

エリック・シュミットの支配下でノベルの衰えとマーケットシェアの喪失が加速し、ノベルはNetWareの売上と購入の全てに渡る減少と、シェアの値段が1シェアあたりUS$40.00からUS$7.00へ落ち込んだことを経験した。アナリスト達は、ノベルの崩壊の主な理由はシュミットの下におけるノベルのチャネル戦略とチャネルパートナーの誤った管理と関係があるとコメントした[6][7][8]

レイ・ノーダの支配下においては、ノベルはリセラーと顧客に、新規購入版NetWareのコピーと同じパッケージであるアップグレードを3分の1の価格で提供した。これにより、NetWareのリセラーが定期的にアップグレードをフルプライズの新規購入版NetWareのバージョンとして販売することが可能になるという、「グレーマーケット」を作り出すことになったが、ノベルは意図的に追及しなかった。レイ・ノーダは、前線のリセラーがTech DataやIngramなどの代理店を「突き抜けて」、割引価格でNetWareのバージョンを購入できるようにしたこの戦略を自分が考案したが、ノベルは「他の観点から見ていた」と、数人のアナリスト達にコメントした。これによりNovell Field Support Technician達の給料が補助された。Novell Field Support Technicianの大半は、Novell CNE (Certified NetWare Engineers) として前線のリセラーのために働く従業員であった。

リセラーが「他人の製品よりもあなたの製品からより多くのお金を稼ぐ」ことを可能とするこの戦略は、輸入家電製品と競合する場合にゼネラル・エレクトリックでエグゼクティブとして学んだうちの1つである、とノーダはコメントした。 エリック・シュミットはノベルのチャネルの原動力を理解せず、完全な製品をアップグレードとすることをやめるという悲惨な戦略に乗り出し、いつも通りに新規購入版NetWareとして購入したアップグレードを販売している非常に多くのノベルのレセラーに対して訴訟を起こすという一般的な忠告をした。

この動きにより、ノベルの収益は数四半期の間増加したが、後に訴訟への恐れからNetWareから手を引いたノベルのリセラーの大半は崩壊した.[9][10][11][12]

1999年まで、ノベルはその支配的なマーケットポジションを失った。マイクロソフトは技術的スタッフを迂回して法人の管理職へ直接販売することで、法人のデータセンターへのアクセスを得られたため、ノベルはNetWareから手を引いたリセラーのように、マイクロソフトによって引き続き市場の外へと押しやられた。

その後、ほとんどのリセラーはNovell CNE従業員を再認証した。Novell CNE従業員はMicrosoft MSCEテクニシャンのように、その分野におけるノベルの直接顧客の第一級連絡先となるサポート技術者であり、さらにループポリシーや、キャラクターベースであるノベルのインタフェースよりも近 代的とされたマイクロソフトのGUIなどのWindows 2000機能の下位としてNetWareを置くことを奨励していた[誰によって?]。収益の低下により、ノベルはネットサービスとプラットフォーム相互運用に注力した。eDirectoryやGroupWiseなどの製品はマルチプラットフォームで作成された。

2000年10月、ノベルは "DirXML" という愛称の新しい製品をリリースした。DirXMLは異なるディレクトリとデータベースシステムどの間でデータ(通常はユーザー情報)を同期するよう設計された。DirXMLは情報をストアしてeDirectoryの速度と機能をレバレッジし、後にノベル内のコア製品セット基盤を形成する、Novell Identity Manager英語版となった。

ノベルはサービス販売を拡充するため、John J. Donovanマサチューセッツ州ケンブリッジ (マサチューセッツ州)で創設したコンサルティング企業であるケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ (CTP) を2001年6月に買収した。ノベルはソリューション(ソフトウェアとサービスのコンビ)を提供する能力が顧客満足を満たす鍵となると感じていた。この統合は明らかに同社のソフトウェア開発文化に反しており、会社の財務担当者もそれに反対した。

CTPのCEOであるJack Messmanは、自身のノベルの役員としてのポジションを利用して当初から統合を工作し、取引の一部としてノベルのCEOとなった。1999年に辞任していたChris Stoneが、オープンソースと企業Linuxにおけるノベルの戦略進路を定めるために副会長として再雇用された。CTPの買収により、ノベルは本社をマサチューセッツに移転した[13]

ノベルはWebサービス指向アプリケーションのリーダーではあるが市場では出遅れていた、SilverStream Softwareを2002年6月に買収した。SilverStream SoftwareはNovell exteNd英語版に改名され、そのプラットフォームにはJava EEベースのXMLとWebサービスツールなどがあった。

Linux[編集]

ノベルはオープンソースLinuxアプリケーション(EvolutionRed Carpet、およびMono)の開発企業であるXimianを2003年8月に買収した。この買収は、Linuxカーネル上に集めた製品セットへと移行するというノベルの合図であった。

ノベルはLinuxディストリビューションへと力を大がかりに移行することを率いていたLinux OS開発企業である、SuSEを2003年11月に買収した。IBMもSuSE買収の支援を示すために5,000万ドルを投資した。

ノベルは "Novell Enterprise Linux Services" (NNLS) を2003年中期にリリースした。 NNLSはSUSE Linux Enterprise Server (SLES) version 8に、以前からNetWareに関連していたサービスのいくつかを移植したものである。

ノベルはXimian DesktopとSUSE Linux Professional 9.1をベースとした、Linuxベースの企業デスクトップであるNovell Linux Desktop v9を2004年11月にリリースした。これは企業デスクトップ市場を得るためのノベルの最初の試みであった。

NetWareの後継製品であるOpen Enterprise Server (OES) は2005年3月にリリースされた。OESは前身のNetWare v6.5によりホストされた全てのサービスを提供し、NetWare v6.5カーネルかSUSE Linux Enterprise Server v9カーネルのどちらかを使って、選んだ方のサービスを届けるという選択肢を追加した。このリリースは、NetWareの顧客を説得してLinuxへ移行させることを狙いとしていた。

ノベルはSUSE ProfessionalをベースとしたopenSUSEプロジェクトを2005年8月に作成した[14]。openSUSEは自由にダウンロードでき、箱入りの小売商品としても利用可能である[15]

停滞[編集]

ノベルは2003年から2005年の間、ポートフォリオにまたがり多くの製品をリリースした。これは市場シェアの低下を阻止するつもりで、この間にリリースしたもの以外のノベル製品依存から脱却するためである。しかしこれを開始してもノベルの望みほどには成功しなかった。Chris Stoneは、当時のCEOであるJack Messmanとの統率における明らかな問題の結果として、2004年後半に再びノベルを去った[16]。コスト削減のため、ノベルは2005年後半にレイオフする予定をアナウンスした。Linux事業からの収益は成長を続けたが、NetWareの収益による減少を相殺するほどその成長は早くなかった。ノベルの収益は急激に落ち込むことはなかったが、成長もしなかった。明確な方向性や効果的な管理の欠如は、ノベルがリストラを完了するまでに予想以上に時間を費やすことを意味していた。

最高経営責任者Jack MessmanとチーフファイナンスオフィサーJoseph Tibbettsは2006年6月に解雇された。ノベルの社長兼最高執行責任者であるRonald Hovsepianが最高経営責任者に指名され、財務および企業統括担当副社長であるDana Russellがに暫定CFO指名された。

"Your Linux is Ready"[編集]

ノベルはSUSE Linux Enterprise 10 (SLE 10) シリーズを2006年8月にリリースした。SUSE Linux Enterprise Serverは、Xenハイパーバイザをベースとした仮想化を提供する最初の企業クラスLinuxサーバであった。SUSE Linux Enterprise Desktop(SLEDとして良く知られる)は新しいユーザーフレンドリーなGUIとXglベースの3Dディスプレイ表示能力を特徴とした。SLE 10のリリースはノベルのLinux製品が企業向けに準備されていることを伝える、"Your Linux is Ready" というフレーズを伴って販売された。ノベルは "SUSE Linux Enterprise Real Time" (SLERT) と呼ばれる、Concurrent Computer Corporation由来の技術をベースとしたSLESのリアルタイムバージョンを2006年9月後半にアナウンスした。

マイクロソフトとの訴訟[編集]

ノベルは1994年から1996年の間、ノベルのWordPerfectビジネスに関する独占禁止法違反に関与していたと主張してマイクロソフトを2004年に訴えた。後に合衆国地方裁判所はノベルの訴えを道理にかなってないとして、2012年6月に退けた.[17]

これにもかかわらず、ノベルとマイクロソフトの2社は互いの顧客のため、それぞれの製品のカバレッジなどで、互いに協力することに合意したことを2006年11月2日にアナウンスした[18][19]。また、ソフトウェアの互換性を向上させるためにより密接に協力し、共同研究施設を設置することを約束した。両社の経営幹部は、このような協調によりMicrosoft OfficeOpenOffice.orgとの間の互換性と仮想化技術をさらに向上させることについての希望を表明した。

当時マイクロソフトのCEOであったスティーブ・バルマーはこの取引について、「これらの一連の同意により、オープンソースソフトウェアプロプライエタリソースソフトウェアとの分裂に橋渡しをするとして本当に役立つだろう」と語った[20]

この契約にはマイクロソフトからノベルに対し、特許協力とSLESのサブスクリプションとして3億4800万ドルの前払いが含まれていた。加えて、SLES/Windowsサーバ製品とそれに関連する仮想化ソリューションとの組み合わせのマーケティングと販売のため、マイクロソフトは今後5年間で年間約4600万ドルを費やすことに同意した。その一方で、同じ期間にノベルは毎年少なくとも4000万ドルをマイクロソフトへ払った[21]

このパートナーシップの最初の成果の1つは、ノベルがOpenOffice.orgで使える[22]を採用したことであった。

マイクロソフトは、Microsoft Silverlightリッチメディアプラットフォームの作業者でありオープンソースであるMoonlightランタイムのユーザーが特許侵害で訴えられないように、2つの公開誓約をリリースした。各誓約に共通の条項の1つは、GPLv3の元でのMoonlightの実装はリリースしないことであった[23][24]

FOSSコミュニティの反応[編集]

ノベルが「裏切って」、GNU GPLがLinuxカーネルを含む排他的な契約の下でコードの配布を許可することを疑問に思うと懸念を表明したことで、特許保護に従事するFOSSコミュニティのメンバーからの最初の反応は非常に批判的なものであった[25][26][27]

Software Freedom Law Center (SFLC) のCTOであるブラッドリー・M・クーンは2006年11月9日のFOSS開発への手紙の中に、この契約は「役に立たないよりもさらに悪い」と記していた[28]。SFLCのチェアマンであるエベン・モグレンは、ノベルがFOSSから引き離された開発において、信頼できる審査によりGPL(バージョン2)による契約を遵守しているかどうかを決められるようにするため、SFLCとの協力を申し出ていると報告した[29]フリーソフトウェア財団の創設者であるリチャード・ストールマンは、GPLのバージョン3でもたらされた変更によりそのような取引をできなくすると2006年11月に語った[30]。GPLのバージョン3の最後の改定版が決まった時、マイクロソフトとノベルの間の取引は既得権益となっていた。GPLv3における条項では、たとえ過去にこのような特許提携を結んでいても、2007年3月28日以前にパートナーシップを行っている限り企業はGPLv3ソフトウェアを配布できる (GPLv3 Section 11 paragraph 7[31])。

Sambaチームはアナウンスへの強い不満を2006年11月12日に表明し、ノベルに再考を要望した[32]。Sambaチームにはノベルの従業員であったジェレミー・アリソンもいた。彼はこの声明にチームの全メンバーが合意したことをスラッシュドットのコメントで確認し[33]、後に抗議のためノベルを退職した[34]

ロイターは2007年2月初期、フリーソフトウェア財団がLinuxバージョンを販売するノベルの権利を批評し、Linux販売からのノベルの追放を検討していることをアナウンスしたと報じた[35] However, spokesman Eben Moglen later said that he was quoted out of context,[36]。しかしながら、スポークスマンであるEben Moglenは後に、これは前後関係を省いて引用され[37]、将来における類似の取引を締め出すためにGPLバージョン3を設計したと述べただけであると語った。

Intelligent workload management[編集]

ノベルは混成されたデータセンター内における様々な仕事量を管理するよう設計された製品により、Intelligent workload management英語版市場をリードするつもりであることを2009年12月にアナウンスした[38]

Attachmateによる買収[編集]

ノベルは永らく他の様々な企業による買収のターゲットになっていると噂されていた。ノベルの約8.5%の株式保有機関投資家であるElliott Associates L.P.英語版は、現金で1株当たり5.75ドル、10億ドルでノベルを買収する提案を2010年3月に行った[39]。ノベルは提案が不十分であり、ノベルのフランチャイズおよび成長見通しを過小評価していると述べ提案を拒否した[40]

ノベルは2010年11月、Attachmate英語版による買収に同意し、ノベルを2つの部署で運用し、かつその1つをSUSEとすることを計画しているとアナウンスした。取引の一環として、ノベルが所有する882の特許を、アップルEMC、およびオラクルを含みマイクロソフトが率いる企業コンソーシアムであるCPTN Holdings英語版 LLCに売却した[41][42][43]。ノベルのSECファイリングによると、この特許は「アイデンティティとセキュリティ管理ビジネスに関連するだけではなく、主にエンタープライズレベルのコンピュータシステム管理ソフトウェア、エンタープライズレベルのファイル管理およびコラボレーションソフトウェアに関連する特許である。ただしこのように発行された特許と特許出願の一部は、様々なソフトウェア製品で読むことができる」というものである[44][45]。Attachmateはこの取引終了に先立って、SUSEビジネスとopenSUSEプロジェクトとの関係を変えるつもりはないと述べた[46]。この統合は2011年8月に完了し、Attachmateはノベルを買収するために現金で1株につき$6.10を支払った。ノベルは完全にThe Attachmate Groupの所有となり、Attachmate Corporationを親会社とする子会社となった。

買収の完了と同時に、ノベルの製品やブランドの一部はAttachmateグループ英語版ビジネスユニットの別会社であるNetIQ英語版に移行され、SUSE Linuxブランドは独自の事業単位として分割された。その4つのビジネスユニットは直接買収による影響は受けなかった。

CPTN Holdings契約[編集]

合併が確定する直前、ノベルは4億5000万ドルでCPTN Holdingsへの特許販売を終えた[47]アメリカ合衆国司法省は、CPTNとの取引は彼らが元々提案していたが、この取引によってサーバ、デスクトップ、およびモバイルの各オペレーティングシステム、ミドルウェア、そして仮想化製品の開発や配布において、Linuxなどのオープンソースソフトウェアの革新と参加を継続することを脅かされるとアナウンスした。その部門における独占禁止法違反の懸念が提出されたため、CPTNとそのオーナーは元々の契約を以下のように変更した :

  • ノベルの特許は全てGPLv2オープンソースライセンスとOpen Invention Network (OIN) ライセンスの対象となる。
  • CPTNはどの特許も制限する権利を持たない。もしそのような権利が存在した場合、OINライセンスの元で利用可能である。
  • CPTNをそのオーナーのどちらも、ノベルやAttachmateのいずれかがOINライセンスの下で利用可能な特許の修正に影響を及ぼしたり奨励したりするための声明を出したり、そのためのアクションを起こすことはない。

2011年のレイオフ[編集]

Attachmateは、プロボのユタバレーセンター出身の多数の従業員を含む、ノベルの全従業員のレイオフを2011年4月にアナウンスし[48]、Monoなどのオープンソースプロジェクトの将来に疑問を提起した[49][50]

マイクロフォーカスによる買収[編集]

メインフレームソフトウェア企業であるマイクロフォーカスは、ノベルを含むAttachmate Groupを1億2000万ドルで買収したことを2014年9月にアナウンスした[51]

買収[編集]

サーティフィケーション[編集]

ノベルは自社製品のサーティフィケーションを提供した、最初のコンピュータ企業の1つである。これらには以下があった :

  • Certified Novell Administrator (CNA)
  • Certified Novell Engineer (CNE)
  • Certified Linux Professional 10 (CLP 10)
  • Certified Linux Engineer 10 (CLE 10)

製品[編集]

ノベルが販売した製品を以下に示す :

  • Novell iPrint Appliance - 印刷においてモビリティをサポートするネットワークプリントサーバ。ユーザーは世界中の任意の場所で、任意のデバイスから印刷できる。
  • BorderManager英語版 - NetWare上におけるインターネットアクセス制御、セキュアなVPN、およびファイアウォールを提供する。
  • Business Continuity Clustering - 高可用な設定と管理を自動化するクラスタサーバ。
  • Client for Linux - Linuxデスクトップユーザーに対して、NetWareやOpen Enterprise Serverのサービスやアプリケーションへのアクセスを可能にする。
  • Novell Client|Client for Windows - Windowsユーザーに対して、NetWareやOpen Enterprise Serverのサービスやアプリケーションへのアクセスを可能にする。
  • Cluster Services for Open Enterprise Server - Storage Area Network (SAN) 上のリソース管理を容易にし、高可用を可能にする。
  • Data Synchronizer - アプリケーションとモバイルデバイスを常に同期し、有名なCRMシステムへのコネクタを提供する。
  • Endpoint Lifecycle Management Suite - アプリケーション、デバイス、およびサーバをライフサイクルを通じて管理する。
  • Endpoint Protection Suite - エンドポイント保護スイート。
  • File Management Suite英語版 - ビジネスポリシーに基づくファイルストレージの発見、分析、準備、再配置、および最適化をまとめて行うための、3つのノベル製品を統合する。
  • File Reporter英語版 - 構造化されていないファイルデータや、ストレージの成長予測をテラバイトで調査し報告する。
  • GroupWise - セキュアな電子メール、カレンダー、連絡先の管理と、モバイル同期を伴うタスク管理を提供する。
  • Ifolder - システムやウェブを横断する、オンラインおよびオフラインのセキュアなアクセスに対してファイルを供給する。
  • NFS Gateway for NetWare 6.5 - NetWare 6.5サーバがUNIXやLinuxのNFS拡張ファイルシステムへアクセスできるようにする。
  • Open Enterprise Server - 中央集権化されたサーバ管理やセキュアなファイルストレージなどのNetWareサービスを提供する。SUSE Linux Enterprise Serverで起動する。
  • Open Workgroup Suite - 低コストなMicrosoft Professional Desktop Platformの代替ソフト。ワークグループサービスやコラボレーションツールが特徴。
  • Open Workgroup Suite for Small Business - Linuxで起動する、デスクトップ-サーバ間におけるフル機能を搭載したソリューション。中小企業ユーザーのサポートをするために設計されている。
  • Service Desk - ITサービスの合理化と提供を自動化する。LiveTime Software制作のOEM製品[53]
  • Storage Manager英語版 - ユーザーやワークグループにファイルストレージ管理の自動化を提供する。
  • Total Endpoint Management Suite - 企業全体のセキュリティと生産性のバランスを効率的に取る。
  • Vibe英語版 - 既存のインターネットシステムを置き換えることが可能なドキュメント管理とワークフロー機能により、セキュアなチームコラボレーションを提供する。
  • ZENworks - システム管理をサポートするためのソフトウェアスイート。
    • ZENworks Application Virtualization英語版 - アプリケーションを配信するアプリケーションストリーミングをユーザーの振る舞いに基づいて予測的に行うことで、仮想化されたアプリケーションのパッケージ化と配備を可能にする。
    • ZENworks Asset Management - ハードウェアとソフトウェアの報告、統合されたライセンス管理、インストール、および使用データを提供する。
    • ZENworks Configuration Management - 自動化されたエンドポイント管理、ソフトウェア配布、ユーザーサポート、およびより早いWindows 7マイグレーションを提供する。
    • ZENworks Endpoint Security Management[54][55] (ZES) - ラップトップ、スマートフォン、そしてサムドライブなどのクライアントエンドポイント英語版に対してアイデンティティに基づく保護を提供する。ドライバレベルのファイアウォールを提供する。
    • ZENworks Full Disk Encryption - ラップトップやデスクトップのデータを保護する。
    • ZENworks Handheld Management - 盗難にあったハンドヘルドの確保、ユーザーデータの保護、パスワードポリシーの強化、および紛失や盗難にあったデバイスのロックを可能にする。
    • ZENworks Linux Management - Linuxリソースの配備、管理、および維持のためのポリシードリブン自動化を使い、Linuxデスクトップやサーバの制御を容易にする。
    • ZENworks Mobile Management - 法人支給と個人所有の両方 (BYOD) において、モバイルデバイスをセキュアにして管理する。
    • ZENworks Patch Management - パッチ評価、監視、および修復を自動化する。セキュリティ脆弱性を検知するため、パッチが適用されているかどうかを監視する。
    • ZENworks Virtual Appliance - 自己完結型プラグアンドプレイ設定管理、資産管理、およびパッチ管理を提供する。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Novell Execution of "one Net" – Critical Corporate Milestones”. 2017年1月11日閲覧。
  2. ^ Archived copy”. 2016年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月29日閲覧。
  3. ^ Barney, Doug; van Kirk, Doug (1994年3月28日). “Novell promises fair play in new climate of competition, support”. InfoWorld英語版: pp. 6. https://books.google.com/books?id=EjsEAAAAMBAJ&lpg=PA6&pg=PA6#v=onepage&f=false 2017年1月10日閲覧。 
  4. ^ “Novell completes acquisition of UNIX System Laboratories from AT&T” (プレスリリース), (1993年6月14日), http://tech-insider.org/unix/research/1993/0614.html 2017年1月13日閲覧。 
  5. ^ Fisher, Lawrence M. (April 6, 1994). Longtime Hewlett Executive Named Novell Chief. ニューヨーク・タイムズ
  6. ^ Shankland, Stephen. “Novell stock down after revenue decline - ZDNet”. 2017年10月16日閲覧。
  7. ^ Prince, Marcelo (1999年11月26日). “Shares of Novell Decline As Analysts Cut Ratings”. 2017年10月16日閲覧。
  8. ^ Novell warns on earnings - May 2, 2000”. 2017年10月16日閲覧。
  9. ^ Novell Files Lawsuits Against Two Resellers”. Novell.com (1997年3月4日). 2013年7月17日閲覧。
  10. ^ Novell Receives Settlement From Aqua Systems, Inc. in Improper Upgrade Lawsuit”. Novell.com (1995年8月22日). 2013年7月17日閲覧。
  11. ^ Novell lawsuit charges PMI with infringement”. Deseret News (1998年8月27日). 2013年7月17日閲覧。
  12. ^ Reseller Files $5M Lawsuit Against Ingram Micro”. Crn.com. 2013年7月17日閲覧。
  13. ^ Sweeney, Phil (2002年4月29日). “Cambridge-bound Novell pins recovery on CTP buy — Boston Business Journal:”. Bizjournals.com. http://www.bizjournals.com/boston/stories/2002/04/29/story5.html 2008年11月4日閲覧。 
  14. ^ Gasperson, Tina (2005年8月3日). “Novell frees SUSE Professional under new branding”. NewsForge. 2017年1月10日閲覧。
  15. ^ Buy openSUSE - openSUSE”. En.opensuse.org (2013年3月20日). 2013年7月17日閲覧。
  16. ^ Cold Realities For Novell”. Businessweek.com. 2008年11月4日閲覧。
  17. ^ Rosenblatt, Joel (2012年7月16日). “Microsoft wins dismissal of Novell's antitrust lawsuit | Business & Technology”. The Seattle Times. 2013年7月17日閲覧。
  18. ^ Microsoft and Novell Announce Broad Collaboration on Windows and Linux Interoperability and Support”. Microsoft.com. 2017年1月10日閲覧。
  19. ^ Steve Ballmer: Microsoft and Novell Collaboration Announcement”. Microsoft.com. 2017年1月10日閲覧。
  20. ^ Microsoft makes Linux pact with Novell — CNET News.com”. News.com.com. 2008年11月4日閲覧。
  21. ^ Novell gets $348 million from Microsoft”. Linux-watch.com. 2008年11月4日閲覧。
  22. ^ Novell Downloads”. 2017年10月16日閲覧。
  23. ^ Covenant to End Users of Moonlight 3 and 4”. Microsoft.com (2009年12月18日). 2012年2月23日閲覧。
  24. ^ Covenant to Downstream Recipients of Moonlight – Microsoft & Novell Interoperability Collaboration”. Microsoft. 2010年9月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月23日閲覧。
  25. ^ Groklaw — Novell Sells Out”. Groklaw.net. 2008年11月4日閲覧。
  26. ^ Groklaw — The Morning After — Reactions to Novell-MS — Updated 2xs”. Groklaw.net. 2008年11月4日閲覧。
  27. ^ corbet (2006年11月3日). “Various responses to Microsoft/Novell [LWN.net]”. Lwn.net. 2008年11月4日閲覧。
  28. ^ Bradley M. Kuhn's Letter to the FOSS Development Community Regarding Microsoft's Patent Promise — Software Freedom Law Center”. Softwarefreedom.org (2006年11月9日). 2008年11月4日閲覧。
  29. ^ Sanders, Tom. “Novell opens legal books to GPL pundits — vnunet.com”. California: Vnunet.com. 2007年9月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年11月4日閲覧。
  30. ^ GPLv3 — Transcript of Richard Stallman from the fifth international GPLv3 conference, Tokyo, Japan; 2006-11-21”. Fsfeurope.org. 2008年11月4日閲覧。
  31. ^ GNU GENERAL PUBLIC LICENSE Version 3”. fsf.org. 2009年6月3日閲覧。
  32. ^ Samba Team Asks Novell to Reconsider”. News.samba.org. 2008年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年11月4日閲覧。
  33. ^ Samba Team Urges Novell To Reconsider”. Slashdot.org. 2008年11月4日閲覧。
  34. ^ Groklaw — Jeremy Allison Has Resigned from Novell to Protest MS Patent Deal”. Groklaw.net (2007年6月29日). 2008年11月4日閲覧。
  35. ^ Finkle, Jim. “Novell could be banned from selling Linux: group”. 2017年10月16日閲覧。 “The community of people wants to do anything they can to interfere with this deal and all deals like it. They have every reason to be deeply concerned that this is the beginning of a significant patent aggression by Microsoft”
  36. ^ News - Linux for Devices” (2012年5月29日). 2012年5月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月16日閲覧。
  37. ^ Linux-Watch
  38. ^ Novell Delivers Workload Automation Strategy, Tools”. Datamation (2009年12月8日). 2017年1月10日閲覧。
  39. ^ Elliott Offers to Acquire Novell”. PR Newswire (2010年3月2日). 2017年6月28日閲覧。
  40. ^ Novell rejects "inadequate" $2B takeover bid”. Networkworld (2010年3月20日). 2010年3月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年3月20日閲覧。
  41. ^ FORM 8-K — Novell Inc.”. U.S. Securities and Exchange Commission (2010年11月21日). 2010年11月27日閲覧。 “Also on November 21, 2010, Novell entered into a Patent Purchase Agreement (the "Patent Purchase Agreement") with CPTN Holdings LLC, a Delaware limited liability company and consortium of technology companies organized by Microsoft Corporation ("CPTN"). The Patent Purchase Agreement provides that, upon the terms and subject to the conditions set forth in the Patent Purchase Agreement, Novell will sell to CPTN all of Novell's right, title and interest in 882 patents (the "Assigned Patents") for $450 million in cash (the "Patent Sale").”
  42. ^ Novell Agrees to be Acquired by Attachmate Corporation. Novell. (November 22, 2010). http://www.novell.com/news/press/novell-agrees-to-be-acquired-by-attachmate-corporation/ 2010年11月22日閲覧。. 
  43. ^ CPTN Holdings LLC (acquirer of 882 Novell patents): Microsoft, Apple, EMC and Oracle are the partners according to German antitrust notification” (2010年12月16日). 2011年1月3日閲覧。
  44. ^ SCHEDULE 14-A — Novell Inc.”. U.S. Securities and Exchange Commission (2011年1月14日). 2011年1月18日閲覧。
  45. ^ “Details Emerge of Patents Novell Is Selling to Microsoft”. PCWorld. (2011年1月18日). http://www.pcworld.com/article/216931/details_emerge_of_patents_novell_is_selling_to_microsoft.html 2011年1月18日閲覧。 
  46. ^ Attachmate Corporation Statement on openSUSE project. Attachmate Corporation. (November 22, 2010). http://www.attachmate.com/Press/PressReleases/nov-22-2010-SUSE.htm 2010年11月23日閲覧。. 
  47. ^ Novell Completes Merger with Attachmate and Patent Sale to CPTN Holdings LLC”. Novell. 2011年4月28日閲覧。
  48. ^ Koep, Paul (2011年5月2日). “Employees say hundreds laid off at Novell's Provo office”. KSL-TV. 2011年5月7日閲覧。
  49. ^ J. Vaughan-Nichols, Steven (2011年5月4日). “Is Mono dead? Is Novell dying?”. ZDNet. 2011年5月7日閲覧。
  50. ^ Clarke, Gavin (2011年5月3日). “.NET Android and iOS clones stripped by Attachmate”. The Register. 2011年5月7日閲覧。
  51. ^ Joab Jackson. “Micro Focus buying Novell, Suse Linux owner for $1.2 billion”. http://www.networkworld.com/article/2684353/micro-focus-buying-novell-suse-linux-owner-for-12-billion.html 2017年1月10日閲覧。 
  52. ^ Senforce Archived November 13, 2008, at the Wayback Machine.
  53. ^ LiveTime and Novell partner for Novell Service” (2010年10月12日). 2010年10月12日閲覧。
  54. ^ Endpoint Security Management”. Novell. 2014年10月20日閲覧。 “ZENworks 11 SP3 Endpoint Security Management simplifies endpoint security by providing centralized management of security policies for your managed devices.”
  55. ^ Novell ZENworks Endpoint Security Management”. Novell (2014年). 2014年9月25日閲覧。 “Novell ZENworks Endpoint Security Management utilizes an installed client application to enforce complete security on the endpoint itself.”

外部リンク[編集]