libavcodec

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
libavcodec
開発元 FFmpegチーム
最新版 57.48.101 (FFmpeg 3.1.2内) / 2016年8月9日(14か月前) (2016-08-09
リポジトリ git.ffmpeg.org/gitweb/ffmpeg.git/tree/HEAD:/libavcodec
プログラミング言語 C99
対応OS クロスプラットフォーム
種別 マルチメディアライブラリ
ライセンス LGPL 2.1以降
公式サイト ffmpeg.org
テンプレートを表示
libavcodec
開発元 Libav
最新版 56.1.0 (libav 11.7内) / 2016年5月29日(17か月前) (2016-05-29
リポジトリ git.ffmpeg.org/gitweb/ffmpeg.git/tree/HEAD:/libavcodec
プログラミング言語 C99
対応OS クロスプラットフォーム
種別 マルチメディアライブラリ
ライセンス LGPL 2.1以降
公式サイト libav.org
テンプレートを表示

libavcodecは動画・音声データのエンコード・デコードのためのオープンソースなコーデックライブラリである[1]。2011年3月の Libav と FFmpeg の分裂に伴い、両方のプロジェクトから同一名称で互換性のない形でリリースされている。

libavcodecはマルチメディアを扱う多くのオープンソースなアプリケーションやフレームワークにとって欠かせないものである。一般的に良く使われるMPlayerxine及びVLCメディアプレーヤが全サポートプラットフォーム上でたくさんの音声・動画形式を再生可能にするためにメインの内蔵デコードエンジンとしてlibavcodecを使っている。また、ffdshow tryoutsのデコーダにもプライマリなデコードライブラリとして使われている。GStreamer FFmpeg plugin[2]が一般的に良く使われる特許を持つフォーマット(例えば MPEG-2 (DVD video)、MPEG-4 ASPH.264プロプライエタリなフォーマットであるWindows Media VideoVP6RealVideoなど)を再生するために、UbuntuのようなLinuxディストリビューションで使うことができる[3]。またlibavcodecはエンコード・デコードの為にAvidemuxMEncoderKdenliveのようなビデオエディタやトランスコーディングアプリケーションにも使われている。

実装しているビデオコーデック[編集]

libavcodecは以下のフォーマットの動画のデコーダとエンコーダを含む[4]:

実装しているオーディオコーデック[編集]

libavcodecは以下のフォーマットの音声のデコーダとエンコーダを含む[5]:

libavcodecに依存するライブラリ[編集]

  • libavformat (FFmpegの一部)
  • libgegl (GEGLの一部。任意)
    • libgimp (GIMPの一部)
  • libmpcodecs (MPlayerの一部)
  • libvlc (VLCの一部)

libavcodecを使用しているアプリケーション[編集]

動画プレーヤ[編集]

音声プレーヤ[編集]

  • Audacious (audacious-pluginsにwmaのコードだけを含む)
  • Rockbox (FLACのコードだけを含む)
  • XMMS2

マルチメディアプレーヤ[編集]

動画編集[編集]

音声編集[編集]

動画変換[編集]

音声変換[編集]

グラフィックライブラリ[編集]

3Dグラフィック編集[編集]

VoIP[編集]

マルチメディアストリーミングサーバー[編集]

マルチメディアフレームワーク[編集]

メタデータ管理[編集]

API ラッパー[編集]

  • FFmpeg-Perl - Perl
  • ffmpeg-php - PHP
  • Jffmpeg - Java
  • Xuggler - Java[6]

その他[編集]

外部リンク[編集]

出典[編集]