Secure Shell

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Secure Shell(セキュア シェル、SSH)は、暗号認証技術を利用して、安全にリモートコンピュータと通信するためのプロトコルパスワードなどの認証を含むすべてのネットワーク上の通信が暗号化される。

概要[編集]

従来からTelnetrshrloginなどリモートホストのシェルを利用するためのプロトコルは存在した。しかしながら、これらはネットワークに平文でパスワードを送信するため、パスワードをのぞき見(盗聴)される危険性が高く、特にインターネット上では大きな問題であった。SSHは通信を暗号化した代替の通信プロトコルである。

ファイルコピー用のコマンドrcpを代用するscpや、FTPを代用するsftpも用意されている。

SSHの暗号通信はいわゆるハイブリッド暗号であり:

認証方式は公開鍵認証の他にも、パスワード認証ワンタイムパスワードなどが提供されており、各個人/企業の情報セキュリティポリシーに合わせて選択できる。

なりすましを防止するための仕組みも充実している。

現在はバージョン1と2の2種類のプロトコルが共存している。バージョン1は既知の脆弱性があり推奨されない。

商用、フリーソフトウェア含めて幾つかの実装があり、特許や互換性の問題などでやや混乱があったが、2006年にSSHおよびその関連技術がRFCとして制定された[1]。2008年の時点で最も普及しているのは、オープンソースOpenSSHである[2]Linuxなどでも標準利用されており、現在では単にSSHと言った場合、OpenSSHの実装系を指すことが多い。

ソフトウェア[編集]

SSHサーバ[編集]

  • OpenSSH (マルチプラットフォーム)
  • SSH Tectia Server (マルチプラットフォーム)
  • Reflection for Secure IT(マルチプラットフォーム)

SSHクライアント[編集]

セキュリティリスク[編集]

SSH接続時にサーバ鍵のフィンガープリントを確認しないと、意図しないリモートコンピュータに接続している事に気づかず、通信内容を盗聴される恐れがある。

SSHサーバによっては、設定次第でブルートフォースアタックシェルへのアクセスを許してしまう。IPAが発表している不正アクセスの届け出状況では、SSHポート経由でパスワードクラッキングが行われた例が繰り返し発表されている[3][4]。「パスワード管理の徹底」「セキュリティパッチの適用」「アクセスログの監視による攻撃の迅速な発見」のような対策に加えて、公開鍵認証を採用することをIPAは推奨している。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ RFC 4250RFC 4251RFC 4252RFC 4253RFC 4254RFC 4255RFC 4256 を参照。
  2. ^ Statistics from the current scan results”. 2009年3月8日閲覧。
  3. ^ コンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況(2005年11月分)について”. 情報処理推進機構. 2013年5月18日閲覧。
  4. ^ コンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況(2008年9月および第3四半期分)について”. 情報処理推進機構. 2013年5月18日閲覧。

関連項目[編集]