Open Network Computing Remote Procedure Call

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Open Network Computing Remote Procedure Call (ONC RPC) は遠隔手続き呼出し (RPC) システムの一種。ONC RPC はサン・マイクロシステムズNetwork File Systemの一部として開発したもので、Sun ONC あるいは Sun RPC とも呼ばれる(以下では単にONCと略記)。

ONCはUNIXC言語呼出規約に基づいている。XDRを使ってデータをシリアライズしたり、場合によってはアクセスすべきファイル上のデータのエンコード/デコードをしたりする。そして、ONCはXDRでまとめられた内容をUDPTCPを使って送信する。あるマシン上のRPCサービスへのアクセスにはポートマッパーを使う。ポートマッパーはよく知られたポートでクエリを待ち受ける。一般にUDPやTCPの111番が使われる。

ONCはほとんどのUnix系システムに実装されている。マイクロソフトWindows向けの実装をServices for UNIXで提供している。さらに、Windows向けのONC実装はいくつかのサードパーティーが提供しており、C言語、C++Java.NET向けの実装がある(外部リンク参照)。

ONC RPCはRFC 1831で記述されている。ONC RPCの認証機構はRFC 2695、RFC 2203、RFC 2623で記述されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]