XDR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

XDR (External Data Representation) とは、データ形式の一つ。

ネットワークを使って通信する時、お互いのコンピュータのOSが同じとは限らない。標準で扱っているデータ形式も違う。だが、世界中の標準が英語であるようにコンピュータのデータ形式にも全てのOSに共通なデータ形式もある。その形式の表現方式をXDRという。

  • 整数型以外にも、ネットワーク上での標準的なデータ表現方法を決めたもの。
    • SUN提案の正準データ表現
    • 言語ではない。データ型のみ定義
  • rpcgenというスタブ・コンパイラを使うと、整列化・非整列化というプログラムが自動的に生成される。
  • 共用ファイルのデータフォーマットとしてXDRのみを使うこともある。

関連項目[編集]