IEEE 802.1aq

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
TCP/IP群
アプリケーション層

BGP / DHCP / DNS / FTP / HTTP / IMAP / IRC / LDAP / MGCP / NNTP / NTP / POP / RIP / RPC / RTP / SIP / SMTP / SNMP / SSH / Telnet / TFTP / TLS/SSL / XMPP

カテゴリ
トランスポート層

TCP / UDP / DCCP / SCTP / RSVP

カテゴリ
ネットワーク層

IP (IPv4IPv6) / ICMP / ICMPv6 / NDP / IGMP / IPsec

カテゴリ
リンク層

ARP / OSPF / SPB / トンネリング (L2TP) / PPP / MAC (イーサネットIEEE 802.11DSLISDN

カテゴリ

IEEE802.1aq標準に準拠したショーテストパスブリジング(SPB)はネットワークの設計や設定の複雑さを激減させながら複数経路のルーティングが実現するための技術である。

SPBは旧いスパニングツリープロトコル(IEEE 802.1D STP, IEEE 802.1w RSTP, IEEE 802.1s MSTP)から進化したプロトコルである。旧スパニングツリープロトコルは複数経路のルーティングが出来ず、更に各リング状(ループ)毎に一つのポートをいわゆるブロキングモードにする(トラフィックに使用不可)。 SPBは複数経路(同値)を同時に有効に使用でき、4096*4096のブロードキャストドメインをも提供できる(VLAN技術は4096のみ)。収束時間も早くトラフィック分散もできる。アクセス側の冗長性を向上するには802.1AX等との組み合わせも可能である。

SPBはイーサネット基盤の上に仮想ネットワークを提供できる。実現方法としてはトポロジ及び論理設定の情報を持ったリンクステートデータベースを利用する。同一仮想ネットワークのパケットはMiM 802.1ahにてエンカプスレーションし、転送される。ユニキャスト、ブロードキャスト、マルチキャストもがサポートされる。

トポロジ及び論理設定の情報を持ったリンクステートデータベースのプロトコルはISISである。マイナーな拡張部分がRFC6329に定義されている。

しくは英文になります。

関連項目[編集]