Simple Network Time Protocol

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

Simple Network Time Protocol(シンプルネットワークタイムプロトコル、SNTPと略記)とは、NTPパケットを利用した、簡単な時計補正プロトコルである。

処理概要[編集]

SNTPのパケットは、RFC1305を抜粋し、RFC 1361, RFC 1769, RFC 2030 にて再定義される。このパケットを使用し、上位時計サーバとの通信にて、オフセットを演算する。なお、時計反映処理はNTPも同様で定義されていないためプログラマーに依存する。その理由は、時計校正にはそのまま反映してよいものと、徐々に時計を近づける方法があり、運用されるシステムによって選択する必要があるためである。

時計精度と上限[編集]

時計精度[編集]

SNTPおよびNTPも同じパケット使用しているため、処理上はNTPタイムスタンプ形式の精度が内部精度となる(例:NTPタイムスタンプ形式)。

オフセット データサイズ 項目
0 符号無し4バイト整数 Seconds
+4 符号無し4バイト整数 Seconds Fraction (0-padded)

上記より使用できる時計精度は200ピコ秒まで処理可能。

2036年問題[編集]

このパケットは協定世界時(UTC)の1970年1月1日0時からの経過秒数で送られている。データサイズは符号無し4バイト整数であるため最大経過秒数は4294967295秒までとなり、協定世界時の2036年2月6日午前6時28分16秒(日本時間では同日午後3時28分16秒)までとなる。そのため、オーバーフローが発生するより前に継続を行うための何らかの対処が必要となる。

RFC 4330には、最上位ビットが0の場合は時刻が2036年から2104年の間であるとみなして、2036年2月7日6時28分16秒(UTC)を起点として計算することで2036年問題を回避する方法が記述されている[1]

時計サーバとの伝送モードと同期について[編集]

伝送モード[編集]

SNTPおよびNTPを使用するには伝送モードの種類がある。NTPパケットには「Mode」と言われる3ビットのフィールドがある。多くのSNTPソフトは、サーバ・クライアントモードを使用して同期処理を行う。

mode値 内容
1,2 本来は時計サーバ同士の同期に使用。UNIX系OSのNTPサーバではpeer設定にて動作するモードである。
3,4

時計サーバと時計クライアントの組合せで同期に使用。 UNIX系OSのNTPサーバではServer設定にて動作するモードである。 SNTPに使用するNTPDATEコマンドで使用される。 多くのSNTPクライアントではこの仕様が採用されている。

5

放送モードでブロードキャストまたはマルチキャストによる同期方式である。 このモードは時計サーバより一方的にNTPパケット送信する。SNTPクライアント、NTPクライアントはこれを受信し、かつ推定遅延値を加算して時計を反映する。マルチキャストで使用可能なようにIPv4はRFC-1700、IPv6はRFC-2375にマルチキャストアドレスが割り当てられている。

  • IPv4 : 224.0.1.1
  • IPv6 : FF0X:0:0:0:0:0:0:101
6,7 NTPの状態の参照、設定等に使用する伝送モードである。ntpq、ntpdcコマンドで使用する。RFC-1305のオプション機能として記述されるが、SNTPはこの機能を実装する必要はない。

NTPは基本的にすべてのモードをサポートする必要があるが、SNTPは規定がないため、どれを利用してもよく、どれか1つサポートすれば基本的にSNTPといえる。

同期[編集]

SNTPは1回の通信で時計反映処理に移行できる。一般的なソフトはstratum値が正常であること、閏秒指示子(Leap Indicator値)が正常であれば時計を信用する。ただし、時計校正条件はRFCに記述はない。

関連RFC[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]