Poderosa

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Poderosa Terminal
開発元 株式会社ラガルト・テクノロジー
最新版 5.4.2 / 2017年7月6日(2年前) (2017-07-06
対応OS Microsoft Windows 7以降
macOS 10.8以降
種別 端末エミュレータ
ライセンス プロプライエタリ
公式サイト ja.poderosa-terminal.com
テンプレートを表示
Poderosa
作者 岡嶋大介
開発元 Poderosa Project
最新版 4.4.5[1] / 2019年7月28日(11か月前) (2019-07-28
リポジトリ github.com/poderosaproject/poderosa
プログラミング言語 C#
対応OS Microsoft Windows
使用エンジン .NET Framework
種別 端末エミュレータ
ライセンス Apache License 2.0
公式サイト poderosa.sourceforge.net
テンプレートを表示

Poderosa(ポデローザ)は、Apache Licenseオープンソースソフトウェア)で開発・公開しているタブ型リモートログオンクライアントで、Poderosa Terminalは同一の作者が開発している有償のソフトウェア。

Poderosaは、SSHtelnetCygwin・Service for Unix・シリアルの各通信プロトコルに対応し、.NET FrameworkインストールされたWindowsで使用できる。Poderosa TerminalはmacOSでも使用可能。

以前はVaraTermというシェアウェアであったが、後に現称のPoderosaとしてオープンプロジェクトとしての開発方針に変更された。そして、情報処理推進機構 (IPA) により、2005年度下期の未踏ソフトウェア創造事業に採択された[2]

2016年、描画エンジンのOpenGL化やWindows以外のプラットフォームでの稼働も視野に入れた形で商用製品としてリニューアルした。

特徴[編集]

  • 各接続セッションがタブで管理されている(画面分割表示も対応する)
  • SSH/SSH2の鍵暗号やバージョンの管理
  • 接続先毎に異なる設定を保存できる
  • SSH2ポートフォワーディング
    • SSH鍵作成ウィザードも利用できる
  • xtermVT102の略完全なエミュレーション
  • .NET Framework 対応言語によるマクロのサポート
  • 開発者の岡嶋大介が設立したラガルト・テクノロジー社による有償サポート[3]
  • 2016年以降、同社の商用製品になった。

系統[編集]

バージョン3.x以前と4.xでは大きく異なり、開発ブランチが分かれている。

バージョン3.x以前は.NET Framework 1.1環境で動作する[4]。今後におけるバージョンアップの予定は無い。

バージョン4.0~4.3は.NET Framework 2.0環境で動作する。これまで統合されていたコンポーネントが別パッケージになっており、SSHポートフォワーディングツールなどは別途ダウンロードする必要が有る。端末ソフトのプロセス一つで複数のシェルウィンドウを取り扱えるようになった。

注釈[編集]

  1. ^ Releases · poderosaproject/poderosa
  2. ^ 情報処理推進機構. “2005年度下期「未踏ソフト」採択概要:10-2岡島”. 2015年5月23日閲覧。
  3. ^ ラガルト・テクノロジー. “Poderosaの概要”. 2015年5月23日閲覧。
  4. ^ .NET 1.1sp1環境では動作が不安定であるので、.NET 1.1環境を用意する必要がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]