FireWall-1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

FireWall-1チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズによって開発されたファイアーウォール製品である。 FireWall-1は、アプリケーション層の検査によりトラフィックフィルターを行う。 この製品は、市販された中では、初めて通信の処理状態検査をするソフトウェア・ファイアウォールである。 2009年4月現在FireWall-1 は単体での販売はされておらず、チェック・ポイントの境界セキュリティ製品である VPN-1 Power および VPN-1 UTM に含まれて提供されている。

プラットフォーム[編集]

FireWall-1は以下のオペレーティングシステム (OS) 上で動作する。(バージョン:NGX R61~R65)

ソフトウェアバージョン[編集]

バージョン 発売年 対応OS 備考
1.0 1994年4月 SunOS 4.1.3, Solaris 2.3
2.0 1995年9月 SunOS, Solaris, HP-UX
2.1 1996年1月
3.0 1996年10月
3.0a
3.0b 1997年 Windows NT 3.5 and 4.0; Solaris 2.5, 2.5.1 and 2.6; HP-UX 10.x; AIX 4.1.5, 4.2.1
4.0 1998年 Windows NT 4.0, Solaris 2.5, 2.5.1, 2.6 and 7 (32-bit); HP-UX 10.x; AIX 4.2.1 and 4.3.0
4.1 2000年 Windows NT 4.0 and 2000; Solaris 2.6, 7 and 8 (32-bit); HP-UX 10.20 and 11; Red Hat Linux 6.2 and 7.0 (2.2 kernel); IPSO 3.4.1 and 3.5; AIX 4.2.1, 4.3.2 and 4.3.3 Check Point 2000 の名称で知られる。
NG 2001年6月 Windows NT 4.0 and 2000; Solaris 7 (32-bit) and 8 (32 or 64-bit); Red Hat Linux 6.2 and 7.0 (2.2 kernel) NG の正式名称は Next Generation
NG FP1 2001年11月 Windows NT 4.0 and 2000; Solaris 7 (32-bit) and 8 (32 or 64-bit); Red Hat Linux 6.2, 7.0 (2.2 kernel) and 7.2 (2.4 kernel), IPSO 3.4.2
NG FP2 2002年4月 Windows NT 4.0 and 2000; Solaris 7 (32-bit) and 8 (32 or 64-bit); Red Hat Linux 6.2, 7.0 (2.2 kernel) and 7.2 (2.4 kernel), IPSO 3.5 and 3.6, SecurePlatform NG FP2
NG FP3 2002年8月 Windows NT 4.0 and 2000; Solaris 8 (32 or 64-bit) and 9 (64-bit); Red Hat Linux 7.0 (2.2 kernel), 7.2 and 7.3 (2.4 kernel), IPSO 3.5, 3.5.1 and 3.6, SecurePlatform NG FP3
NG AI R54 2003年6月 Windows NT 4.0 and 2000; Solaris 8 (32 or 64-bit) and 9 (64-bit); Red Hat Linux 7.0 (2.2 kernel), 7.2 and 7.3 (2.4 kernel), IPSO 3.7, SecurePlatform NG AI, AIX 5.2

NG AI の正式名称は NG with Application Intelligence

NG AI R55 2003年11月 Windows NT 4.0, 2000 and 2003; Solaris 8 (32 or 64-bit) and 9 (64-bit); Red Hat Linux 7.0 (2.2 kernel), 7.2 and 7.3 (2.4 kernel), IPSO 3.7 and 3.7.1, SecurePlatform NG AI Version branches: NG AI R55P (for IPSO 3.8), NG AI R55W (Web Intelligenceが含まれている)
NG AI R57 2005年4月 SecurePlatform NG AI R57 Check Point Express CI (Content Inspection)や VPN-1 UTM (Unified Threat Management) の為のバージョン
NGX R60 2005年8月 Windows 2000 and 2003; Solaris 8 and 9 (64-bit); RHEL 3.0 (2.4 kernel), IPSO 3.9 and 4.0, SecurePlatform NGX 派生バージョン:NGX R60A
NGX R61 2006年3月 Windows 2000 and 2003; Solaris 8, 9 and 10; RHEL 3.0 (2.4 kernel), IPSO 3.9, 4.0 and 4.0.1, SecurePlatform NGX
NGX R62 2006年11月 Windows 2000 and 2003; Solaris 8, 9 and 10; RHEL 3.0 (2.4 kernel), IPSO 3.9 and 4.1, SecurePlatform NGX
NGX R65 2007年3月 Windows 2000 and 2003; Solaris 8, 9 and 10; RHEL 3.0 (2.4 kernel), IPSO 4.1 and 4.2, SecurePlatform, SecurePlatform 2.6 派生バージョン: NGX R65 with Messaging Security (2007年12月)
R70 2009年3月 Windows 2003 and 2008; IPSO 6.0.7; SecurePlatform; XOS

外部リンク[編集]